便秘に子供がなったときしてあげるべき便秘解消法

子供ならではの便秘を理解して早めの対策をしましょう


自分の便秘ならまだしも、他人の症状を察することはなかなかできません。

ましてや子供の場合は、症状をうまく大人に伝えられないので、対応が遅れてしまいがちです。

そのため、子供の便秘ならではの特徴を理解して、早めの対策をとるように心がけましょう。

便秘はそこまで重い病気というわけでもないので、つい後回しにしてしまいがちでしょう。

ですが、便秘も重度の場合は大変な症状につながる場合もあります。

たかが便の不調と軽視せずに、子供の状態に注視してください。

便秘は大人と子供で少し特徴が異なります

便秘は、珍しい症状でもありません。

それこそ大人であれば、なったことがない人の方が珍しいほどでしょう。

また便が出にくくなるという単純な症状であるため、重大に捉えることは難しいです。

ですが子供の場合、大人の便秘とはまた特徴が異なります。

自分が把握している便秘症状の常識に捉われることなく、子供ならではの症状の特徴を意識して対応してください。

子供の便秘は親が気にしてあげよう

便秘になったら、食事や運動、また薬などを使って対処することができます。

ですが子供の場合は、自分で行動を起こすことが容易でありません。

親をはじめとした周囲の大人が、しっかり気遣ってやることが大切です。

子供の便秘ならではの特徴を押さえて、重症化しないようサポートしてあげましょう。

子供に起こる便秘の特徴について

まず症状そのものについてですが、もちろん大人も子供も基本は一緒です。

便が硬くなったり腸機能が低下したりすることで、排便が難しくなる症状です。

問題は、その状態をいかに見抜くかでしょう。

子供のどういった様子が便秘であるかを理解して、適切に判断しましょう。

たとえば、トイレのとき強くいきんでいるにもかかわらず、排便がうまくいかないときです。

いきむ様子を観察して、状態を確かめましょう。

ただ、トイレの様子を確認できるのは小さい子供のみです。

普段の様子でチェックするなら、お腹の張りやおならの回数、食欲の有無などを確認するとよいでしょう。

お腹が普段以上に出ている、おならが極端に多いにもかかわらずトイレにいかない、食欲がないというケースには便秘を疑うべきです。

またその他、便に血がついていたという訴えがあった場合も、便秘の可能性があります。

便があまりに硬く、腸や肛門を傷つけているのかもしれません。

子供の便秘が重症化したら

たかが便秘と、侮ってはいけません。

たしかに大人であれば、多少の便秘程度はそこまで問題にならないでしょう。

お腹の苦しさや気分の不調はツライですが、ある程度我慢できるレベルです。

ですが、子供となればそうもいきません。

なぜなら、まだ体が完成しきっておらず、多少の便秘程度でも大きな影響を与えてしまうかもしれないためです。

体内がまだしっかりしていないため、血便の原因である裂肛が起こるかもしれません。

また慢性化しやすいので、治りが遅くなる可能性も考えられます。

さらに重い症状であれば、めまいや嘔吐まで起こす可能性がでてきます。

大人がちょっと気分が悪い程度の感覚でも、子供にとっては結構な負担となるのです。

小学生などになると、学校でトイレにいきづらいということも便秘の原因となってきます。

体だけでなく、心も大人よりはるかに繊細であるためです。

子供の便秘には、細心の注意を払ってやる必要があります。

子供の便秘に適した対策

実際に子供の便秘が確認できたら、どのようにすればよいのでしょうか。

まず前提として、幼い子供の便秘が重症化している場合は、早めに病院へ連れて行ってください。

前述の通り、たかが便秘とはいえ子供の体には負担が大きいためです。

ですが、ある程度成長した子供や、症状が軽い場合は以下のような対策も効果的でしょう。

たとえば、体への負担が少ない便秘薬です。

子供向けの浣腸、もしくは酸化マグネシウムが効果的です。

次に、食物繊維や乳酸菌といった、便通を後押しするような栄養を意識した食事も効果的でしょう。

食欲がある場合に限りますが、食事をしっかり摂れるようなら、栄養面からサポートしてみてください。

またさらに手軽な方法としては、水分補給への意識も有効です。

子供の体は、約70%もの割合が水分でできています。

そのため、お水を普段以上にしっかり摂るだけでも、大きな効果に期待できるのです。

便秘は腸内の水分不足が大きな原因であるため、便を柔らかくする、腸の機能を活性化する上で効果的となるでしょう。

こまめに水分を与えて、負担の少ない便秘解消を促してください。

子供の体に合った便秘解消法


子供の体に起こる便秘は、大人のそれとまた異なります。

便秘の有無を大人が確認してやり、また子供の体に適した方法で対処しましょう。

子供の体は、大人より繊細です。

たかが便秘とはいえ、重大な症状に発展する可能性もあります。

注意して、察してあげてください。

おすすめは、水分摂取による対策です。

子供の体は大部分が水分であるため、これだけでも大きな効果が期待できます。

お水を十分に摂らせて、自然に便秘を解消してあげましょう。

子供の便秘は大人が察してあげましょう

子供は体の状態を親にうまく伝えることができません。

大人が、状態の変化を的確に察知してあげてください。

早めに対処して、重症化を防いであげましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る