便秘になるとニキビが発生するの?

便秘はニキビを誘発します


ニキビは毛穴のアクネ菌によって発生しますが、便秘によっても発生します。

便秘になると、腸内にガスが溜まり、そのガスは血液によって体全体に運ばれます。

血液により皮膚に到達すると、正常な肌のターンオーバーを阻害することにより、ニキビを発生しやすくしてしまうのです。

ターンオーバーの崩れた皮膚は、本来新しい皮膚に生まれ変わるところを、古い皮膚が残ってしまい、毛穴を詰まらせる原因ともなります。

それは毛穴にアクネ菌を増やすことともなり、結果としてニキビを作りやすくするのです。

便秘は肌にストレスを与えてニキビを発生させます

便秘はストレスともなり、ホルモンバランスを崩します。

このバランスが崩れることによって、皮脂が増えるなど、肌には大きなストレスを与え、不潔な環境を作り出します。

また便秘の方は、不規則な生活や偏った食事などもすることが多いので、これらもニキビにしやすくするのです。

便秘を改善しよう

便秘によってニキビが発生しているとなると、その原因は便秘であり、腸内環境が悪くなっている可能性が高いです。

そのために、ニキビ対策をしても肌トラブルを繰り返すばかりなので、まずは便秘を改善しましょう。

運動をします

便秘の方は、腸の機能が弱っていることが多いので、運動をして改善するとよいです。

簡単なストレッチなどでもよく、体を動かすことは腸を刺激して排便しやすくするばかりでなく、背筋や腹筋も鍛えて腸を押す力を強め、これも排便しやすくします。

スクワットや腹筋運動など、お腹の筋肉を鍛える運動を中心に行うとよいです。

うつぶせになったまま足を上げる、仰向けになって足を上げるなど、お腹に力を入れて行うような運動も、腹筋や背筋を鍛えてくれます。

スクワットなどがツライと感じるなら、最初は横になって出来る運動から始めましょう。

また腸は体の中で曲がっているので、便やガスが溜まりやすいです。

蠕動運動を促すためにも、お腹をマッサージする、体をねじるような運動をするとよいでしょう。

運動して気分を向上させることは、副交感神経を刺激し、腸の働きを良くするのに役立つでしょう。

食物繊維は逆効果です

便秘になっている人が、食物繊維を沢山摂取するのは、余計に状態を悪化させます。

たしかに食物繊維は便秘に効果的であり、腸に届き水分を吸収し、便の量を増やして、排便しやすくしてくれます。

しかし便秘で腸が詰まっている人が、食物繊維を取ると、余計に腸を詰まらせてしまうのです。

食物繊維は、便秘が改善してから摂取するようにしましょう。

便秘の間は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を取り入れます。

乳製品やサプリメントなどを使って取り込み、腸内環境を改善することから始めます。

オリゴ糖は善玉菌のエサになるので、飲み物などに砂糖の代わりに使うとよいでしょう。

また、腸内に長く留まった便は、水分がなくなっていき硬くなり、出にくくなっています。

水分補給を沢山行うと良く、腸や便に水分を与えるようにしましょう。

水分不足にならないように、こまめに沢山水分補給するとよいです。

食生活を見直します

食事をすると、8時間後に腸は蠕動運動を開始しして、便を出そうと活発に動きます。

しかし8時間以内に食事すると、腸は蠕動運動を止めて、消化を優先しようとするのです。

そこで、1日1回はしっかりと蠕動運動をさせるために、8時間以上食事をしない時間を作ります。

これは睡眠時間を利用し、睡眠前には水分以外は摂取せず、8時間十分に眠りましょう。

また夜の間食事しないことは、朝起きて朝食を食べると、刺激となり排便しやすくします。

朝起きたときはすぐお水を飲んで腸を刺激し、忙しくてもバナナなどでよいので、何か食べるようにしましょう。

朝昼晩と食事をするときは、よく噛んで食べるようにしましょう。

あまり噛まずに食べることは、未消化の状態を作りやすくして、胃腸に負担をかけてしまい、便秘にもしやすくします。

良く噛むことは、食べ物に唾液を十分に混ぜて、消化しやすくします。

便秘によい生活をします


便意でニキビが出るならば、まずは便秘を改善します。

便秘になると腸の動きが弱まり、食べ物の栄養を十分に吸収できなく、便秘になりやすくなり、ニキビを作りやすくします。

まずは運動をしっかりと行い、腸の機能を改善しましょう。

食事にも気をつけて、乳酸菌などを沢山摂取し、食べ物はよく噛んで食べるようにします。

また、便が硬くなっているので、十分に水分補給して、腸や便に水分を与えましょう。

便秘なら下剤を使う方法もありますが、一時的な対処療法なので、根本から改善した方がよいでしょう。

生活を見なおしましょう

便秘を改善すれば、ニキビも出にくくなり、肌トラブルを避けられます。

それには生活を改善する必要があり、生活リズムを見なおす、食生活を見なおす、運動する、水分補給を十分に行うなどしていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る