便秘でお腹が痛い原因はなに?

便秘でお腹が痛い原因にはガスが溜まっている事があります


便秘になると、腸内に便が溜まるので、不快な感覚を覚える、お腹が苦しくなるなどがあります。

便が溜まると痛みを発生させることもありますが、お腹が痛いならば、ガスが溜まっている可能性が高いです。

腸内に溜まったガスは、腸をふくらますばかりでなく、腸の動きも悪くするので、便秘になりやすくします。

その結果として、腸内にあるガスや便により、お腹の痛みを発生させます。

便秘になりお腹の痛みを発生させるガスは、生活習慣によって引き起こされます

お腹が痛み腸にガスが溜まるのは、体質よりも生活習慣が関係します。

これは寝不足など生活リズムが乱れる、ストレスが多いなど、腸の動きを低下させる生活習慣の他に、食事の仕方があります。

食事の時に食べるスピードの速い方は、食べ物と一緒に、空気を沢山飲み込んでいる可能性があるのです。

その結果として、お腹が張り痛みを発生させます。

生活習慣と腸内環境を改善します

お腹にガスが溜まる原因としては、食事の仕方などの生活習慣、さらには腸内にいる菌が発生させるガスの2つあります。

このために、生活習慣と腸内環境を改善しましょう。

姿勢を改善しよう

人間の腸は曲がりくねっており、まっすぐではないので、便のみならずガスも腸内を移動しにくいです。

そのために、普段から姿勢の悪い人、デスクワークなど座っている姿勢が長い人ほど、ガスは溜まりやすいです。

ベルトやスカートなど、お腹を圧迫するような服装も、ガスを溜まりやすくします。

背筋を伸ばして体をまっすぐ保つようにすべきです。

しかし前屈みになるなど、体をまっすぐするのは苦しくツライと感じる方は、インナーマッスルが弱っています。

背筋を伸ばして、背筋や腹筋を鍛えるとよいでしょう。

インナーマッスルが弱いと、お腹を押す力も弱いので、排便しにくくなります。

また普段からおならを我慢する人も、やはりガスを出さないので、腸内ガスが溜まります。

仕事中などであれば、席を外して人気のないところにいくなどして、おならは我慢しないようにしましょう。

おならが出そうだという時は腸が活発に動いている証拠なので、我慢せず思いっきりガスを出すようにします。

ガスが溜まりやすい食べ物

お腹にガスが溜まるのは、食事で口から空気を沢山取り込むことがあります。

とくに急いで食べる、大食いをするなどはガスを溜めるので、これらのような食べ方は止めた方がよいでしょう。

また、炭酸飲料は飲み物にガスが含まれるので、多く摂取すると、お腹にもガスを沢山運びます。

おならは、実に口から入った空気が70%を占めており、口から空気を取り入れるほど、お腹にガスを溜めてしまいます。

食物繊維の多い食べ物は便秘によいですが、いも類や豆類は、食物繊維豊富ながらも、デンプンも多いです。

デンプンは消化に時間がかかり、デンプンによって炭酸ガスやメタンガスを生成しやすくします。

これらのデンプンの多い食べ物を食べすぎるのは、注意した方がよいでしょう。

いくら食物繊維を摂りたいからと言って、偏った食生活は良くありません。

いも類や豆類以外も食べるようにして、栄養バランスを考えた食事をしましょう。

便秘はガスを発生させます

便秘になっている方は、腸内環境のバランスが悪く、悪玉菌が多いことが多いです。

このような悪玉菌は、ガスを沢山発生させるので、お腹が張って痛みやすくなります。

腸内に発生したガスは、腸の動きを悪くするので、さらに便秘になりやすく、悪循環に陥ります。

ガスが多く溜まる方は、やはり便秘を改善するべきでしょう。

下剤を使って便秘を解消するのもよいですが、下剤は使うと耐性が付いて、慣れてきてしまいます。

また腸の機能を衰えさせて感覚も衰えさせ、排便してもすっきりしない、残便感があるなどの症状を引き起こします。

どうしてもツライときだけ下剤は使うようにして、腸内環境の改善など、根本の改善から始めるべきです。

それには、食生活を見なおす、ストレスや運動など生活を見なおすなどしましょう。

ガスが溜まる方は、お腹をマッサージする、お腹を動かし、刺激するような運動をするなども効果があります。

食生活を見直します


お腹が張りガスが溜まるときは、まずは食生活を見直します。

脂っこい食べ物や甘い食べ物、さらにお酒は避けるようにして、消化のよいものを食べるようにしましょう。

運動を行う、睡眠を十分に取る、ストレスを溜めないなどもよいですが、まずは食事を見直します。

また腸内環境を整えるために、便秘に効くお茶や乳酸菌飲料など、飲み物も飲んでいくとよいでしょう。

善玉菌を増やすようにして、乳酸菌やビフィズス菌などを摂取すると良く、ヨーグルトやサプリメントなどを使うとよいです。

胃腸に優しい食生活をしましょう

お腹にガスが溜まるときは、胃腸に優しい食生活をします。

消化のよい物を食べるようにして、暴飲暴食は避けて胃腸をいたわり、お茶などの飲み物を飲んでいくようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る