便秘薬の酸化マグネシウムとは?

酸化マグネシウムは便秘薬として古くから使われています


酸化マグネシウムは、古くから便秘薬として使われてきました。

古い故にジェネリック薬もなく、他の名称で言われることもありますが、すべて酸化マグネシウムの事を指します。

ただ、最近は他の便秘薬の方が有名になり、使われることは少なくなってきています。

便秘薬は習慣性がつきやすく、腸を痛めることも多いです。

しかし酸化マグネシウムは、副作用も少なく、安全性も高いので、便秘薬として処方する病院もあります。

便秘薬の酸化マグネシウムは、便を柔らかくします

酸化マグネシウムは、便秘薬に使われる成分の1つです。

便秘薬として便を出しやすくする効果はいくつかありますが、酸化マグネシウムは、便を柔らかくして便秘を改善します。

飲み薬などになっていることが多く、市販の酸化マグネシウムを成分とする便秘薬もあります。

ただ下剤とは違い即効性はなく、毎日使っても問題ありません。

副作用が少なく安全性の高い便秘薬です

酸化マグネシウムを成分とする便秘薬は、安全性が高いと言われます。

習慣性がなく副作用も少なく、毎日飲んでも耐性が出来にくく、便秘改善に補助的に使うような便秘薬です。

水分を吸収する効果があります

便秘薬の成分の1つである酸化マグネシウムは、マグネシウムを酸化させて生成されます。

白い粉末状になっており、便秘薬以外にも、胃腸薬としても使われる成分です。

便秘になる原因の1つとして、大腸内に水分が不足しており、便が硬くなって出にくくなっていることがあります。

腸内にある便は水分を吸収することによりふくらみ、腸を刺激して排便を促します。
しかし、腸内に水分が少ないと便も水分不足となってしまい、便は硬く小さくなっていき、出にくくなってしまうのです。

酸化マグネシウムは水分を吸収する働きがあり、吸収した水分はそのまま便に作用し、便を柔らかくする、便の量を増やすなどします。

また便がやわらかくなれば、腸を刺激するので、蠕動運動を促し、排便しやすくします。

このように作用し、腸をあまり刺激することなく、便秘を改善してくれるのです。

自然な形で排便を促すような便秘薬であり、下剤などと違い、即効性はなく、普段の便秘改善の補助として使うことになるでしょう。

水分によって便秘の状態を改善するので、水分も一緒に摂取するとよいでしょう。

副作用の少ない成分です

酸化マグネシウムは、ほとんど副作用がないと言われており、安全に使用できます。

腸を直接刺激する成分ではないので、毎日使用しても、腸を荒らすようなこともありません。

刺激性の強い便秘薬と違い、使用し続けて便意がなくなってしまうようなこともないでしょう。

毎日使っても、本来の腸の排便する機能を阻害しません。

または、便秘がとくに酷いときだけ使うような事も出来ます。

副作用の少ない成分であり、安全に便秘薬を使いたいと思っている人におすすめです。

ただ成分が合わないような人は、下痢や腹痛が起こることがあります。

通常の便秘薬に書かれている通りに使用すると、目立った副作用は発生しないでしょう。

ただ使用すると、マグネシウムの濃度が高まり、めまいや筋力低下、不整脈を起こすことがあります。

これはとくに、肝臓の機能が低下すると起こりやすいので、肝臓機能の弱る高齢者は、使用に注意した方がよいでしょう。

補助的に使う便秘薬です

酸化マグネシウムの便秘薬は、メーカーによって薬の名称が違っていますが、どれも成分は同じです。

名称は違っても、使われている成分は酸化マグネシウムです。

便秘薬はあくまで一時的に症状を緩和する薬であり、常用は避けた方がよいでしょう。

酸化マグネシウムは副作用が少ないですが、常用しても根本的な解決にはならず、毎日使うのは避ける方がよいです。

下剤など即効性のある便秘薬だと、なおさら常用は良くないです。

根本を解決しないと、いくら便秘薬で一時的に症状を解決しても、また便秘になってしまいます。

そのためには、生活を改善するなど、日常の中で便秘を改善していくべきです。

どうしても便秘が続くようであれば、時には便秘薬を使ってもよいでしょう。

便秘薬にはいくつもの種類があり、それぞれ成分も違うので、病院などで相談して、使っていくようにしましょう。

生活を見なおそう


便秘を改善するには、生活を見なおす事であり、その中で補助的に便秘薬を使っていきます。

まずは、便秘によい生活をするように心がけましょう。

朝起きたら朝食を食べて胃腸を刺激し、排便を促すのです。

便意がなくても、毎日決まった時間にトイレに行って習慣をつけるとよいでしょう。

また脂っこい食べ物などは便秘にしやすいので、栄養バランスを考えて食事をすることが大事です。

その他にも、運動をして腸を刺激する、食物繊維などを摂取する、水分をたくさん摂取するなどしましょう。

水分と一緒に使いましょう

便秘を改善するならば、生活を見直していくのがよいです。

しかし酸化マグネシウムの便秘薬を使うのであれば、水分によって便秘の状態を改善するので、十分な水分と一緒に使いましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る