イライラすると便秘になりやすい?

イライラと便秘は関係しています


人は食べ物を口にすると、胃に入り消化され、小腸で栄養を吸収し、その残りが大腸に行きます。

大腸ではやがて便となり、これは腸の蠕動運動という運動により、便が移動し、最後に肛門から排泄される仕組みです。
しかしこのときに、蠕動運動が行われず、スムーズに便が移動しないと排便しにくくなり、便秘となります。

腸の蠕動運動に関係あるのが自律神経であり、自律神経の動きが悪いと便秘になりやすく、それはイライラも悪くする要因となっています。

イライラは自律神経の働きを悪くするため、便秘になりやすいです

消化や蠕動運動の働きを調節しているのが自律神経です。

自分の意思と関係なく動く神経であり、シンゾウの鼓動・体温・血圧なども、自律神経によって調節されます。

中でも交感神経と副交感神経があり、蠕動運動はイライラして、交感神経の働きが強いと、動きが鈍り便秘になりやすいです。
つまり副交感神経を優位にして、イライラを解消しないとなりません。

イライラの原因を取り除きましょう

イライラして、ストレスを溜めて、副交感神経の働きを悪くしているなら、リラックスします。
イライラとなる原因を取り除き、それにより便秘は改善にむかいます。

便秘そのものがストレスになる

ストレスになるようなことでもイライラしますが、便秘そのものもイライラの原因です。

まずは何日も便秘で便が出ないということは、それが悩みともなり、早く出さないといけないという焦りともなり、イライラするでしょう。
便秘は、肌荒れなども起こすので、余計にイライラします。

また便秘は腹痛も起こすので、日常生活をするにも、支障となることもあり、これもイライラに繋がります。
食欲がなくなる、便秘によりガスが発生し、血液により体内に巡っていくなど、体にとってもよくありません。

まずは便秘に対して、すこし余裕を持った考え方をするようにしましょう。
毎日便は出なくても、2日に1回など数日おきに排便しても、お腹がすっきりすれば便秘とはなりません。
少しでも便が出ればよいという気持ちを持ちましょう。

リラックスが大切

イライラを解消するには、リラックスするのが効果的です。
交感神経を高ぶらせると便秘を招くので、緊張状態を改善し、リラックスできる時間を持ちます。

お茶は精神を押さえて興奮状態を沈める効果があり、ハーブティーなどはよいです。
精神の高まりを抑える以外に、安眠効果もあり、睡眠前に飲むとよいでしょう。
お茶を飲むゆっくりと過ごすような時間を設けると、リラックスできます。

香りも、精神を押さえる働きがあるので、ハーブティー以外にも、アロマも効果的です。
アロマには、種類によっては安眠効果もあり、お茶と一緒に使うと効果が高まります。

運動することは、便秘解消に役立ち、ストレス発散の効果もあります。
とくに背筋や腹筋を鍛えるのがよく、トイレで踏ん張るときには、これらの筋肉を使うので、鍛えると排便しやすくなります。

ストレス解消にもよく、排便にも役立つので、身近な運動でもよいので、体を動かして運動するようにしましょう。
蠕動運動を促すことにも繋がるので、毎日続けて運動していくようにします。
どんな運動でもよいので、始められることから開始するとよいです。

食べ物や飲み物に気をつける

食べ物や飲み物でも便秘を招くことになるので、気をつけます。
冷たい飲み物は、胃腸を冷やして働きを悪くして便秘にしやすく、温かい飲み物を飲んだ方がよいです。
とくに冷え性の方であれば、夏でも温かい飲み物を飲む方がよいでしょう。

食事をするときは、早食いや大食いは良くなく、これらは消化を悪くし消化に負担をかけて、未消化の食べ物を腸に送ってしまいます。
出来るだけ噛んでゆっくりと食べるようにして、また必要以上に食べないようにしましょう。

食物繊維の多い食べ物は便秘解消によいと言いますが、その他に発酵食品もよいです。
発酵食品は、腸内で善玉菌を増やす効果があり、腸内環境を整えてくれます。
便秘の方は腸内環境が悪いことが多いので、発酵食品の他に乳酸菌などを含む、乳製品なども食べるとよいでしょう。

漢方を使ってみましょう


イライラして便秘になるなら、ストレスの原因をなくす、リラックスするなど有効です。

便秘になっているならば、便秘を改善するのも、イライラを減らします。
便秘解消というと便秘薬がありますが、即効性のあるタイプは、毎日使うと腸によくありません。

そこで漢方薬を使ってみましょう。
副作用も少なく即効性はないですが、体質を改善していき便秘になりにくい体を作ります。
便秘薬としては、酸化マグネシウムを成分とするものも、副作用が少なく、毎日使えます。

便秘を改善のために取り組みましょう

便秘改善をすると、イライラも少なくなります。

改善には運動や食事などあり、毎日の生活の中で考えていくとよいでしょう。
また漢方薬や便秘薬を使うことも改善に繋がります。
副作用が少ないものを、お水をたっぷり飲んで一緒に使いましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る