便秘と判断するための期間は決まっているの?

便秘には目安となる期間が存在します


便秘かどうかという考え方は、かなりあいまいかもしれません。

なぜならどれくらいであまり出ていないと感じるのか、どの程度の期間で苦しさを覚えるかなどは、人それぞれであるためです。
そうなってくると、薬を飲むなどの対策が、適切なタイミングでおこなえないかもしれません。

ですが目安となる期間が事実存在しています。
そのためまずは目安の期間を念頭に置いた上で、考えてみるとよいでしょう。

公的な機関において定められています

便秘の定義は、内科に関する公的な学会において定められているそうです。

主には3日以上排便がない状態、また排便が毎日あったとしても残便感が残るようであれば、便秘とみなすようです。
ですが医師それぞれにて判断基準は違うため、訪れた病院によって診断は違ってくるでしょう。
ただ大多数は3日以上の期間であり、なおかつ一週間以内と考えているようです。

出ない期間を振り返って適切な便秘対策をしましょう

便秘の定義さえ分かれば、対策はおこないやすくなります。

便が出ているかどうかというのは、専門医でなく素人でも簡単に確かめられるわけですから、症状と向き合いやすいのです。
前述で紹介した通り、3日以上1週間以内という期間を目安に、便秘を判断するとよいでしょう。
そして速やかに症状を解消するための対策に臨むべきです。

健康な排便とは

冒頭では、どれくらいの期間便が出ないと便秘と呼べるのかを紹介しました。
では反対に、健康な排便ペースとは、どういった具合なのでしょうか。

医療機関の情報を見ると、主に週3回以上であり、また柔らかいバナナ状の便が出ている状態こそ健康の証拠と紹介されています。
つまり期間としては、2日に1回以上といった考え方が理想的なようです。

便の状態についても、しっかりチェックしておきましょう。
期間が適切であっても、硬さや量によっては腸内に便が残っており、不健康である可能性も考えられるためです。

便秘を引き起こす原因とは

体にとって、理想的なのは快便が続く状態に違いありません。
にもかかわらずなぜ便秘は起こってしまうのでしょうか。
これには、主に2つの理由が考えられます。

大腸の働き自体が弱まっている

便は、腸の中で作られます。

そして中でも大腸は、食べ物からある程度栄養や水分が抜き取られた状態の便を作る場所であるため、便秘に密接に関係しています。
そのためこの大腸の働きが弱まっていると、便秘を引き起こしやすいです。

便を運ぶ力が不十分である、また過剰に働き過ぎてけいれんを起こしているといった状況になると、便が停滞しやすくなります。

飲食のバランスが乱れている

便秘は、食事内容のバランスが原因となっても起こります。
暴飲暴食や刺激物の摂り過ぎ、また水分不足などが主な要因です。

腸をはじめとした内臓器官は、たしかに自動的に機能してくれます。
ですが適切な条件が揃わなければ、正しい働きが維持できなくなるのです。
ムリのない、健康的な飲食を心がけましょう。

例外的な便秘のケース

上記は、一般的な便秘のケースです。
ですが便秘には他に例外的な原因が影響して起こる種類も存在します。

それは、器質的便秘です。
これは、腸内に便の通過をさえぎるものがある場合起こる便秘です。
例としては、がんやポリープ、その他炎症などがあります。

これらが原因の便秘であれば、たかが日常的に起こる症状と軽視するわけにはいきません。
一般的な便秘の期間である3日から一週間よりもさらに長く続いている、痛みを伴うといった場合は、速やかに病院で検査を受けるべきでしょう。

一般的な便秘はちょっとした心がけで改善できる

器質的便秘でないようなら、そこまで焦る必要はありません。
それこそ、ちょっとした心がけ程度でも症状の改善が目指せます。

まず効果的なのは、便秘の原因を見直すということです。
食生活の乱れも腸機能の低下も、やはり生活習慣の不規則さが影響しています。
規則正しい生活やバランスのとれた食事を、心がけてください。

また水分を進んで摂る意識もおすすめです。
便に不足している水分をしっかり補うことで、硬くなった便を移動しやすくできるでしょう。
また便のかさを増すことで腸内を刺激して、腸機能を向上させることにも繋げられます。

便秘の期間を見直して解消法を考えましょう


便秘の期間は、完全に定義されているわけでもありません。

ですがある程度の目安として、3日から一週間出ない期間が続くと便秘であると考えられています。
そのため個人で判断する場合も、この目安を意識するとよいでしょう。

ただ便秘だからといって軽視するわけにもいきません。
場合によっては、重病を伴う器質的便秘であることも考えられます。
基本は水分補給などの簡単な対策でも問題ありませんが、異常を感じたら早めに検査を受けるべきでしょう。

期間を見直して便秘の程度を知ってください

便秘の定義となる期間が分かれば、自分の症状の程度が予想できます。
それに合わせて、深刻さや対策を判断してください。
上記の情報を覚えておけば、きっと役立てられることでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る