便秘はなぜ起こるのですか?

なぜ便秘は起こるか、それは腸の働きにあります


食べ物は体の中では腸で便となるので、排便しないと溜まる一方です。
一定以上溜まると、お腹が苦しいと感じ、便秘という状態で、何とか便を出そうとします。

小腸で栄養吸収された食べ物は、そのかすが大腸に移動し、肛門付近に運ばれ排便します。便は、大腸の蠕動運動という動きで、便を移動させ肛門付近に運ぶのです。

腸の収縮運動であり、蠕動運動が弱いと便が移動しにくくなり、排便しにくくなり、便秘になります。

また大腸では、便は水分を失い硬くなるのでこれも便秘の原因です。

生活習慣も、なぜ便秘は起こるかに関係します

便秘は蠕動運動が弱く便が移動しにくいこと、そして便がどんどん硬くなることにあります。

ただその原因となるのは、普段の生活が関わっているのです。

お腹の筋肉が弱く便を押し出す力が弱い、ストレスで蠕動運動が正常にならず便が移動しにくい、肛門付近に便が移動しても排便を我慢し詰まらせてしまう、などあります。

便秘はお腹が苦しくなるばかりでなく、体にも良くありません。

大腸に便が溜まるため、便秘は体に良くないです

便とは、食べ物が胃で消化され、小腸で栄養吸収された残りかすです。
残りかすとなっても、それはまだ生ものであり、時間とともにどんどん腐っていきます。

腐った物が体内にある状態であり、便秘は体に悪影響を及ぼします。

便がスムーズに出ず苦しいと便秘です

便秘とは、何日以上でない状態を指すと、明確に定義はありません。

ただ便が長い時間でない、毎日出てもお腹がすっきりしないような人は、便秘といえるでしょう。

食事をして食べ物を口に入れると、24時間から72時間、その食べ物の種類により、便となって排便されます。
食べた物はすぐに便となり排便されるわけではないですが、長くても3日間で便は出ていきます。

このために、便が出ない期間が3日間あれば便秘と言えるでしょう。

2日ごとに便が出るような人でも、毎回排便したらお腹がすっきりする方は、便秘ではないです。

毎日便が出るような方でも、排便しても便の量が少ない、便が硬く出にくいなど、お腹がすっきりしない方は、便秘と言えます。

要するに、便秘かどうかの境目は、排便してすっきりした状態になるかどうかなのです。

便秘にはさまざまな体の症状を誘発します

便秘になると、大腸内に便が長い時間留まっています。

便は生ものであり時間とともに腐っていき、腸内細菌に悪影響を与え、細菌のエサとなり、悪玉菌を増やします。
悪玉菌は、アンモニアや硫化水素などの有害物質を発生させ、便秘の方のおならや便は、悪臭が強いのです。

これらの有害物質は、腸壁を通じて、どんどん血液に吸収され、体内を巡ります。

血液から皮膚を通じて外に出ようとするので、肌荒れの原因になり、血行が悪くなるので、肩こりや腰痛の原因ともなり、良くありません。

腸には神経が集中しているので、お腹が張るとだるさも感じ、疲れやすくなります。
腸が圧迫されることにより、胃も圧迫されて、食欲が下がることもあります。

慢性的に便秘になっている方は、常に大腸にストレスを与えている状態であり、大腸癌の原因とも言われるのです。
便秘はお腹が苦しいばかりでなく、癌の原因にもなり、軽視できません。

便秘や下痢は腸の機能を低下させます

便秘になると、体に悪影響を与えるばかりか、腸にも影響を与えて、動きを低下させます。

腸の状態は外からは見えませんが、便秘が続く、下痢になる、おならが臭いとなれば、腸が疲れているサインです。

腸の働きが低下し、便が出にくくなると、おならが臭くなります。
また、腸で水分調節機能が低下すると、便に水分が多くなり、下痢となってしまいます。

便秘や下痢は、生活環境に左右されているのです。

運動不足の方であれば、腹筋などが弱くなり、いきんで便を押し出す力が弱くなり、排泄しにくくなります。

甘い物やアルコールの取りすぎは、下痢になりやすいです。

水分をあまり取らない方は、便の水分を減らし硬くして、排便しにくくします。

便秘は腸の機能もどんどん低下させるので、余計に便秘を長引かせ、悪循環になることもあります。

便秘は食生活と関係します


便秘は食べ物が便となり出るので、食事と関係し、生活習慣とも関係します。
とくにダイエットをしてムリな食生活をする方は、便の量が少なくなり、便秘になりやすいです。

運動しない方、水分補給をあまりしない方も便秘になりやすいです。

便秘対策としては、運動をして筋肉を鍛える、乳酸菌や食物繊維などを摂取するということがあります。また水分もしっかりと沢山補給した方がよいでしょう。

日頃忙しい方は、便意があればすぐトイレに行くようにして、排便を我慢しないようにします。

生活習慣を変えて便秘を改善しましょう

便秘は便が長く大腸に留まる状態ですが、それは生活習慣と関わっています。

便秘改善には生活習慣を変えて、日頃から少しでもよいので運動する、食物繊維など便秘によい食べ物を食べる、水分補給をするなどしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る