便秘のときに残尿感を覚えやすくなる理由って?

便秘のメカニズムが影響しています


残尿感とは、排尿し終えてもまだ残っているような感覚になることです。
そうなると、尿の話なので便とはあまり関係がないように思えるかもしれません。
ですが実際に、便秘のメカニズムが影響して起こっている可能性もあります。

残尿感は感覚だけでなく、実際に尿が出し切れていないケースもあるため、何とも不快です。
私生活に、支障をきたす可能性もあるでしょう。
便秘と同時に、早めに解決しておきたいところです。

便秘が生じている腸の状態が影響しているとされています

便秘は、腸の中の便がうまく流れないことによって起こっています。
そのため、腸の機能自体が低下しているのも実際のところです。
そして、これこそが残尿感を併発する要因ともなっています。

逆にいうと、便秘を解消して腸を健康な状態に戻すことができれば、残尿感も解決する可能性が高まるということです。
正しい知識のもと、対応しましょう。

残尿感と便秘の関係性を理解しましょう

便秘になると、お腹が苦しく不安定な精神状態になるため、大変な思いをします。
そこへきて残尿感も伴えば、不快感はますます高まる一方です。
これらの関係性を理解して、早めに対策することが欠かせません。

残尿感はデメリットが多いです

残尿感は、基本的に高齢者がなりやすい症状といわれています。
膀胱などの筋力が低下することで、若いころは当たり前のように切れよくできていた排尿が、中途半端になってしまうのです。
排尿自体もうまくいかず、毎回膀胱付近に意識的に力を入れなければならなくなってきます。

また、前立腺肥大の合併症としても有名です。
膀胱から尿道出口までの通過障害から起こっており、排尿における感覚がにぶくなっています。

便秘による残尿感は、高齢者や前立腺肥大患者でなくても生じるため、とてもやっかいです。
なぜなら、残尿感はさまざまなデメリットに繋がるためです。

物事に集中できない、なかなか寝付けない、また実際に尿管内に尿が残っている場合、下着を汚す可能性もでてくるでしょう。
また逆に、便秘が原因であると思い込むことで、実際に前立腺肥大であった場合症状になかなか気づけないという点もリスクです。
便秘による残尿感が起こり始めたら、早めに対策することが欠かせません。

便秘で残尿感が起こりやすくなるメカニズムを正しく理解しましょう

なぜ、便秘で残尿感が生じやすくなるのでしょうか。
腸と尿管は男女とも別の位置にあるため、関係は薄そうな印象です。
ですが、実際に腸機能の変化の影響を受けて、残尿感は起こります。

まず、便秘になると腸の機能が低下します。
すると、便から水分が奪われやすくなり、便が硬くなります。
これこそが、腸内で便が停滞しやすくなるメカニズムです。
そして奪った水分は、そのまま尿として排出されます。
つまり便秘になることで、通常時以上の尿が作られるため、排尿に不具合が生じるということです。

ですが、便秘こそが原因の残尿感であるため、便秘解消ができれば症状の改善が期待できます。
慌てることなく、適切な便秘対策をおこなうと良いでしょう。

速やかに便秘症状を改善する方法を覚えておきましょう

便秘改善の方法には、さまざまな種類があります。
残尿感が気になるときの対処法としては、どのようなものが有効でしょうか。

まず、食物繊維を多く摂る方法がおすすめでしょう。
中でも、じゃがいもや納豆、わかめなどにみられる水溶性食物繊維が効果的です。
理由は、水分を吸収してゲル状の状態で腸に行き着くためです。
つまり、便から水分が奪われるのを防いでくれるのです。
この仕組みは便をやわらかくすることや腸内での滑りを良くするのと同時に、排尿量を抑える働きにも期待できるでしょう。
ぜひ、意識的に摂ってください。

また、水分摂取にも力を注ぎましょう。
残尿感が気になっているにもかかわらず水分をしっかり摂るというのは、ある意味理に適っていないかもしれません。
ですが、十分な水分は腸の活性化や便の軟化に役立つため、結果的に残尿感を和らげる効果に繋げられます。
腸への負担が少ない低ミネラルのお水が、特に効果的です。
水溶性食物繊維と同時に、意識してみてはいかがでしょう。

便秘による残尿感は便から水分が余計に奪われることで生じます


便秘時に便から水分が奪われることは、多くの人が知っていることでしょう。
硬く出にくい便に悩まされた経験のある人は、少なくないはずです。
そしてこの奪われた水分は、尿として排出されます。
便秘時は普段以上に排尿量や頻度が増える、これこそが残尿感の原因といえます。

とはいえ、この残尿感は決して難しい問題でもありません。
便秘を解消することで、同時に緩和できるためです。
食物繊維や水分補給の意識をもって、スムーズな解消を目指しましょう。

便秘を治して残尿感ともさよならしましょう

残尿感は、生活にさまざまな支障を来します。
便秘が原因の場合、高齢者や病気の人以外でも起こる場合があります。
上記の対策を活かして、それぞれの症状を速やかに和らげましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る