便秘について夏はどんな意識をもつべき?

夏は特に便秘への注意意識をもちましょう


四季が特徴的な日本では、季節によって気温が大きく変化します。
そのため、体調についても四季それぞれにおいての管理が欠かせません。
便秘に関しては、特に夏が注意すべき季節となっています。

理由は、やはり気温が高いことに尽きます。
暑い時期は、さまざまな体調変化が起こりやすく、それにより便秘にもなりやすくなってしまいます。
適切な対処法を知って、症状が現れる前から実践するべきです。

水分が不足しやすくなります

夏になると、一年でも有数の暑さにみまわれます。
特に近年は地球温暖化の影響もあり、酷暑と表現されるほどの気温もたびたび記録しています。
これにより起こりやすくなるのが、水分不足の状態です。
大量の発汗によって、体内の水分が適切に保てなくなってしまいます。
これこそが、便秘になりやすくなる大きな理由といえるでしょう。

夏の水分不足を防いで便秘知らずで過ごしましょう

夏は、ただそれだけでも気だるくしんどいものです。
そこへきて、さらなるだるさに繋がる便秘まで起こると、一層大変でしょう。
夏ならではの水分不足を防いで、快調なお腹を維持できるよう工夫しましょう。

夏の水分不足には特徴があります

夏場は、複数の原因が理由で水分不足を起こしやすくなります。
まずひとつは、前述にも触れている発汗です。
普通に生活する分には、服が吸い取ったり蒸発したりするため、そこまでの量を感じないかもしれません。
ですが、結構な量が出ているのが実際のところです。
脱水症状や熱中症患者が増えることからも、そうした傾向は推察できます。

また、夏特有の暑さを防ぐため、クーラーを強めることや、冷たい飲み物を多く摂ることも水分不足に影響しています。
これらであれば、発汗が抑えられ、さらに体を冷やせるのでむしろ水分は不足しにくいようにも思えるかもしれませんが、そうでもありません。
これらは、内臓機能の低下や血流の悪化の原因となるため、代謝をにぶらせてしまいます。
すると、せっかく摂った水分も、スムーズに吸収できず、必要な分まで排出してしまうということに繋がります。

体内の水分を適切に維持しましょう

健康を意識する上で、水分は摂れば摂るほど良いというわけでもありません。
体の適量を、いかに維持できるかが大切です。

人間の体は、大半が水分でできています。
成人で60~65%、子供は約70%、さらに新生児は約75%もの割合が水分で占められているそうです。
つまり、水分は人間が健康的に生きる上で欠かせない存在なのです。
夏の水分不足がどれだけ深刻な現象か、想像できることでしょう。

適切な水分量が保てなくなると、腸内の水分も不足します。
すると、便は硬くなり、腸内をスムーズに移動できなくなります。
これこそが、夏に便秘が起こりやすくなる大きな理由です。
上記のような年齢に応じた適切な割合の水分を、常に維持する意識が欠かせません。

夏の水分補給に適した方法を紹介します

水分を適切に維持するには、実際どのような水分補給が理想的なのでしょうか。
まず分量については、約1,700ミリリットルを目安にしてください。
大きめのペットボトルほどの量なので、多いようにも感じられるかもしれませんが、発汗や排尿、呼吸などから1日に排出される水分量を考えると、これくらいが必要となります。
特に発汗量の多い夏場は、2,000ミリリットル前後を意識しても良いかもしれません。

水分の種類は、純粋なお水を選びましょう。
体が求めている水分は、お水に他ならないためです。
内臓機能の低下や食欲不振が起こりやすい夏は、胃腸が弱っていることも考えられるため、刺激のおだやかな低ミネラル水がおすすめです。
ピュアウォーターや、純水といったお水を選びましょう。

逆に気を付けるべきなのが、夏においしく感じることで知られるビールです。
アルコールには利尿作用があるため、大量に飲んでも必要以上に排出される一方です。
便秘対策の水分補給には適さないので、水分が不足しやすい夏だからといって飲みすぎないようにしましょう。

水分不足になりやすい夏は十分な水分補給で便秘を防ぎましょう


夏は、発汗や内臓機能の低下により、水分不足が起こりやすくなります。
すると、腸内にも十分な水分が保てなくなり、便秘が起きやすくなってしまいます。
他の季節以上に、水分補給への意識が必要といえるでしょう。

1日に摂る理想の分量は、1日に出ていく量と同じくらいです。
夏は汗をかきやすい時期なので、2,000ミリリットル前後を意識しても良いでしょう。
便秘対策に適した低ミネラルのお水を選んで、しっかり摂るようにしてください。

便秘になりやすい夏は十分な水分補給で乗り切ることが大切です

ただでさえ気だるい夏は、便秘症状まで合わさるとますますしんどいことでしょう。
水分が不足しやすい季節であるため、便秘になりやすいので注意すべきです。
上記の通り、普段以上の水分不足の意識をもって、健康維持に努めましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る