便秘が特に起こりやすいので注意したい産後

産後特有の状況が便秘の原因となります


妊娠や出産のしんどさからやっと解放される産後ですが、まだまだ体調は元に戻らないのが実際のところです。
それどころか、特別の状況がもうしばらく続くため、まだまだ油断はなりません。
そしてそれらが影響することで、重い便秘になることも多いです。

とはいえ、産後の便秘は定番ともいえる症状です。
そこまで心配する必要もありません。
改善策もいくつか研究されているので、それらを効果的に実践することで、症状の緩和が期待できます。

無理のない範囲で生活を見直しましょう

産後の便秘とはいえ、そこまで特別というわけでもありません。
通常の便秘と同じように、生活を見直すことで改善に期待できます。
ですが、産後の便秘は人によってかなり重い場合もあるようです。
無理のない範囲で個人によるケアをおこない、改善が見込めないようであれば早めに医師に相談しましょう。

ポイントを押さえて産後の便秘を抑えることが大切です

同じ便秘でも、通常のものとは原因が違うため、対策も変わってきます。
産後の便秘対策ならではのポイントを押さえて、的確な解消法を実践しましょう。
産後は自分のことだけでなく、赤ちゃんにも気を遣わなければなりません。
できる限り快調な状態で育児に励めるよう、工夫してみてください。

産後ならではの便秘には原因があります

産後、つまり出産直後は体や気持ちにさまざまな変化があらわれます。
お腹の赤ちゃん自体は生まれていなくなったとはいえ、次は育児のための体が準備されるのです。
この変化こそが、便秘に大きくかかわっています。

たとえば、母乳づくりです。
女性の体は、赤ちゃんを育てるため出産前後に母乳が出るようになります。
そして母乳もまた、水分に他なりません。
体内の水分が消費されるため、便秘の原因のひとつである水分不足が起こりやすくなります。

次に、子育てに時間を割かれることで起こる、運動不足です。
生まれたての赤ちゃんを育てなければならないため、何かと家にこもりがちになることでしょう。
すると、体を動かす量は日常時と比べ大きく落ちてしまいます。
筋力や代謝の低下に伴い、腸の機能も穏やかになってしまいます。

また、精神的な要素も大きいです。
出産時にできた傷口がまた開くかもしれない、そんな心配により排便を我慢してしまいがちです。
子育ての忙しさもまた、便意の我慢に繋がるでしょう。
そして、いつも順調にいくわけではない子育てに、疲労やストレスを感じてしまいます。
こうした精神的な不安定さも、排便を妨げる要因となるでしょう。

産後の便秘対策は重要です

産後は、子育てによりさまざまな負担が生じます。
直接的な育児作業はもちろん、精神的なしんどさも大きいでしょう。
そこへきて便秘まで合わさるとなれば、大きなストレスに繋がります。
以下の心がけで、便秘対策をおこなってください。

産後に起こる便秘の原因は特有のものですが、対策については一般的なものとあまり変わりません。
こまめな水分補給や、食物繊維豊富な食事、気分のリラックス、便秘解消マッサージといったものを意識してください。
とはいえ、産後にやれることは限られています。
無理のない範囲で、実践してみてください。

特におすすめは、水分補給です。
便秘改善と同時に、気分のリラックスや母乳づくりにおいても効果的に感じられます。
手軽な方法でもあるので、ぜひ意識してください。

産後は適したお水を選ぶようにしましょう

産後の水分補給では、お水選びも重要です。
基本は、普段以上に良いお水を選びたいところでしょう。
自分だけでなく、母乳を通して赤ちゃんの口に入るお水でもあるためです。

おすすめは、ミネラル分や不純物を調整した、ピュアウォーターです。
飲み口がさっぱりしているので、体調が不安定になりやすい産後でも飲みやすいでしょう。
そして何より、赤ちゃんが直接飲んでも健康的に有用なお水となっています。
まさに、産後向きといったところでしょう。

育児で忙しいと、なかなか自分のことに気が回らないかもしれません。
ですが、1時間おきにコップ1杯といったペースなら、わりと続けやすいです。
1日の目安を約1.5リットルとして、実践してみてください。

産後ならではの心身共に起こる変化が便秘につながります


産後といっても、体調の上でまだまだ油断はなりません。
子育てのための体に切り替わっていくため、普段通りの体調とはならないのです。
母乳を作ったり、またホルモンバランスが乱れがちであったりと、さまざまな影響を受けます。
そしてそれらこそが、産後特有の重い便秘の原因となってしまうのです。

産後は育児なので何かとストレスを抱えがちです。
できる限りの範囲で、対策をおこないましょう。

産後ならではの体の変化を知って便秘を和らげましょう

産後の便秘は、上記の通り普通の便秘とは異なります。
そのため、正しい知識と適切な対処が欠かせません。
育児で忙しい中でも、できる範囲で対策をおこないましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る