便秘になっている人の割合はどれくらい?

日本人の便秘割合は比較的多い印象です


便秘は、食事や生活バランス、精神面など、あらゆる要素が影響して起こる症状です。
そのため、事実多くの日本人が便秘の悩みを抱えているといわれています。
ドラッグストアなどで、便秘薬のコーナーが豊富であることからも、その傾向は窺えることでしょう。

また、世界的にみても特に日本人はなりやすいといわれています。
便秘は便が出にくくなる症状ですが、放置すると思わぬリスクにも繋がりかねません。
有効な対策を覚えて、進んで実践するべきです。

厚生労働省の調査で割合の高さが発表されています

便秘になっている人が多いというのは、もちろんただの感覚論というわけでもありません。
数値において、明確に表されているのが実際のところです。
それこそ、国の機関である厚生労働省が明確に高い割合で便秘を訴えている人がいると公表しているほどです。
日本人の便秘問題は、もはや深刻とさえいえるのではないでしょうか。

便秘で悩む日本人の割合を知りましょう

便秘と聞いても、おそらくそこまで深刻な症状として考える人は多くないでしょう。
むしろ、口にするのは恥ずかしい、なっても勝手に治るなど、少々病気として軽視しているところもあるのではないでしょうか。
ですが、便秘は放置すると大きな問題にすら繋がりかねません。
国の割合データをもとに、便秘の重要性を再確認してみてはいかがでしょう。

便秘に悩む人の割合は厚生労働省からもデータが出ています

便秘は、さまざまな要因が影響して起こる症状です。
それだけに、健康的な生活を意識している人であっても油断はなりません。
事実、多くの割合が便秘による悩みを抱えています。

分かりやすいデータとして、厚生労働省が発表した、「平成25年国民生活基礎調査」の回答が挙げられます。
データでは、男性で4%、女性5.9%が便秘を感じていると書かれています。
数値としては、低めに感じるかもしれませんが、人数で考えればおよそ7~8人にひとりというのですから、割合の高さが窺えてなりません。

また特徴的なのが、性別、年齢層における割合です。
特に便秘の有訴者数が多かったのは、20~40代の女性、または70代以上の男女だそうです。
この年齢に該当する人は、現在便秘でなかったとしても注意しておいた方が良いかもしれません。

日本人に便秘で悩む人が多いのには理由があります

日本人は、世界的にみても便秘で悩む人が多いといわれています。
いったい、なぜそのような現象が起こっているのでしょうか。

まずひとつに、ストレス社会が挙げられます。
密な人間関係、高度な社会、日本人の気質などが影響して、日本人は世界でも有数のストレスが生じやすい人種といわれています。
便秘は主に腸で起こりますが、実は自律神経において脳とも深くかかわっているそうです。
それにより、ストレスの影響によって腸の機能が不安定になり、そこから便秘を引き起こしてしまいます。
日本人が便秘になりやすい理由には、ストレス社会が大きくかかわっていたのです。

日本人の気質といえば、トイレを我慢する風潮も便秘の一因です。
出したいときに出さないと、便は溜まっていく一方です。
トイレ習慣をおざなりにする、これもまた便秘割合の多さに繋がっていることでしょう。

また、食物繊維豊富な和食中心の生活から、食の欧米化によって肉食やファストフード食が広まったことも影響しているそうです。
そのため、近年は特に便秘有訴者の割合は増える傾向にあります。
グローバル化、近代化といった風潮は、良いことばかりでもないようです。

便秘を防ぐための心がけを知っておくと良いです

日本人に便秘を訴える割合が多い理由は、前述の通りわりと明確です。
そのため、予防や解消するための工夫については、いくつか考えられます。

たとえば、ストレスを溜めない心がけです。
ストレス社会に従う上では、なかなか理想の状態を保つことは難しいでしょう。
ですが、休憩時間をこまめにとる、自分なりのリフレッシュを実践するなどして、気持ちをコントロールしてください。

また、ストレス社会でも実践しやすい対策として、こまめな水分補給もおすすめです。
お水を飲むという単純なやり方ですが、体が求める水分量をしっかり補うことで、便をやわらかく保つ、精神を安定させるといった効果に繋げられます。
吸収に適した、成分のコントロールされたピュアウォーターであれば、特に理想的でしょう。
仕事中などでも気軽に実践できるので、効果的です。

日本人の7~8人にひとりの割合で便秘の悩みを抱えています


日本人における便秘有訴者n割合は、厚生労働省発表のデータにおいて明確に表されています。
人数にして、7~8人にひとりと表現されていることからも、いかに便秘が身近な症状か窺えてなりません。
また、世界的にみても日本人は便秘になりやすいといわれています。
特有のストレス社会や、日本人ならではの気質が影響しているためです。
リフレッシュや水分補給の意識をもって、対策することが大切です。

適切な対策法で便秘症状を防ぎましょう

便秘になる人の割合は、上記の通り高めというデータが出されています。
そのため、現在便秘でない人も、油断はなりません。
対策は決して難しいものでもないので、危機意識をしっかりもって自分なりに実践してみてはいかがでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る