【保存版】授乳中のダイエットと水分の関係は?

妊娠の際についた脂肪には水分が多く含まれているので、産後の授乳中のダイエットは比較的早い効果が期待できると言われています


妊娠中に増えてしまった体重を産後に早くダイエットをして落としたいと考える人は多いことでしょう。

産後あっという間にスタイルを戻す人が多いので、自分も頑張らなくてはとつい考えてしまうのです。

もちろん産後は身体がかなり疲れている状態なため、あまりに早いタイミングでの無理なダイエットは禁物です。

しかし実は、産後のダイエットでは比較的早く脂肪を落として体重を元に戻すことができると言われています。

ポイントは水分が多い脂肪です。妊娠中についてしまった脂肪は流動性脂肪という脂肪で、水分を多く含んだ脂肪なのです。

そのため完全に定着する前にダイエットをすれば、その水分が多く含まれた脂肪を落とすのはそれほど難しいわけではありません。

体調に注意しながら、無理のないダイエットを行うようにしましょう。

授乳中のママのダイエットは十分に身体を気遣うことが重要です

授乳中のダイエットでは自分の体調を十分に気遣うことが優先で、とにかく早く体型を戻したいという気持ちで身体に負担のかかるダイエット方法をするべきではありません。

授乳中、それも出産からほどなくはダイエットを始めることはすすめられません。

産後の1ヶ月検診などで身体の調子を確認しつつ、お医者さんにも相談しながらダイエットをスタートさせたほうが賢明です。

くれぐれも産後は身体が疲弊しきっているということを忘れないようにして、まずは安静にして身体の機能を回復させることに努めましょう。

一方で産後の半年間は痩せやすいとも言われていますので、妊娠中についてしまった脂肪を落とすのに適している期間とも言えます。

身体に無理なく、しかし遅くならないように健康的に痩せていくことを目指しましょう。

水分を多く含んだ「流動性脂肪」をしっかり落としましょう

妊娠中についてしまった脂肪は流動性脂肪と呼ばれており、その脂肪の中には水分が多く含まれています。

それゆえその脂肪がしっかりと身体に定着する前の産後半年間は体重を、また脂肪を落としやすいというわけです。

多くのお母さんが産後ダイエットとしてゆるやかなウォーキングや骨盤の矯正、ヨガなどにチャレンジしています。

しっかりと筋力を取り戻して引き締まった女性らしい身体を取り戻すためにそうした運動をしているわけです。

筋力が衰えてしまっていると身体の基礎代謝は下がってしまいますので、どうしても太りやすくなりますし、痩せにくくもなります。

それで適度に筋力を取り戻せるように運動や筋トレを生活の中に徐々に取り込んでいくことは大切だと言えます。

授乳中は水分不足になりやすいので、意識して水分補給をしましょう

妊娠中についた脂肪に水分が多く含まれているからと言って、水分補給をしないで体重を減らそうとすることは避けて下さい。

妊娠中、産後に限らず人間はしっかりと水分補給することが必要です。

赤ちゃんの体重1キロにつき150mlの母乳が必要と言われていますので、授乳中はそれだけお母さんの身体から余分に水分が失われていることがわかります。

ですから授乳中は通常以上に水分補給をしっかりすることが大切なのです。

おそらく意識して多く水分補給をするくらいでなければ適切な量の水分を摂取することはできないかもしれません。

産後の体調の回復が順調であれば産後1ヶ月くらいでダイエットを開始する人もいると思いますが、くれぐれも水分不足に注意しましょう。

水分不足で乳腺炎になってしまうことも

母乳育児中のママは、体内が水分不足になると母乳が出にくくなる可能性があります。

血液の主成分は水分であり、水分不足になると血流が悪くなり乳腺が詰まって乳腺炎を招くリスクがあるのです。

また、コーヒーなどカフェインを多く含む飲み物を摂ると母乳を通じてカフェインが赤ちゃんに取り込まれてしまいます。

育児中の子供のカフェイン過剰摂取は興奮や不眠を招くとも言われているので注意しましょう。

授乳中のダイエットでは体型よりも体調を優先させましょう


産後ダイエットで無理なやり方をしてしまう人としては、すぐにでも元の体型に戻したいという焦る気持ちがあることでしょう。

しかし体型よりも体調を優先させるべきなのは明らかなので、水分補給や栄養摂取はもちろんのこと、ハード過ぎるトレーニングを避けるように気をつけましょう。

また水分補給が大事だと言っても、あまり冷たく冷やしたお水を飲んでばかりいると身体を冷やしてしまい、血行が悪くなる可能性もありますので注意が必要です。

子供もお母さんもウォーターサーバーで水分補給

赤ちゃんが生まれると子供の水分補給にも気を使わなければなりません。

もちろんお母さん自信も健康面でも美容面でもしっかりと水分補給をしなければいけないので、親子揃ってキレイなお水を毎日摂取するためにも家庭用ウォーターサーバーの導入がおすすめです。

ミネラルウォーターよりもピュアな純水がよりおすすめでしょう。

家庭にウォーターサーバーと言うとなんとなく大げさな気がしてしまうかもしれませんが、最近では比較的多くの家庭でウォーターサーバーをキッチンやリビングに設置しているようです。

子供がいると飲料水としてのお水だけでなく、料理に使うお水も含めてなにかと気を遣うものです。

食材もお水もとにかく質の良いものにしたいと考えているお母さんは多いと言えるため、これからますますウォーターサーバーの人気は上がってくるでしょう。

授乳中のママはたくさんのカロリーが必要

母乳育児中のママが1日1~8回ほど授乳を行うとすると、約500㎉ものカロリーを消費します。消費カロリーが普段よりも多いため、たくさんのエネルギーが必要です。

そのため無理に食事や糖質を制限しなくても自然とダイエット効果が現れることもあります。

食事制限をすると母乳の出が悪くなり、赤ちゃんの栄養状態にも影響するので注意しましょう。また食物繊維不足は便秘を招くので気を付けて下さい。

(まとめ)授乳中のダイエットと水分の関係は?

妊娠の際についた脂肪には水分が多く含まれているので、産後の授乳中のダイエットは比較的早い効果が期待できると言われています

産後の体は疲弊しているので授乳中のダイエットは体調を見ながら慎重に行うことが大切です。

妊娠中は水分を多く含む流動性脂肪がつきやすいのですが、体に定着する前の産後半年間は運動などを行えば比較的落としやすいとされています。

また授乳中は水分不足になりやすいので乳腺炎にならないようにお水など体に優しい飲み物で水分補給をする必要があります。

ウォーターサーバーを取り入れるといつでも手軽に安全でおいしい水が飲めるので便利です。

また、無理な食事制限をすると母乳が出にくくなり、赤ちゃんの成長にも影響するので気を付けましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

お水がもたらすダイエット効果とは?

お水を飲むとダイエットにつながるって本当? お水は飲み方を工夫することによって、ダイエット効果を期待することが出来るといわれています。その飲み方とは、ご飯を食べる30分前に水を飲むというものなのですが、これによってカロリーの吸収を抑えることができたという研究結果が正式な形で発表されているのです。また、通常のダイエットと組み合わせることで、その効果をさらに向上させたという結果も同時に発表されています。
続きを読む

関連記事

ページ上部へ戻る