水素水の濃度と選び方とは?

ざっくりまとめると
水素水は生成方式によって濃度が異なるので、高濃度の水素水を選びましょう。

しかし、アルミパウチ容器、アルミ缶などの水素水は水素が流通経路で水素が抜けてしまいほとんど残っていない可能性があります。

ウォーターサーバーの水素水は、常にできたて高濃度なのでオススメです。

水素水の選び方は水素の量とボトルから

水素水は水素の量とボトルなどに注意
水素水は、水素が含まれているお水で、体に良いとされています。
飲料水として、料理の際の水分として、家庭でも利用している人が増えています。

しかし水素水は、保存方法や飲み方によっては水素が奪われてしまうことがあり、効果を十分に得られないことがあります。
十分な効果を得るためには、元々の水素の含有量や水素を失わずに保存できるボトルなどの容器に注意が必要となります。

せっかく飲むのですから、少しでも効果を減らさないように工夫されたものを選びましょう。
また、ウォーターサーバーを用いて自宅で水素水を作ってしまうのもひとつの手です。

水素は非常に抜けやすい

水素水の中に含まれている水素は水中に溶かされており、不安定な状態です。
また、水素の分子は非常に小さく、容器の種類によっては外にすぐに逃げてしまいます。

そのため、工場で生産された時にはたっぷり入った水素も、手元に届くまでに容器のせいで減ってしまうこともあるのです。
失われやすい水素を守ってくれる容器でないと、水素水と思って買っても中の水素は少量だったということもあります。

水素水の上手な選び方と漏れないボトル

水素水の中に溶けている水素は不安定で、逃げられやすいため、水素水を作ってすぐに逃がしにくい容器に入れることが水素を守るために必要です。

いろいろな容器がありますが、水素を逃がしにくい容器を選ぶことが大切です。

また、作られた水素水は、そのままにしておくとどんどん水素が抜けていってしまいます。

水素水の選び方は水素の量

水素水の選び方は、飲む人が実際にお水を口に入れるタイミングで水素が豊富に含まれているかどうか、という点で見ていくことが大切です。

工場から実際に飲むときまでの間で、水素が抜け続けていれば、そのうちただのお水だけになってしまうことだってあるのです。

工場で充填するとき

工場で水素水を充填するときの水素濃度がボトルなどの容器に記されていることは多いでしょう。

濃度の表示のないものは、信頼性に欠けるため、書いてあるものの方が良いですが、その表示濃度が手元に届くまで維持できるかどうかは別の話です。
実際にその時には水素は、表示されている分きちんと入っていました。

しかし、工場での充填が済んでから、手元に届くまでに、そして開栓して飲み終わるまでに、水素はどんどん抜けているということもあります。

消費者の手元に届いてから

皆さんの手元に届いた時に含まれている水素量は、開栓とともにさらに減ります。
一般的には水素水の効果を得たいのであれば、開栓したら数時間の間に飲みきることが必要とされています。

水素の抜けにくい容器に入っていたとしても、これは同じことです。
開栓してしまえば、そこから水素が逃げ出していると思ったほうが良いでしょう。

水素が漏れないボトルを選ぶ

水素が逃げやすく、漏れやすいなら、逃げないような容器を選ぶしかありません。
容器に記された濃度を信頼できるかどうかは、容器で決まります。

また、自宅で水素水を作るサーバーやマグネシウムスティックなどの利用時にも、保存容器として考えてください。
作った水素水の水素はどうしても時間とともに抜けます。

ペットボトルは水素が逃げやすい

ペットボトルの水素水は、ドラッグストアなどでよく見られましたが、ペットボトルの分子の隙間よりも水素は小さく、そこから逃げ出し安くなっています。

自宅で作る水素水でも、保存にはペットボトルの利用はお勧めできません。

アルミ容器で水素を守る

アルミ缶やアルミのパウチ容器は、水素を外に逃がしにくい素材です。

プラスティックの飲み口がついているタイプは、外出先でも飲みやすく便利ですが、保存性を確保するならば、飲み口がないタイプの方がより有利です。

ウォーターサーバーならば水素が抜ける心配もなし

ウォーターサーバーを用いて、水素水を自宅で作ってしまうという手もあります。
方法としては非常に簡単であり、水素水キットをウォーターサーバーに取り付けるだけで、手軽に水素水を作ることができます。

作ったものをすぐに飲めば、水素が逃げてしまう心配もありませんし、何より信頼をおけるお水から水素水を作れるという安心を得られます。
さらに価格に関しても、ボトルでアルミ缶などの商品を購入するよりもかなりお得です。

より安全に、高濃度の水素水を利用したいという方は、ウォーターサーバーの水素水キットを利用するのがおすすめです。

水素含有量はわかりにくい

水素水は見た目で判断できないため知識を持って正しく選択すべき
水素水はちまたでいろいろな商品が出ており、安いものから高いもの、自分で作るものやパウチされていてすぐ飲めるものなどがあります。

しかし、目で見る限り、水素水と単なるお水の区別はつきません。ましてやお水の中の水素の含有量なんてわかるはずがありません。

このため、私たちが水素水を購入する時には、水素量が表示されていて、しかも、それが逃げにくい状態かを確認する必要があるのです。
見た目で分からないものを選ぶ場合には知識をもって正しい選び方をすることが大切になります。

十分な水素と減らない工夫

水素水の選び方を知ることは、その効果をしっかりと得るために必要となります。
十分な水素の量を体内に取り込むためには、口に運ぶまでの間に水素をできるだけ失わないようにすることが大切です。

水素が逃げにくい容器であっても、早めに飲みきらなくてはいけません。

また、ウォーターサーバーを利用して水素水を作れば、飲むまでに水素が逃げてしまうことはありません。

価格面や安全面にもメリットがあるため、おすすめできる方法といえるでしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る