活性酸素は良いもの?悪いもの?活性酸素の仕組みを知ろう

活性酸素の仕組みを知ることで上手に付き合う

活性酸素の仕組みを知ろう
活性酸素とは体の中でエネルギーの生成の過程で発生する酸素の化合物などの総称です。
活性酸素には仕組みの違ったいくつかのものがあり、それぞれ発生の仕方も違います。

それぞれの活性酸素の仕組みを知ることによって、悪い影響を及ぼしやすい活性酸素の発生を減らす働きかけをしやすくなります。

また、悪いものとして扱われがちですが、状況によっては体に必要なこともあります。

このように善悪両面を持った活性酸素は、その仕組みを良く知り上手に付き合っていく必要があります。

活性酸素はコントロールできる

活性酸素は、生活習慣で発生を抑えたり、悪い活性酸素を減らしたりすることもできます。
活性酸素にはその働きの強さにそれぞれ違いがあり、さほど悪い影響を与えないものもあるのです。

活性酸素の種類にはスーパーオキサイドという基本的な生活上生まれるものや酸化力の強いハイドロキシラジカルというものなどさまざまなタイプがあります。

これらの発生の仕組みを知ることで発生をコントロールできます。

活性酸素とは?その仕組みを知る

活性酸素と上手に付き合うためには、発生と働き、さらにその後の分解の仕組みについても知ることが必要です。

敵を知ることで対策を立てること、そして「敵を知るにはまず己から」で自分の体の仕組みと合わせて考えていくことが大切になります。

活性酸素をたくさん発生させている原因は自分のいつもの生活の中にあるかもしれません。

活性酸素が悪いと言われる原因

活性酸素が悪いものであるといわれるのは、その性質である強い酸化力のためです。

酸化力が強く、体の組織や細胞に結びつく傾向がある活性酸素は、その結びついたものを錆びさせて破壊する働きがあるのです。

活性酸素は健康にも美容にも良くないものとして考えられており、これが増えると老化の原因になるため増やさないためのスキンケアやサプリメントなどもたくさんあります。

活性酸素の酸化力

活性酸素は非常に不安定な構造をしています。

普通の酸素は酸素原子二つがつながっており(O2)、不対電子同士もペアをつくって安定しています。

ところが活性酸素では不対電子が余ってしまい、ペアを作るために他のものから電子を得ようと強く働きかけます。

この働きによって他の成分の電子を奪うことで、奪われたものは壊れたりさらに他の悪い成分になったりします。

活性酸素の良い働きとその変化

活性酸素の働きは、そもそも自分の不安定さをもとにして、体に入ってきた悪いものや体から発生した毒素などの有害物質を分解することにあります。

活性酸素はその働きのために免疫システムと考えられているのです。

しかし、その不安定な働きは、数が増えたりすることで正常な細胞や組織に影響を与えやすいものとなります。

人間が生きるうえで必要なエネルギーの生成や細胞、組織を新しくする働きの中では、酸素を使う必要があります。
その過程で活性酸素スーパーオキサイドは生まれます。

しかし、この段階の活性酸素は酸素の2%程度であり、体の抑制する組織によってコントロールされるものです。

活性酸素スーパーオキサイドが悪玉活性酸素になったり、悪い活性酸素が体の外から入ったりしてくることが重要な問題となります。
ハイドロキシラジカルは、過酸化水素がスーパーオキサイドと反応して発生します。

またよく皮下組織で変化してできるのは.一重項酸素で、酸素分子が紫外線によって変化します。

こうした変化によって、それほど悪い影響を持たないものが悪性化します。

活性酸素とは?その仕組みを生かして予防

活性酸素とは、酸素が化学反応を起こして電子の状態が不安定になっている状態です。

そのため、電子や他の分子と結びつくことで安定した害のない素材に変えることもできます。

もともと活性酸素は他の物質と反応しやすいため、この性質を利用して悪い活性酸素を体から排除することができます。

活性酸素を結びつけやすい水素分子

活性酸素は、水素分子と結びつくと酸素と水素で「水(H2O)」になります。
この反応は安全で、体の中で起こっても、そのまま水として排出するだけで済みます。

この性質を使った水素水の飲用が効果的です。

水素水は体に取り込みにくい水素を取り込みやすくしたもので、水に溶けた水素は体に入ると悪い活性酸素だけに結びつきます。

水素を利用して活性酸素を除去することはたいへん合理的で安全性が高いものです。

水素と酸素の化学反応で

水素水で活性酸素を除去
活性酸素の仕組みとその特性を活かした活性酸素の除去方法として、水素水の働きは大学や医療機関で研究がされています。

酸素と水素の化学反応は中学校レベルの知識でも理解でき、一番親しみのある「水」への変化が安心感を与えます。

活性酸素の働きには、良いものもあるため、すべての活性酸素を除去する必要はありませんので、悪い活性酸素にだけ反応するという点でも優れています。

活性酸素の細胞などへと結びつき破壊する仕組みを逆手に取った方法です。

活性酸素の仕組みを活かして

活性酸素はいろいろな働きのものがあり、その生成の過程も違います。

この違いを知っておくことで発生させにくい環境を整えたり、発生した活性酸素を体から除去したりすることに生かしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る