活性酸素を減らすための植物の活用方法はどんなもの?

活性酸素を植物の抗酸化力で減らすために

植物で活性酸素を減らす
動物や植物、微生物に至るまで、活性酸素から逃れることができません。

活性酸素は、酸素を利用してエネルギー代謝を行う生物全ての体で、その代謝のメカニズムによって生成されてしまうものです。

活性酸素は免疫の役割もあるため、全ての活性酸素を嫌う必要はありませんが、増えすぎると悪玉活性酸素となってしまいます。

植物には、活性酸素を減らすことのできる抗酸化作用のある栄養素が多く含まれています。
これらを食事などで取り入れることで体の中の活性酸素を除去することができるのです。

植物は紫外線のリスクに

活性酸素ができる要因として、紫外線があります。

紫外線は、体にとっての有害物質として扱われ、浴びると活性酸素が増加します。

自生している場所から自力で動く力を持たない植物は、この活性酸素の環境要因から逃れることができず、環境が悪化すると爆発的に活性酸素が増加することもあります。

そのため、植物にはそれから自分を守るための栄養素などを豊富に持っているのです。

活性酸素を減らすための植物の活用方法

活性酸素は増えることで悪玉活性酸素を増やすのですから、適度な量に抑えることが必要です。

活性酸素ももともとは自己の免疫作用としての働きを持っているものであり、悪いだけのものではありません。

しかし、現代社会の環境や生活による要因によって、私たちは活性酸素が増えやすい状態になっています。

こうした状況においてできることは、作られ続けている活性酸素をできる限り減らすことだけです。

そのためには、植物など周りにあるものを利用して、活性酸素を減らすことが出来るものを探すことが必要となります。

植物は活性酸素の影響を受けやすい

植物が活性酸素を減らすことが出来る抗酸化作用のある物質をたくさん持っていると言われているのは、植物の必死の抵抗力のおかげといってもいいでしょう。

植物は、紫外線を避けるための力を持たない上に、光合成によって酸素を大量に体に作る働きを持っています。
紫外線は動物にとっても過大な刺激となり、皮膚を焼き、傷つけます。

活性酸素はこうした刺激から守るために肌表面などにたくさん作られますが、それが悪玉かしてしまいます。
それでも動物は日陰に逃れる術を持っていますが、植物には自力で逃げることができません。

さらに光合成の必要性のため日光がない状態では生きられないという矛盾も抱えています。
光合成は植物特有の働きで、二酸化炭素を酸素に変えるというものです。

その結果、植物は大量の酸素を体の中で作り出すことで、さらに体の中で活性酸素を増やすリスクを負っているのです。

植物の持っている活性酸素除去の力

植物は活性酸素を除去するための栄養素を豊富に携えています。
そうしなければ、生き続けることができないためです。

活性酸素を除去するものといえば、抗酸化作用のある栄養素や抗酸化物質と言われているものです。

抗酸化物質としては、人間の中にもある抗酸化酵素のSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)やグルタチオンペルオキシターゼ(GSH-Px)、カタラーゼなどです。

抗酸化物質の働きとビタミン

SODは活性酸素を酸素と過酸化水素に分ける働きを持っており、その過酸化水素を分解するのがグルタチオンペルオキシターゼとカタラーゼです。

過酸化水素を水に変えて、無害化してくれます。
そんな働きを促進してくれるのが、抗酸化ビタミンであり、植物の栄養素として食べることでしか摂取できないものです。

ビタミンB2はグルタチオンペルオキシターゼを助ける働きの酵素の補助の働きを持ちます。

抗酸化作用のある栄養素

ビタミンCは水溶性ビタミンとして水分の多い細胞質の活性酸素に、脂溶性のビタミンEは細胞膜の活性酸素に効果を発揮します。

それぞれの栄養素は、それぞれの特性を活かして抗酸化作用を発揮しています。

植物の抗酸化物質で活性酸素を除去

植物には栄養素として体の抗酸化作用を助けるだけでなく、抗酸化物質も豊富です。

自らが過酷な環境で自生しなければいけないため、抗酸化物質も自前のものがたくさん必要なのです。

カテキン

お茶のカテキンは、史上最強の抗酸化物質と言われる程の物質です。

カテキンの中でもエピガロカテキンガレートと言われるものがより強い抗酸化作用を持っています。

カロテノイド

緑黄色野菜のトマトや人参,カボチャ,ほうれん草などの色素のもととなっています。
βカロチン、αカロチン、リコピン、ルティン、ゼアキサンチンなどがあります。

赤の元であるリコピンは一重項酸素消去能力を持っています。
ルティンは目の網膜に多く存在して、目から入る紫外線の活性酸素除去に働きます。

その他にもアントシアニン(ブルーベリーなど)やケルセチン(ブロッコリーなど)、イソフラボンなどの植物の抗酸化物質があります。

お茶の活性酸素除去効果をさらに高める方法としては、水素水を使った水出し茶がおすすめです。

水素水にはもともと活性酸素除去の効果があるとされていますが、熱するとその効果が失われてしまう恐れがあります。
水出し茶なら、水素が失われることなく、体にとりいれることができるでしょう。

植物はリスクと戦って強くなる

植物を食べて抗酸化作用のある栄養素を摂取
植物は、活性酸素を作りやすい生き物であり、その要因から逃れることができない作りになっているため、生物の中でも活性酸素の脅威を受けやすくなっています。

こうした活性酸素の影響は、植物にとっても大きなダメージとなるため、植物は自分の体の中に抗酸化物質を生み出すことで、これを避けようとするのです。

そのため、植物には強い抗酸化物質や抗酸化作用のある栄養素をたっぷりと含んでいます。
それらを食物として人間が食べることでその恩恵を得ることができます。

植物の力で活性酸素を除去する

植物には人間の体では作れない栄養素が含まれています。

野菜や果物として食事に取り入れることで、それらの栄養素を手に入れることができるでしょう。

抗酸化作用のある成分がたっぷり含まれた植物の栄養を活かして、活性酸素を減らす生活を送りましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る