活性酸素と糖尿病の関係は?

活性酸素と糖尿病は深い関係がある

活性酸素と糖尿病の関係
活性酸素というのは、体を錆びさせる、酸化させる働きがあります。
本来は自己免疫機能として、悪い物質を攻撃するためのものですが、過剰に増えすぎた活性酸素は健康な細胞などまでも攻撃し始める傾向が出てしまうのです。

こうしたメカニズムによって、糖尿病の発生の原因となるインスリン不足が進んだり、ブドウ糖の代謝が行われにくくなったりします。

体の中で正しく糖がエネルギーとして使われるために必要な組織を活性酸素が傷つけてしまうのです。

活性酸素は細胞のミトコンドリアを攻撃する

活性酸素は、細胞を酸化させると言われていますが、この作用によって細胞の中にあるミトコンドリアを変性させてしまっています。

人の体は酸素を取り入れて、細胞内のミトコンドリアで糖や脂肪を燃やしてエネルギーを産出しています。

この時に燃えかすとして出てくるのが活性酸素ですが、これがミトコンドリアに悪影響を与えて、性質を変えてしまうことがあるといいます。

活性酸素と糖尿病の関係はダブルのダメージ

活性酸素は、細胞を傷つける(酸化させる)ことによって体に悪影響を与えますが、糖尿病にとってこの作用は2つの被害を与えることになります。

活性酸素が活発に働き続けることで、糖尿病を発生させやすくするとともに、進行させて合併症の可能性も高くすることがあります。

こうしたダメージを回避するためには、予防のために活性酸素を減らすだけでなく、糖尿病になってからも合併症を回避するために活性酸素対策が必要となります。

糖尿病はコントロールできる病気であって、本当に怖いのは発症したときよりも合併症まで進んでしまったときなのです。

活性酸素の働きでミトコンドリアが侵される

活性酸素の細胞を壊す働きによってミトコンドリアが変性することで、そこではブドウ糖を正しくエネルギーとして変えることができなくなります。

食物や飲み物などから取り入れた成分は、消化器を流れながら消化吸収されていきますが、この時はまだエネルギーとしては働いていません。

食物の中のブドウ糖が細胞へと配られていき、そこでミトコンドリアが酸素と一緒にエネルギーに変えてやることが必要なのです。
そこでは活性酸素の発生は比較的低い割合ながら、起こり得るものでもあります。

しかし、過剰になって攻撃をし始める活性酸素はミトコンドリアを攻撃して働きを狂わせてしまうのです。

ブドウ糖からエネルギーを作れなくなると、ブドウ糖は余って血液に取り込まれます。
それが過剰になると糖尿病の発症です。

糖尿病になる原因には、こうして、活性酸素がミトコンドリアの糖分解の働きを停めて、血糖を増やすことが関係していたのです。

活性酸素の働きで進む合併症

活性酸素の働きは、細胞や組織を破壊することですが、この働きはインスリンの分泌にも関わっており、糖尿病を進ませて合併症を引き起こします。

主にインスリンを分泌するのは、すい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞であり、このβ細胞は非常に活性酸素の攻撃に弱いものなのです。
インスリンはホルモンの一種であり、その働きは血糖となったブドウ糖を代謝するためにあります。

インスリンはブドウ糖を中性脂肪に変えたり、細胞組織に送り込んだりしながら血糖をコントロールしていますが、この分泌がすい臓の機能低下によって減り、十分なコントロールができなくなります。

活性酸素は他の臓器の壁を壊すことでガンなどの病気の引き金にもなりますが、すい臓を破壊されることで糖尿病の起因ともなりえるのです。

進む糖尿病を止めるために抗酸化物質を

活性酸素と糖尿病の関係は、2つの方向からのブドウ糖代謝の働きを停滞させることにありました。

しかし、糖尿病は悪化させないように生活をコントロールすることで症状の抑制ができる病気です。

少しでも糖尿病の悪化を予防するためにも、活性酸素をこれ以上増やさないことが必要となります。

活性酸素を予防することで、血液の中に溜まるコレステロールも抑えることができます。
コレステロールを減らすことができれば、血流がスムーズになり、血管も丈夫になります。

こうすることで、血糖の増えた血液によって血管が傷つけられることも減り、危険な合併症を抑えることにもつながります。

活性酸素を抑制するために

水素分子は、活性酸素と結びつくことで水を作る性質を持っています。
その性質を活かして大量の水素を体に取り入れることができれば、活性酸素をただの水へと変えることができます。

水素水は水素分子がたくさん溶け込んだ水で、活性酸素の除去に効果的に働きます。

不純物のない水を使った水素水であれば、それ以上の活性酸素を増やす恐れもなく、良い効果だけを期待できます。

活性酸素の働きを抑えることで糖尿病を改善

活性酸素を減らして糖尿病を改善
活性酸素は、他に結びつく相手がいないため、不安定な存在ですが、何かと結びついて安定させることもできます。

結びつく相手が体の組織であると、そこに悪影響が出ますが、抗酸化物質という活性酸素と結びつき排出させられるものであれば、なんの影響もなく活性酸素を抑えることができるのです。

糖尿病に影響のあるミトコンドリアを攻撃したり、すい臓に悪影響を与えたりするのは、活性酸素の量が増えてしまったためです。
効果的に減らすことが出来れば、糖尿病の症状を抑えることが可能となります。

糖尿病を改善するために

活性酸素を除去することは、生活習慣病の予防や改善に効果が期待できます。

糖尿病への活性酸素の影響は大きなものですが、活性酸素を抑えることは十分な抗酸化物質の摂取によって不可能ではありません。

糖尿病をコントロールするためにも抗酸化物質のある生活を始めましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る