活性酸素と脳梗塞の関係は?

脳梗塞に深く関係している活性酸素

脳梗塞と活性酸素の関係
脳梗塞は、脳の血管が詰まる病気であり、その血管の詰まりにも活性酸素が関係していると言われています。

活性酸素が増えることで、それから血管を守ろうとする機能が動きさして、血管内の働きが阻害されることがあるのです。
脳梗塞は非常に危険であり、生命リスクも高い症状となります。

活性酸素が悪い影響を与えているのであれば、積極的に取り除くことが必要となります。
活性酸素を取り除くとともに水分の補給も行って、血管内の血液の循環も良くしてあげるとさらに良いでしょう。

脳は活性酸素の影響を受けやすい

脳の機能は常に動いており、大きなエネルギーを常に必要としています。

そのため、エネルギー生成に合わせて発生する活性酸素の量も比較的多くなりやすく、そこで障害となる可能性もたかいのです。

また脳は多くの部分が脂肪で出来ており、活性酸素が結びつくことで悪い活性酸素となるリスクも高くなっております。

活性酸素と脳梗塞の関係性は

活性酸素と脳梗塞の関係は非常に深く、悪循環の中にあるといっても良いでしょう。

脳の環境や働きによって活性酸素は発生しやすく、さらに活性酸素をさらに悪いものへと変えてしまう環境も整っています。

活性酸素は脳が元気に働き続ける限り、増え続けることは必至であり、常に脳梗塞のリスクが増えているような状態となっています。

活性酸素を抑制することで、この悪循環を妨げることができなければ、危険はさらに加齢による抗酸化物質の現象や血管組織の劣化とともに増えていくでしょう。

脳の働きには酸素がたくさん必要だから

人間の脳の重量は体全体からすると、ほんの2パーセント程度です。
しかし、その機能は常に働き続けており、エネルギー消費量は体全体の20パーセントから30パーセントとも言われています。

小さな脳のスペースで繰り返されるエネルギー代謝によって酸素がたくさん使われており、そこで活性酸素も発生しやすい状態となっています。

脳の働きは、起きている間に私たちが意識的にものを考えたり、行動したりするためだけでなく、内臓の働きやホルモンの分泌などにも使われています。
常に酷使されているものであり、酸素がたくさん必要とされる場所なのです。

また、脳の組織を構成する脂肪は、活性酸素と結びつくことで過酸化脂質というコレステロールのもととなる性質に変化してしまいます。

脳で発生した活性酸素が脳梗塞を引き起こす

脳内で発生した活性酸素が脳梗塞を引き起こすメカニズムは、活性酸素と結びついてできる過酸化脂質が関係しています。

脳梗塞の危険因子の中でも重要なものとして、高血圧や高脂血症が挙げられますが、これらに大きく関わっているのもコレステロールです。

コレステロールは血管内の血液に入り込むと活性酸素と結びついて悪玉コレステロールである過酸化脂質へと変わります。

過酸化脂質は血流の邪魔になるため、マクロファージという免疫組織がそれを排除しようと包み込みますが、やがて許容量をオーバーすることでそれが死んで溢れた過酸化脂質が血管の壁に溜まります。

血管内を悪化させる活性酸素

血管内にコレステロールが一定量溜まると、脳梗塞となりますが、詰まって流れなくなった血液内にはさらに活性酸素が発生して溜まっていきます。

活性酸素は血管の壁を攻撃して傷つけるため、さらに血管内の環境を悪化させます。

コレステロールが溜まって血流は停滞していますが、そこへ強い圧力がかかると細くなった通り道を激しく血液が流れて、血管が破れやすくなるというリスクも高まっていきます。

活性酸素を減らして血管を守るために

脳内の環境や血流、血管の健康を阻害する活性酸素は、毎日定期的に取り除いてやることが必要です。

脳は働きをやめることはないため、常に活性酸素が作られており、毎日欠かさず活性酸素対策を行うことが必要となります。

毎日の生活の中でうまく活性酸素対策を立てることで、脳と血管の環境を良くして、脳梗塞のリスクを減らすことができるでしょう。

体のすみずみまで行き渡って活性酸素を取り除くことができる抗酸化物質は、脳の活性酸素除去に役立ちます。

水素水で脳の活性酸素を減らす

脳内の活性酸素を減らすには、小さな分子で体のどこへでも行き着くことのできる水素が効果的です。

水素水はそうした小さな水素分子が溶け込んでおり、体に吸収されやすく、体中の活性酸素のある場所で働くことができます。

活性酸素を除去したあとは、酸素と水素で結びつき、ただの水に変わるため、排出もしやすいことが特徴的です。

脳梗塞は血管と深い関係がある

脳梗塞の原因
脳梗塞の原因は、血管の詰まりにあります。
脳の血管が詰まることで、脳は働きを阻害されて、機能を停止してしまいます。

脳は一定の時間、血流がなくなり機能を停止すると、復活が難しくなってしまうこともあります。

また、脳内の血管の治療は非常に難しく、危険を伴う手術となることもあり、脳梗塞は予防が大切な病気と言えるでしょう。

また、血流や体の循環をよくするためには水分の補給も非常に大切です。
ドロドロの血液とならないように、十分な水分と抗酸化物質の摂取が必要となります。

活性酸素を減らして脳梗塞を回避

活性酸素は毎日の継続的な対策で常に減らし続けることが大切です。

脳梗塞の発症は気づきにくく、脳は常に活性酸素のリスクに脅かされています。
そのため、継続的に脳の血管を守って行くための対策が何よりも必要となります。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る