活性酸素が引き起こす病気の種類と予防法は?

活性酸素はあらゆる体の不調の原因になる

活性酸素と様々な身体の不調
活性酸素は体の組織を細胞レベルで酸化させてしまいます。
皮膚や内臓、粘膜などのどこへでも発生して、病気を引き起こしたり、老化の原因となったりします。

活性酸素は体の中から全くなくなることはありませんが、その量がコントロール出来るうちはあまり不安ではありません。
しかし、その量が増えすぎると体への悪影響を起こす原因になってしまうのです。

活性酸素は体に重大な影響を与える深刻な病気を引き起こすこともあるため、病気になる前に活性酸素を減らす努力をすることが必要です。

活性酸素の働きは変化する

活性酸素はもともと、体の中に入ったり、発生した毒素などを排除したりするためのものです。

酸化力によって毒素を酸化させてその機能を失わせることができます。
しかし、その活性酸素の働きは、毒素だけでなく自らの体の健康な細胞にも使うことができ、過剰に増えることで毒素のみならず体中の細胞を壊すようになります。

これによって機能を失ったり変質したりした細胞は、病気を引き起こすきっかけとなっていきます。

活性酸素が引き起こす病気に負けないように

活性酸素が引き起こす病気には、生命のリスクや生活への支障となるような重篤な病気も含まれています。
そういった病気は、一度発症してしまえば、治すことは容易ではなく死に至ることもあります。

活性酸素は本来人間の体の必要な働きであったのに、それによって病気になってしまうのでは元も子もありません。

過剰な発生を防ぎ活性酸素の酸化から体を守って、健康な生活を維持することが大切です。

ガンも活性酸素が引き起こす病気

活性酸素が引き起こす病気の中には、悪性腫瘍、ガンがあります。
活性酸素の過剰な酸化力は、細胞を壊して変性させるため、内臓でその働きが起こすと内臓壁にがん細胞を発生させることがあります。

ガンは現代の医学では完治させられないこともあり、生命のリスクに大きく影響をもたらす恐ろしい病気です。

また、静かに始まり、がん細胞は知らないうちに健康な細胞を食い荒らしていくため、発見が遅れることもあります。

活性酸素とガン

ガンは活性酸素が細胞を変性させることが原因で起こります。
分子レベルで働きかけることで、遺伝子が突然変異を起こし、がん細胞へと変わるのです。

がん細胞は周りの細胞をがん細胞へと変えることができ、ガンを広げていきます。

ガンになりやすい生活習慣としてあげられる、喫煙、アルコール、運動不足などの原因は、すべて活性酸素を増やしやすい習慣でもあるのです。

活性酸素と生活習慣病

活性酸素がインスリンの生成に関係している膵臓組織を攻撃することで糖尿病になります。
また、血中に活性酸素が増えると、それを取り除こうとする働きによって動脈硬化が起こります。

活性酸素は脂質と組み合わさり過酸化脂質となります。

それを退治しようとするマクロファージという物質が現れますが、過酸化脂質がその許容量を超えてしまうと、マクロファージが限界を迎えて死に、血管内にコレステロールの塊を作ってしまいます。

こうした働きによって、血管内の血流は悪くなり、動脈硬化をおこし、さらに血糖が増えたことで血管を傷つけやすくなることもあります。

こうした血管の詰まりは心臓への負担や体への栄養分や酸素の供給、老廃物の排出機能にも影響し、あらゆる生活習慣病のリスクを引き上げています。

活性酸素を減らして病気を予防する

活性酸素の過剰な発生と異常な働きは取り返しのつかない病気の原因です。

そのため、病気になる前に活性酸素を減らして、健康な体の基礎を作る必要があります。
なってからでは遅い病気も、活性酸素を抑える生活で予防すれば怖くありません。

活性酸素を貯めない生活

ストレスや疲れは、体の危険信号として活性酸素を作り出します。
軽い運動や十分な睡眠、規則正しい生活で、ストレスと疲れをためないようにしましょう。

運動はあまり激しいものでなく、軽い運動を継続することが大切です。
毎日の運動は肥満を予防するためにも良いことです。

過剰な脂質をためることは過酸化脂質を作らないためにも重要です。

抗酸化物質をたくさんとる

抗酸化物質は活性酸素の発生とともに体でも作られますが、活性酸素が過剰になると抗酸化作用が追いつかず、活性酸素を優勢にしてしまいます。

足りない分の抗酸化物質は食べ物や飲み物で摂取して補います。
食事から摂れる量は限られてしまうため、簡単で継続しやすい水素水を取り入れることも有効です。

水素分子は活性酸素を無害化してくれる役割を持っています。
食べ物とは違い、老廃物や毒素を持たないため、水素水は安心して取れる抗酸化物質の一つです。

活性酸素が引き起こす病気は予防が肝心

活性酸素が原因の病気を予防する
活性酸素は、体を細胞レベルで壊し、変性させることができます。
また、体の中の組織の働きを弱めて、機能不全を起こすこともできます。

こうした異常な働きはあらゆる生活習慣病のリスクを引き起こすことになります。
脳でも活性酸素は過剰に発生しやすく、それは脳の血管や脳細胞へも重大な影響を与えることになります。

体中のいたるところで発生するため、これをいちいち取り除くことは大変難しく、どこで病気が発症するかもわかりません。
そのため、体全体に活性酸素予防のできる抗酸化物質が必要です。

活性酸素を減らして病気を予防

活性酸素は重い病気の引き金になります。
静かに気づかぬうちに増えていく活性酸素と病気の原因を毎日取り除いて、健康な体を作ることが大切です。

抗酸化物質は毎日継続的に摂取して、活性酸素と戦える環境を作りましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る