活性酸素の酸化を防ぐ抗酸化物質の違い

活性酸素の酸化を防ぐ抗酸化物質には違いがあります

抗酸化物質の違い
体にさまざまな病気を起こす原因となる活性酸素ですが、それを防ぐ方法として抗酸化作用のある物質を取り入れるという方法があります。

抗酸化作用のある食品にもいろいろあり、それぞれ効果が違います。

また、水素水なども活性酸素を還元し消化するという抗酸化力が高いと言われているものです。

それぞれの摂取方法や効果的な取り入れ方を知り、自分に合った形の抗酸化をすることが必要です。

活性酸素を防ぐための酸化を防止する成分の違いとは?

抗酸化作用のある成分にもいろいろあります。

ビタミンCはよく知られている抗酸化作用の高い成分です。

さらにビタミンE、β-カロチン、さらに植物に含まれるポリフェノール、カテキンなども抗酸化作用の高いと言われている成分です。

これらの成分は摂取方法にも違いがありますので、それぞれに合った方法で摂取しましょう。

抗酸化作用のある物質を効果的に摂りましょう

活性酸素を防ぐ方法の一つとして、抗酸化作用のある成分を摂取するという方法があります。

抗酸化作用のある栄養素にはビタミンCやβ―カロチン、ビタミンE、ポリフェノール、カテキン、さらには亜鉛やセレンなどのミネラルも抗酸化酵素を活性化すると言われている成分です。

またトマトに含まれるリコピンなども抗酸化作用が高いと言われているものです。

そういった成分を含む食品を摂ることで、体内から活性酸素を増やさないことが大切です。

抗酸化作用が高いと言われる成分を含む食べ物とは?

抗酸化作用が高いとされる成分を含む食べ物には、どのようなものがあるでしょう?
ビタミンCとしてはレモンやイチゴ、緑黄色野菜などに含まれています。

ビタミンEはカシューナッツなどのナッツ類やゴマ、ウナギなどに多く含まれています。

ポリフェノールは赤ワインに含まれているのは、よく知られていることでしょう。

あまり飲みすぎると、アルコールを分解する際に活性酸素が産出されてしまうので、適量がオススメです。

またお茶にもカテキンやポリフェノールが含まれ、活性酸素を増やさない役割を果たしてくれます。

さらに牛乳やウナギにはビタミンEが多く含まれ、抗酸化作用をアップさせる働きがあります。

ただし、多く摂取しすぎると、脂肪が増えてしまうので食べ過ぎ、飲み過ぎには注意が必要です。

近年ではトマトのリコピンも注目されている成分です。

抗酸化作用に優れているリコピンは脂溶性なので、ドレッシングをかけて食べる方が吸収率がよくなります。

抗酸化作用の高い食べ物でも食べ方によっては活性酸素を増やしてしまいます

ビタミンCは抗酸化作用が高い成分で、果物や野菜などに多く含まれるものです。

しかし特にフルーツでビタミンCを摂取する場合は、食べる時間帯に注意しましょう。

フルーツはよく食後に食べるという人が多いと思いますが、それはかえって活性酸素を増やすことにつながります。

食事の後にフルーツを食べると、消化するのに時間がかかり長時間、胃の中にとどまることになります。

それは、果物のアルカリ性で消化力を低下させ、消化不良を起こすのです。

消化されない食べ物は悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させてしまいます。

腸内環境が悪化すれば活性酸素が増えてしまいます。

また、酸味の強いイチゴとバナナを一緒に食べると消化しにくく、胃腸に負担をかけるので避けた方がいいでしょう。

フルーツを食べるなら、胃の中に何も入っていない朝がオススメです。

朝食にフルーツを摂ることで、栄養素が吸収されやすく、フルーツの酵素が体内の毒度を排泄してくれます。

納豆などの発酵食品も抗酸化作用が高いです

抗酸化作用があるのはフルーツや野菜ばかりではありません。

納豆や漬物、キムチ、しょうゆ、ヨーグルト、麹などの醗酵食品には抗酸化作用があると言われています。

発酵食品は保存がきくものです。
そのため、酸化されにくいという性質を持っているのです。

発酵食品の一つである麹から作られる甘酒は、ブドウ糖や必須アミノ酸、ビタミンB群といった成分が豊富で美容と健康にもいい効果をもたらします。

ヨーグルトは整腸作用がある食べ物です。

腸内環境が悪くなると活性酸素が増えてしまいますので、ヨーグルトで腸内環境を整えることもオススメの方法です。

体内の酸化を防ぐには抗酸化が必要です

抗酸化作用のあるものを取り入れる
活性酸素はもともと体内で作られるもので、体を維持していくには必要なものです。

活性酸素の酸化力は殺菌作用もあるもの。
増え過ぎなければ体にいい影響を与えるものなのです。

しかし、さまざまな要因で増えてしまう活性酸素を防ぐには、抗酸化作用のあるものを体に取り入れることが大事です。

もともと体内には抗酸化酵素があるのですが、年齢とともに減少してしまうものです。

それを補うには抗酸化作用のある成分を取り入れることが必要なのです。

効果的に抗酸化作用のある成分を取り入れることが大切です

抗酸化作用のある成分にはいろいろありますが、摂り方によっては効果がなかったり、かえって活性酸素を増やしてしまったりすることもあります。

それぞれの性質を把握し、正しい方法で摂取するようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

ウォーターサーバーの水素水がアルミパウチよりもお得な3つの理由
水素水をウォーターサーバーに変えてよかった。流通経路で水素が抜けてしまう心配がない。できたての高濃度水素水が飲める。1杯あたりの価格が13円とお得。トーエルの水素水キットは分子状水素を含んだ高濃度水素水を生成できます。 ウォーターサーバーで3.4ppmの高濃度水素水が飲める事をご存知ですか? 水素水はアルミパウチ容器が有名ですが、なぜウォーターサーバーがお得なのか3つのポイントに分けてご紹介します。
独自技術で開発した水素水キットで高濃度水素水を今すぐ利用しよう
最高品質のピュアウォーターで話題の水素水を!水素水で若々しく健康に トーエルの水素水について詳しくはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る