ウォーターサーバーの機器・ボトルのサイズについて

サイズの違いが分かると不便を感じることがなくなる

ウォーターサーバーのサイズは2種類から選べる
設置したウォーターサーバーの大きさに不便を感じた経験はありませんか?
ご自身のご家庭に合った適切なサイズのウォーターサーバーを選ぶと、実際に使い始めてから「こんなはずじゃなかった」と感じることがなくなります。

通常、ウォーターサーバーのサイズは2種類ありますが、利便性を損ねないよう、ご家庭の事情に合わせた大きさのものを選ぶべきです。
ボトル・機器のサイズ共に十分に検討しましょう。

ウォーターサーバーのサイズが悪いと

ウォーターサーバーのサイズは1種類ではありません。

大きく分けると、ウォーターサーバーのサイズは「卓上型」「床置き型」という種類があります。

ご家庭の状況に合わずに不便を感じたり事故が起きたりする理由は、それぞれのサイズにメリット・デメリットが存在するからです。

一般的なウォーターサーバーのイメージは、サイズが大きめの床置き型という方も少なくありませんが、実際には半分程度の大きさのタイプもあります。

ウォーターサーバーの機器・ボトルのサイズ

ここまでは、ウォーターサーバーには「卓上型」と「床置き型」の二つがあるというお話をさせていただきました。

ここからは、それぞれのメリットを解説していきます。

卓上型ウォーターサーバーのメリット

卓上型ウォーターサーバーが適しているご家庭は、「住居が狭くて悩んでいる」「掃除を頻繁にする」「あまり動きたくない」といった方におすすめです。

それぞれの方にとって、役立つと感じる理由を見てみましょう。

住居内のスペースを取らない

卓上型ウォーターサーバーは、サーバー本体のサイズが小さめであることから、住居が狭いご家庭でも利用しやすいです。

例えば、ワンルームマンション・アパートやリビングの面積が狭いご家庭で活用できます。
サイズは、高さ50~70cm(ボトル別)×奥行き30cm×横30cm程度の卓上型ウォーターサーバーも多いので、ご家庭内のスペースを取る心配はありません。

また、カウンターに設置して、インテリアのように使うのも実用的で便利です。

掃除やメンテナンスの際もラクラク

軽量かつコンパクトであることから、持ち運びがしやすいという点も卓上型ウォーターサーバーの強みです。
力が弱い女性や高齢者の方でも運びやすく、日々の掃除やインテリアの模様替えをするときに動かすことも難しくありません。

独り暮らしの方でも、設置後に困る心配はないと考えられます。

座ったまま使えるから便利

卓上型ウォーターサーバーの場合、自室の机の上に置くという活用方法もあります。

机の上に置いておけば、勉強中の方やパソコンを頻繁に利用する方などでも、座ったまま飲み物が飲めるのです。

ただし、卓上型ウォーターサーバーの場合、テーブルや棚の端に置いた場合のリスクも考えられます。
テーブルの端に設置した場合、地震などの災害時に転倒する恐れも否めません。

他にも小さな子どもやペットがぶつかって倒してしまう可能性もあります。

卓上型ウォーターサーバーを設置する際は、設置個所をテーブルの中央にするなどの工夫をしておくとよいでしょう。

床置き型ウォーターサーバーのメリット

高さがあるから衛生面で安心

床置き型のウォーターサーバーは、衛生面で安心できるという意見が見受けられます。

100cm以上の高さがあることから、ホコリが溜まったり小さな子どもが触れたりする心配はありません。

重さがあるから災害時にも転倒しない

十分な重量があることから、床置き型ウォーターサーバーは転倒するリスクも少ないです。

さらに、設置する場所を固定することで事故を防止できるので、地震や台風といった災害が不安な方や、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心して活用できます。

オフィスや多人数が利用するスペースでも使いやすい

オフィスや多人数が集まる場所では、大型のウォーターサーバーを特定スペースに設置することで、共有資産という認識が持ちやすくなります。

高さがあるウォーターサーバーのほうが一般的という印象をお持ちの方もいるので、来客対応が多いご家庭でも使いやすいです。

床置き型ウォーターサーバーの場合、サイズが大きいので場所を取ってしまうことは否めません。
ある程度部屋のスペースを奪ってしまうので、一定の広さがあるご家庭で導入したほうがよいでしょう。

ボトルサイズも選べる

ウォーターサーバーにセットするボトルのサイズについても、選ぶことができるケースが多いです。
各ご家庭によってお水の消費量は違うはずです。

家族の人数が多く、よりお水が大量に消費されるご家庭については大きめのサイズ、1~2人暮らしのご家庭の場合は小さめのサイズなど、自分の家庭に合ったものを選びましょう。

サイズ選びが適切でないと、消費しきれないお水がいつまでも家に置きっぱなしになり、スペースをとってしまいます。
そのボトルがどの程度のサイズで、消費までにどのくらいかかるのかを良く考えるようにしてください。

サイズ違いはトラブルの原因

ガロンボトル
ウォーターサーバーには卓上型・床置き型といったサイズがありますが、大きさ以外にほとんど違いはありません。

しかし、床置き型を選んだことで部屋のスペースの大部分を占有されてしまったり、反対に卓上型を選んだことで事故になってしまったりと、さまざまな問題点が生じると考えられます。

自宅に設置する前に、サイズによって起こりうるトラブルやメリットを理解することで、実際に契約したあとに困らずに済むのです。

家庭の状況に合ったウォーターサーバーの機器・ボトルサイズ

ウォーターサーバーは、ご家庭の状況に応じたタイプを選ぶのがベストです。
住居の広さに余裕があって衛生面を重視したいご家庭は床置き型、狭いスペースを有効活用したい方は卓上型がおすすめです。

また、家族の人数によってボトルサイズも選ぶことができるようになっています。
メリット・デメリットを十分に理解し、適切なサイズを選ぶとよいでしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る