コストが安いウォーターサーバーとは?

安いウォーターサーバーはトータルのコストを比較

トータルコストを計算して安いウォーターサーバーを選ぶ
ウォーターサーバーを取り扱う会社は非常に多く、どの会社のものを選べばよいのか迷ってしまいがちです。

その中でも、やはりコストができるだけ安いものというのも、選ぶ際の条件でしょう。

しかし、これらの中でより安いものを選ぶのは一筋縄ではいきません。
ウォーターサーバーにかかるコストの種類にはいくつかあり、そのトータルを計算して比較する必要があるためです。

どこか1つのコストを比較して安いものを選択しても、その他の部分で割高になってしまっては意味がありません。
さまざまな面のコストを比較することが大切なのです。

それぞれにかかるコストがある

例えば、ウォーターサーバーのレンタル料金だけを取ると一番安いものはレンタル料無料としているところです。

これだけを見れば非常に安い印象を持ちますが、これにお水の料金や年間のメンテナンス料などを合わせると、実は一番安いわけではなかったというケースも多くあります。

それぞれにかかる料金設定には各社いろいろあり、その設定にもばらつきがあるため、1ヵ所を見ただけでは判断がつけられないわけです。

より安いウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーにかかる料金がより安いものを選ぶために、比較検討すべき点がいろいろあります。

目先の料金の安さに気を取られていると、最終的には思わぬ高コストがかかってしまうこともあるため、慎重に比較しましょう。

ウォーターサーバーにかかるコスト

ウォーターサーバーを導入したときに、かかるコストには以下のようなものがあります。

レンタル料

これは、ウォーターサーバーをレンタルするための料金ですが、ここにかかる料金は無料としているところも多くあります。

そのため、毎月レンタル料を徴収しているだけでも割高に感じてしまう場合もあるのです。
逆に言えば、レンタル料金が無料であればそれだけで安いと感じることができるとも言えます。

ただし、会社にもよりますが、お水の料金やメンテナンス費などにその料金が上乗せされているというシステムを採っているところもあるため、この料金だけでは一概に安いと言いきれません。

お水の料金

各社で取り扱っているお水の種類が異なることもあり、お水を購入する料金に関してもばらつきが見られます。

また、前述のとおり、レンタル料を無料にする分お水の料金に若干上乗せをした料金設定になっていることも多いですから、単純にお水だけの料金ではないと考えてもよいでしょう。

お水の種類に関しても、好みで選んだり用途で選んだりすることもあるでしょうから、必ずしも一番安いお水を選ぶということも少ないかもしれません。

ここでも、単純にお水が安いからと言ってすぐに選んでしまってはもったいないと言えます。

メンテナンス料

これに関しても、徴収している会社とそうでない会社に分かれます。
徴収しているところは年間数千円くらいという設定となっていることが多くあります。

その他のところは無料となっていますが、会社がメンテナンスを実際に行ってくれる場合と、メンテナンスが不要としてセルフメンテナンスのみを行えばよいということから無料としている場合とがあります。

これは、会社ごとに提供しているウォーターサーバーの種類によると考えてもよいでしょう。
メンテナンス自体の有無に関しては、よく確認しておくことをおすすめします。

電気代

ウォーターサーバーは電化製品ですから、毎月かかる電気代も考慮に入れておく必要があります。

とはいえ、各社のウォーターサーバーにかかる電気代はおよそ800~1000円前後が平均となっており、大きな違いは出ません。

ウォーターサーバーの仕組み自体に大きな差がなければ、そう電気代が違ってくることもないのです。

ただし、トータルのコストが100円でも惜しいと考えるなら、電気代も十分に考慮に入れる価値はあります。

価格設定は各社それぞれ

上記のように、ウォーターサーバー導入で考えるべきコストにはいくつかあります。
それぞれの料金設定は本当に会社によってまちまちであり、ある一角だけを比較してもあまり意味のない結果になってしまうのです。

レンタル料1つ取ってもそうですし、お水の料金も場合によっては安いものと高いもので1000円近く差が出ることもあります。

さらに、メンテナンス料金を徴収するところは年間数千円かかるところもあれば無料のところもあるなど、各社でそれぞれの料金設定が各々違っているのです。
つまり、どの会社がトータルで一番安いかということはよく調べてみないとわかりにくいとも言えます。

合計のコストで比較するべし

そのように料金設定がまちまちの中でもより安いウォーターサーバーを選ぶなら、これらのトータルのコストを計算し、そこから比較してみるべきです。

各社の資料などを取り寄せて計算してみてもよいですし、インターネットでは料金比較サイトなどもありますから、参考にしてみるのもよいでしょう。

かかるコストのすべてを計算して、その合計で安いか高いかを判断する必要があるということです。

会社によって設定がばらばら

ウォーターサーバーは会社によってコストやお水の種類が様々
ウォーターサーバーを取り扱う会社ごとに、かかるコストの設定はばらばらです。
一概にどこがお得という断言はしがたく、また選ぶウォーターサーバーの機器やお水の種類によって、コストと自分の希望とを見合わせ割安か否かも判断するべきところでしょう。

ただ単に安いだけではなく、機器やお水の種類に機能性や好みなどを反映させるとしたら、ただ安いだけでは不十分になることもあります。

これだけ料金設定に各社ばらつきがあるわけですから、とりあえず機器の機能やお水の種類といった要素で数社に絞って、それからトータルの料金を比較すると決めやすくなるかもしれません。

自分に合ったものを選ぶ

ウォーターサーバーを選ぶときに、一番安いものを選ぶのにはトータルのコストを計算して比較することが必要です。

しかし、単に安いものを選んでしまって、システムが自分に合っていないものだと意味がなくなってしまいます。

経済的に無理のないものを前提にしながら、自分に合ったウォーターサーバーを選ぶのが一番です。

関連記事

ページ上部へ戻る