ウォーターサーバーの契約期間ってどうやって決まる?

契約期間はできる限り短いものを選ぶのが基本です

ウォーターサーバーを選ぶ時の契約期間についてのポイント
ウォーターサーバーを導入する際には、契約期間が短いものを優先的に選択するのが賢い方法です。

ウォーターサーバーを販売する会社は、それぞれ契約期間を定めていますが、その期間はマチマチ。

場合によっては1年以上利用しないと違約金が発生するケースもあります。
万が一導入してみたもののあまり使わなかったといった理由で解約しようとしても、なかなか解約ができない、というトラブルに見舞われてしまうかもしれません。

契約期間内にボトルノルマがあるようなウォーターサーバーは選ばないほうがお得

ウォーターサーバーの契約をするうえで、契約期間について気をつけたいのは、ボトルノルマです。

実は、契約期間が長いレンタルサーバーに特徴的なのがサーバーのレンタル料は無料でも毎月決まった本数のボトルを注文することを強制するボトルノルマ制があること。

そのため、契約期間以上にコストがかかってしまうこともあるため、レンタル料が割高になってしまう可能性があるのです。

ウォーターサーバーに契約期間は短いほうがよい3つの理由

上で説明したとおり、ウォーターサーバーでは契約する際にボトルノルマがあるなど、契約期間と併せて注意しておきたい事項がいくつかあります。

ここでは、どうして契約期間が決まっているのか3つの理由とともにどのようなウォーターサーバーを選ぶべきかについて紹介しますので、参考にしてみてください。

ボトルノルマは大きな負担に!適量を注文できるような環境を選ぼう

ボトルノルマとは、上でも説明したとおり、定められて期間内で契約した本数のボトルが自動で注文されるシステムのことです。

ノルマというと、お得感のないようにも感じますが、「注文しなくとも、毎月新しいボトルを宅配してくれる」「ボトルの回収なども併せて頼める」という点でメリットのある方式。

必ずしも契約者様が不利になるような内容ではありませんが、ご家庭ごとに水の使用量や、用途は異なりますので、レンタルサーバーの提示するプランが最適なのかの判断は確実に行うようにしましょう。

その点、ボトルノルマのないようなレンタルサーバーであれば、ウォーターサーバーを始めて契約するような方でも安心です。
毎月、必要な量を確実に注文できるので、水を余らしたり無理に使用したりすることなく、普段の生活の中に自然と取り入れることができるでしょう。

レンタルサーバーはメンテナンスが大切

ウォーターサーバーは、電化製品である上に飲料水を貯めこんでおくためのもの。
いくら、安心・安全なお水を注文しても、それを出すためのサーバーが汚れてしまった状態では意味がありません。

そこで、サーバーの洗浄は、内部構造まできちんと分解をしたうえで専門的な設備を用いて、清潔な状態にしたいと考える方も多いはずです。

しかし、サーバーをレンタルする会社によってはメンテナンスについて「期間内なら何度でも無料で対応」といっているものの、メンテナンスをお願いしても上記のような細かい部分までを手を入れずにその場でできる清掃を行うようなケースも少なくないようです。

レンタルサーバーの契約を交わす際には、この点にも注意したうえで、一定期間でサーバーを丸ごと好感してくれるような会社のほうが安心感があるといえます。

長期で使用すればするほど契約期間は短いほうがお得

料金を追求するつもりが高くなってしまっては元も子もありませんので、契約時には「どの費用」が「どれくらい」毎月かかるのかについてチェックしておきましょう。

ボトルノルマ制も含めて、契約期間にどれくらいの費用が発生するのかについては要注意です。

一般的に、長い契約ほど料金が安くなるようなイメージがつきますが、実際には支払う料金がかさんでしまうこともあります。
たとえば、ボトルの回収料金や別途費用としてメンテナンス費用が請求されるようなケースです。

ウォーターサーバーは、各社で契約の内容や費用の発生する場所が異なります。
そのため、今まで、使っていたサーバーとは違うものに乗り換えを考える際には、要注意。
契約時に細かい金額計算をしておかなければ、思わぬところで高くついてかもしれません。

そのため、そういったトラブルを避けるために、契約期間には気をつけておきましょう。

自身にあった契約期間のサーバー選びが大切

自分に合ったウォーターサーバーを選びましょう
ウォーターサーバーで契約期間が定められている原因には、携帯電話会社の契約と同じ原理が働いているといえます。

毎月、ボトルの料金を支払ってもらったり、メンテナンス費用を定期的に必要とするために会社側にとっても都合がよいシステムといえる面があるでしょう。

もちろん、利用者側にとっても便利な契約となる面もありますので、一概には言えませんが一度契約してしまえば、容易には解約できないということは覚えておきましょう。

契約期間は会社ごとに違う!内容をきちんと確かめよう

ウォーターサーバーを販売している会社は、それぞれ売っているお水の特徴も異なるように、契約内容にもそれぞれの違いがあります。

もし、導入した後にどれくらいの量のお水が必要かわからない場合には、ボトルノルマがなく、契約期間の短いプランを用意している会社を選ぶとトラブルを防げるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る