雑菌が入りにくいウォーターサーバーの選び方とは?

衛生面に配慮したウォーターサーバーを選ぼう

衛生面を考慮したウォーターサーバーカビや酵母などの雑菌やレジオネラ菌やノロウィルスなど、健康に大きな被害を与える菌が繁殖する場合もあります。

雑菌が繁殖しているウォーターサーバーの水を飲むのは、健康によくありません。
さまざまな疾患やアレルギーなどの原因ともなります。

特に赤ちゃんがいる家庭は注意が必要です。
赤ちゃんは少しの菌でも、体調に影響してしまうからです。

そうならないためには、メンテナンスを定期的に行ってくれるウォーターサーバーを選ぶことが必要です。

安全性ならプロのメンテナンス

メンテナンスを定期的にしてくれるウォーターサーバーならば、赤ちゃんのいる家庭でも安心して使用することができます。

ウォーターサーバーのメンテナンスを自分ですることもできなくはないですが、どうしても専門的な分野となってしまうため、限界があります。

やはり、安全性をとるならばプロが手をかけてメンテナンスを施してくれるものを選ぶべきだといえるでしょう。

安心してお水やお湯が飲めるウォーターサーバーとは?

おいしくていつでも冷たいお水やお湯を使える便利なウォーターサーバーですが、構造的な面やボトルの交換が必要なため、雑菌が繁殖しやすい環境にあります。

ウォーターサーバーの水は水道水よりも雑菌が多いとまで言われています。

しかし、雑菌が多いウォーターサーバーの水を飲んでいては、体にも肌にも悪い影響が出るばかりです。
雑菌の繁殖を抑えるウォーターサーバーを選ぶことで、安心しておいしいお水やお湯を使うことができるでしょう。

安心して使えるウォーターサーバーとは、どういったものなのでしょうか?

ウォーターサーバーの内部は専門家でないと掃除ができない?

ウォーターサーバーは同じ場所にずっと設置してあるものです。
そのため、時間が経てばホコリや汚れが付着します。

外側の汚れや受け皿などの掃除はできますが、サーバー本体の内部の掃除は専門家でないとできません。
サーバーの内部は分解し、故障や不具合がないかどうかを点検し、雑菌や汚れなどの掃除をしなければ、雑菌が繁殖するだけです。

ウォーターサーバーのメンテナンスはそういった雑菌を失くすためにも必要なことです。
定期的にウォーターサーバーのメンテナンスをしてくれる業者を選ぶことが必要です。

雑菌が入りにくい構造になっているものを選ぶ

ウォーターサーバーは、ボトルを交換する際に、空気の中の雑菌が入りやすくなると言われています。
それを防ぐことができれば、雑菌の心配も減るでしょう。

ウォーターサーバーの中には、雑菌が入りにくい構造になっているものもあります。
中には80℃以上のお湯をサーバー内で循環させ、雑菌を死滅させてクリーンな状態を保つといた機能を搭載しているウォーターサーバーがあります。

しかし、ミネラル分が固着しやり、蛇口から雑菌が入ることは防ぐことができないといった改善点もあり、安心とは言い切れません。

また、ガロンタイプのボトルは水を使う度にコックから空気が逆流する構造になっているので、雑菌が繁殖しやすい危険性があります。

一方でワンウェイタイプのボトルは、水が減っていくたびにボトルがつぶれていくので、ボトル内に空気が入らないようになっています。
そのため、雑菌の繁殖を防ぐことができるのです。

ミネラル成分が多いと雑菌が繁殖しやすい?

雑菌はミネラル成分をエサとして繁殖すると言われています。
そのためミネラル成分が多いウォータサーバーは、タンクやチューブなどに不純物が溜まりやすく、雑菌が増えるというデメリットがあります。

ミネラル成分を多く含む水を使用している場合は、殺菌方法や雑菌に対する対応をどうしているか、という点を確認することが必要です。

できるだけ、こまめにメンテナンスをしてくれる、定期的な検査をしてくれる、といったサービスがある方が安心です。

できる限り雑菌を取り除いたウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーは殺菌を取り除いたものを選ぶ
雑菌を繁殖させないことも大切ですが、最初から雑菌をできるだけ取り除いたウォーターサーバーを選ぶことが重要です。

ウォーターサーバーのろ過方法はいろいろです。
ウォーターサーバーの中には、有害な不純物を取り除くことができないものもあります。

その点ピュアウォーターはROろ過という方法を採用していますので、不純物を完全に取り除くことができます。
有害な物質を取り除いているので、安心して飲むことができます。

雑菌を繁殖させないウォーターサーバーとは?

雑菌を繁殖させず、安心して使用できるウォーターサーバーは、雑菌が入らない構造になっていること、ろ過方法がしっかりしていて、不純物をできるだけ取り除いていること、またメンテナンスをしっかりしていること、といった点に注意して選ぶといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る