定額はお得?コストでのウォーターサーバーの選び方

ポイントはお水の価格とレンタル料金

ウォーターサーバーをコストで比較
ウォーターサーバーを利用する際には、主にサーバーレンタル料、水の代金、メンテナンス料、宅配料金、電気代などがあります。

そこでポイントとなるのがお水の費用でしょう。
お水は使った分だけ支払うという方法と、定額でいくら使っても料金が変わらないという方法があります。

お水をたくさん使う家族は定額の方がお得になります。

レンタル料や宅配料は無料、など業者によって違いがありますが、すべてを合わせてどれくらいの費用になるのかを計算することが大事です。

定額でもすべての家族がお得とは限らない?

決まった金額を支払っていれば、ウォーターサーバーのお水をいくら使っても金額が変わらないというのは定額のメリットです。

しかし、家族が少なく、1ヵ月の水の使用量がそれほど多くない、という家族にとっては定額料金よりも使った分だけ、の方がお得になることもあります。

1ヵ月にどれくらいのお水の量を使用するのか、確認してから選ぶといいでしょう。

定額が得かどうかも踏まえウォーターサーバーの費用はいくらか?

ウォーターサーバーの魅力はすぐに冷たいお水やお湯を、手軽に使えることです。
重いペットボトルをお店から家まで運ばずにすむのもメリットです。

しかし便利な分だけ心配なのがコストでしょう。

ウォーターサーバーを利用する際には、レンタル用や宅配料がかかります。
電気代もかかります。

また、お水の代金がどれくらいになるのか、といったことも不安でしょう。

ウォーターサーバーをコストから見て選ぶ際には、どういった点をチェックしたらいいのかについて解説しましょう。

ウォーターサーバーにかかるコスト

ウォーターサーバーを利用する際には、通常、次のようなコストがかかります。

月々の水の料金

お水の代金は業者によってさまざまです。

お水の種類やろ過方法などによってお水の費用が変わることもあります。

また、使った分だけ支払うという方法のほか、定額制を採用している業者もあります。

サーバーのレンタル料

業者の中にはレンタル料を無料としているケースがあります。

その際には、水の料金が高くなっていないかなど確認するようにしましょう。

サーバーの電気代

冷水と温水を出すウォーターサーバーは電気代がかかります。
月々1,000~1,500円程度と言われています。

中には省エネタイプのサーバーもあり、電気代を節約できるものがあります。

サーバーのメンテナンス料

サーバーの内部などは個人でメンテナンスをすることが難しく、常に清潔に保つためにもメンテナンスは必要です。

メンテナンス料はレンタル料に含まれていることもあり、またその都度支払うケースもあります。

定額で支払うウォーターサーバー

ウォーターサーバーを選ぶにあたり、大きく異なるのはお水の費用とレンタル料です。

先にも述べましたが、レンタル料が無料となっているケースもありますが、その場合お水の費用が高くなっていることもあります。

お水の支払い方法は使った分だけ支払う方法と定額で支払う方法があります。

ウォーターサーバーは手軽にお水やお湯を出すことができ、すぐに冷たいお水を飲んだり、コーヒーなどを淹れるためにお湯を出したり、またはお米を研いだりする際につかったりと、さまざまな用途があります。
気が付けばたくさん使っていたということも少なくありません。

そのため、ペットボトルで使っていた時ときもお水の使用量が増え、水代が高くなってしまう、ということも考えられます。

そのような場合に便利でお得なのが定額です。
定額であれば決まった金額を支払っておけば、いくらお水を頼んでもその金額以上は支払わずにすむのです。

たくさんのお水を使う場合は定額がお得でしょう。

ウォーターサーバーの定額を検討する際に注意したい点

ウォーターサーバーのお水の料金形態はよく検討したい点です。

定額はたくさん使う家族にとっては非常にメリットの大きなものですが、それほど使わない家族や一人暮らしにとっては、損になってしまう場合もあります。

使わないお水は溜まっていけば、保管場所も必要になりますし、衛生面においても心配になります。

その場合は、使う分だけを支払った方がお得になります。
その際には、1本のお水の費用がいくらかが重要になるので、よく確認することが必要です。

ウォーターサーバーのメンテナンス料金

ウォーターサーバーのメンテナンス料
ウォーターサーバーのコストの中にメンテナンス料金があります。

中には無料というものがありますが、その際には無料でメンテナンスをしてくれるのか、それともメンテナンスをしてくれないのか、を確認しましょう。

ウォーターサーバーはお水を使うもので、電気製品ですから消耗することもありますし、衛雑菌や水垢などの問題もあります。
メンテナンスをしてもらわないと、衛生面において危険性があります。

メンテナンスが無料という場合はどの程度のメンテナンスをどのくらいの頻度で行ってくれるのか、を確認しましょう。

定額は本当にお得?ウォーターサーバーのコストを検討する

ウォーターサーバーを利用する際には、主に、水の費用、サーバーのレンタル料、サーバーの電気代、メンテナンス料などがかかります。
その中で多く違うのが、お水の費用とレンタル料です。

お水をたくさん使う家族は、いくら使っても料金が変わらない定額がお得ですが、使用量が少ない場合は、1本のお水の費用が安い方がお得になります。

またレンタル料が無料という場合は、お水の費用に含まれているケースもあるので、お水の費用がいくらになっているかを確認しましょう。

ウォーターサーバーのコストは、すべて合計してどの程度かかるのかを確認して比較することが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る