薄型のウォーターサーバーのメリットとは?

スペースに悩まずにすむコンパクトなウォーターサーバー

コンパクトなウォーターサーバー
ウォーターサーバーを置くスペースに悩んでしまい、なかなか利用に踏み切れないというケースもあるでしょう。

しかし、近年では薄型やコンパクトなタイプのウォーターサーバーも出ています。
コンパクトなものであれば、置き場所に困ることもなく、部屋もスッキリです。

デザインもオシャレなタイプのものも多く、部屋に置いても邪魔にならず、インテリアになるのもウォーターサーバーのメリットです。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、どこに設置するのか、設置した後邪魔にならないか、といったことを確認して選ぶことも大切です。

奥行がない薄型のウォーターサーバーはオシャレ

ウォーターサーバーを置くスペースがたっぷりあればいいのですが、ギリギリだったり、設置した際にサーバーが他の家具よりも目立ってしまったりすると、邪魔になりますし、見た目もよくありません。

そこで薄型と言われるサイズのウォーターサーバーを選ぶことで、サーバーだけ部屋の中で目立つ、ということもなく、ぶつかったりすることもなくなります。

快適に利用するには薄型で邪魔にならないウォーターサーバーを

ウォーターサーバーはすぐに冷たいお水やお湯を使用することができる便利なものです。

しかし、部屋の中でスペースを取っては邪魔になってしまうことがあります。
サイズが大きいと、部屋が狭くなり、そこを通る際にもぶつかったりして不快な思いをしなければなりません。

そこでオススメなのが、薄型であったり、サイズが小さかったりするコンパクトなウォーターサーバーです。

薄型のウォーターサーバーは部屋にぴったり収まる

部屋に家具を置く際に気を付けたいのは、奥行きです。
奥行があるほど部屋の中に存在感が出て、邪魔になることが多いです。

インテリアとしても似合わない、大きくて歩くときにもぶつかったりして危険、といったデメリットがあると、ウォーターサーバーを置くのも考えてしまうものです。

そんなデメリットを解消してくれるのが、薄型のウォーターサーバーです。
薄型と言われるのは、奥行きが300ミリメートル程度です。

この程度であれば、壁からでっぱることもなく、スッキリと部屋に収まるでしょう。

薄型だけではないコンパクトなウォーターサーバー

ウォーターサーバーの設置場所に悩んでいる場合、卓上サイズのウォーターサーバーもあります。

卓上サイズは通常のウォーターサーバーの半分の高さです。
キッチンや机の上に置けるので、場所を取りません。

部屋に置くスペースがなければ、検討してみてもいいでしょう。

卓上サイズのウォーターサーバーは、置き場所に困らないだけでなく、移動することもできるので、便利です。
ボトルも小さくて軽いのも、特に女性にとっては楽です。

コンパクトで部屋のインテリアとしてもオシャレな雰囲気があるのも、卓上ウォーターサーバーのメリットです。

薄型のウォーターサーバーでもスペースの確保は大事?

薄型のウォーターサーバーでも、家具とくっつけて置いたり、壁にピッタリとつけたりして設置するのはよくありません。

振動で音がうるさく聞こえたり、放熱できずに電気代が高くなったりすることがあるので、壁からは10cmほど離して設置するようにしましょう。

また、卓上型はテーブルの上に置くことができるのはメリットなのですが、子どもが触ったりして、転倒させたり、落下したりする危険性も否めません。
落下の危険性のない場所を選んで置くことが必要です。

さらに、蛇口の部分が子どもでも手の届く位置にあるため、チャイルドロックなどの機能を確認し、子どもが触っても熱湯で火傷をしないように注意することが必要です。

簡単に触れるため、衛生面においても配慮するようにした方がいいでしょう。

横幅が薄型のウォーターサーバーはキッチンにオススメ

薄型ウォーターサーバーはキッチンにお薦め
奥行だけではなく、横幅が薄型のウォーターサーバーであれば、設置場所の選択肢も広がります。
リビングなどに設置するケースも多いようですが、キッチンに設置するのも便利です。

キッチンに設置すれば、料理をする際に使うのに便利です。

ミルク作りなどに利用する場合もキッチンにウォーターサーバーがあれば、便利でしょう。
リビングなどに置きたくない場合もキッチンであれば、違和感なく設置することができます。

薄型であれば、冷蔵庫や食器棚の間のスペースに設置することが可能になります。

設置スペースを気にしない薄型のウォーターサーバー

ウォーターサーバーを設置する際にネックとなることも多いスペースの問題を、奥行きや横幅が薄型であることで、解消することが可能です。

薄型や卓上サイズのウォーターサーバーであれば、インテリアとして置くこともでき、邪魔になることがなく、インテリアとして置くことができます。

キッチンなどに置くことで料理やミルク作りなどもしやすくなりますが、薄型のウォーターサーバーであればスペースを作りやすく、違和感なく設置することができます。

関連記事

ページ上部へ戻る