美容と健康にオススメ!ウォーターサーバーの必要性

ウォーターサーバーのメリットを高める

ウォーターサーバーのメリット
ウォーターサーバーを利用することで得られるメリットには、いつでも新鮮で安全な水を利用することができるという点があります。

さらに、重い水を買いに行く手間も省けますし、お湯もすぐに使うことができます。
ポットを使ったり、やかんでお湯を作ったりせずにすむので、電気代やガス代の節約にもなります。

地震や停電の時など水道が使えない時にも水を使うことができるのも、メリットです。

ウォーターサーバーの必要性は高いと考えられますが、そのメリットを高めるには、新鮮な水を提供しているウォーターサーバーや、水の種類にも注意して選ぶことが必要です。

ミネラル成分が多い水の方が健康的?

ウォーターサーバーにはミネラル成分が多く含まれている、またはバランスよく含まれているという点をメリットとしているものも多いです。

確かに人間の体を健康にしたり、美しい肌を作ったりするにはミネラル成分は大切なものです。

しかし、あまりミネラル成分が多いとお腹を壊したり、赤ちゃんの健康を損ねたりしてしまうことがあります。

衛生面や健康面におけるウォーターサーバーの必要性

ウォーターサーバーを利用しなくても生活をしていくことができます。
水道水を使っているケースもあれば、ペットボトルのお水を飲んでいるケースも多いでしょう。

その中で、ウォーターサーバーを使う人も増えています。
ウォーターサーバーを使うことで、衛生面や健康面においてメリットも多いと考える人も増えているからです。

ウォーターサーバーを使うことで得られるメリットについて解説していきましょう。

健康面におけるウォーターサーバーの必要性

お水を飲むことは、健康にとっても美容やダイエットにとってもいい影響を与えると言われています。

それは、人間の体は成人で約60~65%が水分で構成されています。
そのため、水分が不足すると、体温調節ができなくなる、栄養素が体に行き届かなくなる、老廃物が蓄積される、といった悪影響が出てきます。

美容だけではなく、生命を維持するためにも水分は大切なものです。

水分が不足すると脱水症状や熱中症になったり、血液がドロドロになったりします。
便秘にもなりやすく、肌荒れも引き起こします。

そのような状態を失くすには、適度な水分補給が大切です。

ウォーターサーバーがあれば、手軽にいつでも新鮮でおいしいお水を飲むことができます。
面倒な思いをせずに、お水を飲むことができるのでお水を飲む習慣がつきやすく、健康面においてもメリットとなると言えるでしょう。

ウォーターサーバーの衛生面における必要性

水分補給は健康や美容にとっても大切なことです。

それなら水道水でもいいのではないかと考える人もいるでしょう。
しかし、水道水を常に飲むことに抵抗を感じる人も少なくありません。

そこで注意したいのは、水道水には雑菌が多く衛生面において危険でミネラルウォーターであれば安心、と思っていることです。

ミネラルウォーターは製造、加工、使用、調理、保存などの方法について、18項目の規準があります。

1.一般細菌
2.大腸菌群
3.カドミウム
4.水銀
5.セレン
6.鉛
7.バリウム
8.ヒ素
9.六価クロム
10.シアン
11.硝酸性窒素
12.フッ素
13.ホウ素
14.亜鉛
15.銅
16.マンガン
17.有機物
18.硫化物

水道水はさらに、アルミニウムや鉄、総トリハロメタン、ベンゼンなど50項目についての基準があります。
ミネラルウォーターよりも水道水の方が基準値が厳しいのです。

つまり、水道水は1日に2リットル飲んでも健康に害はなく、ミネラルウォーターはそこまでは保証されていないということでもあります。

それでもミネラルウォーターが選ばれるのは、味に理由があります。

お水はおいしいものを飲みたいものです。
そこで安全性もある程度基準があり、おいしく飲めるミネラルウォーターは人気があるのです。

衛生面においても安全でおいしいウォーターサーバー

ウォーターサーバーにはさまざまなお水の種類があります。
先に述べたようにミネラルウォーターだからといって、衛生面は全く問題がないとは言い切れないのです。

しかし、水の中にもさらに衛生面に追求した水を提供しているウォーターサーバーがあります。

その一つがROシステムを採用しているウォーターサーバーです。

ROシステムは逆浸透膜システムといって、浸透膜フィルターを通じて水を浄化し、一般の浄水システムでは取り除くことのできない、超微細ダイオキシンや金属、ウイルスなども取り除き、安全な水を作り出します。

衛生面においても安心できるシステムで水を作ることができるウォーターサーバーであれば、安心しておいしい水を飲むことが可能です。

ペットボトルは不衛生?

ペットボトルの衛生面
ウォーターサーバーでなくても、ペットボトルを手元に置いておいたり、携帯したりすることで水分補給ができる、と考えている人もいるでしょう。

しかし、飲みかけを長時間保存していたり、口を付けて飲んだりしたミネラルウォーターには、雑菌が繁殖しやすいのです。

ペットボトルだけではなく、水筒なども同じことなので、注意が必要です。
ペットボトルの水はできるだけ早く飲みきることが必要です。

ウォーターサーバーの選び方によって必要性は高まる

衛生面においても安全で、すぐに水やお湯を利用できるウォーターサーバーは、健康をキープするために大切な水分補給を手軽にできる、という点においてはオススメです。

しかし、ウォーターサーバーの水はすべて安全性が高いものではないことを念頭におき、ROシステムなどを採用している安全性の高いものを選ぶことが大切です。

さらに、含まれている成分を確認し、体質に合ったものを選ぶことで、ウォーターサーバーのメリットが高まるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る