粉ミルク調乳に最適なウォーターサーバーの選び方!

赤ちゃんの粉ミルク調剤に適したウォーターサーバーとは?

赤ちゃんのミルク作りに便利
ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りにも便利なものです。
しかし、選び方に注意しないと赤ちゃんの健康に害が及ぶことがあります。

赤ちゃんの粉ミルク調乳に適しているのは軟水もしくは純水です。
軟水とはミネラル成分が少ないお水のことです。

赤ちゃんのミルク作りには、ミネラル成分が含まれていない純水や国産の天然水がオススメです。

ミルク作りに軟水や純水が適している理由

粉ミルクにはミネラル成分がバランスよく配合されていますので、ミネラルを含むウォーターサーバーのお水を使ってミルクを作ると、ミネラルの過剰摂取になってしまうのです。

ミネラルは健康において重要なものですが、赤ちゃんの内臓は未発達なため、体内に入ったミネラルを分解・吸収できないのです。

そのため、胃腸に負担をかけ、下痢や便秘を引き起こしてしまいます。

ミルク調乳に適したウォーターサーバーの選び方のポイント

一定の温度で常にお湯やお水が出るウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルクを作る際には便利なものです。

夜中などお湯を沸かさなければならないのは手間がかかり、大変です。
そんな時にウォーターサーバーがあれば、簡単にミルクを作ることができます。
赤ちゃんを待たせる時間も短くてすみます。

しかし、ウォーターサーバーのお水は、赤ちゃんには適していないお水があるのです。
選び方に注意をしないと、赤ちゃんの健康に悪影響を与えてしまいます。

ミルク調乳に適しているウォーターサーバーの選び方のポイントについて解説しましょう。

粉ミルク調乳に適しているウォーターサーバーは軟水か純水

ミルク調乳に適しているのは軟水もしくは純水と呼ばれるものです。
水には含まれる硬度によって水と軟水があります。

硬度とは水1リットルの中に溶けているマグネシウムとカルシウムの量を表わした数値のことです。
120mg/l以上を硬水、120mg/l未満のものが軟水です。

軟水にはミネラルが含まれています。
赤ちゃんのミルクに使う軟水は高度100以下のものが望ましいと言われていますので、軟水であっても、どのくらいの数値なのかを確認してから使うようにしましょう。

ミルク調乳にはミネラルが含まれていないものが望ましいので、ミネラル成分を含まない純水(ピュアウォーター)がオススメです。

粉ミルク調乳に軟水や純水のウォーターサーバーがオススメの理由

粉ミルクの調乳にミネラル成分が配合されていない純水(ピュアウォーター)や軟水がオススメなのは、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが、赤ちゃんの健康に害を与える可能性があるからです。

ミネラルは人間の体を維持するには必要な成分です。
赤ちゃんにとっても必要なものですが、そのため粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が配合されているのです。

そこにウォーターサーバーからミネラル成分の含んだお水でミルクを作ってしまうと、ミネラルの過剰摂取になってしまいます。

赤ちゃんがミネラルを過剰摂取してしまうと、それを分解・吸収するために胃腸に負担をかけてしまいます。

その結果、下痢や便秘などを引き起こす危険性があるのです。
さらに、腎臓の機能を低下させてしまうこともあります。

赤ちゃんにより安全な純水とは?

純水は微生物や土や砂などはもちろん、ミネラル成分などいろいろな不純物を取り除いたお水です。

純水の特徴としてROろ過という方法で不純物のない、純粋なお水を作り出します。

ROろ過はろ過をする際に使う膜は1/1000ミクロンという極小のフィルターを使うため、微生物やダイオキシン、ウイルスなどを取り除く高精度のろ過をすることが可能です。

さらにROろ過は放射性物質除去に効果があるとも言われています。

このようにさまざまな不純物を取り除くことができるROろ過でできた純水は、赤ちゃんの健康に害を与えることなく、粉ミルクの調乳にも安心して使うことができると言えるでしょう。

赤ちゃんの粉ミルク調乳をウォーターサーバーで行うメリット

ウォーターサーバーでミルクをつくるメリット
先に述べたように、ウォーターサーバーの純水を使うことで、赤ちゃんの健康に害がなく、衛生面においても安心してお水やお湯を使うことができるのがメリットです。

ウォーターサーバーを使うことで、ミルク作りの手間を省くことができます。
粉ミルクを溶かすには70度以上のお湯が必要です。

ウォーターサーバーのお湯は80~90度なので、そこにお水を入れれば適温まで温度を下げることができます。

ミルクを冷ますのはなかなか手間がかかりますが、ウォーターサーバーのお湯とお水を使うことで、簡単にミルクを作ることが可能になります。

粉ミルク調乳に適したウォーターサーバー

粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分がきちんと含まれています。

その中にはミネラル成分も配合されていますので、粉ミルクで調乳をする際にミネラルが含まれたお水を使ってしまうと、ミネラルの過剰摂取となり赤ちゃんの体に負担をかけてしまうことになります。

粉ミルク調乳に適しているのは、硬度の低い軟水か純水がオススメです。

特に純水はミネラル成分は含まれず、微生物などの不純物もできる限り取り除かれているので、安心して赤ちゃんに飲ませることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る