軟水と硬水の違いはどんなもの?

ミネラル分の違いを生かして軟水と硬水を楽しむ

軟水と硬水を楽しむ
軟水と硬水の違いは、飲んでも分かりますし、食べても分かるものです。

入っているミネラル分によって、味わいや体への影響などが変わるため、生活にうまく活かすことができれば、おいしく健康的に水を楽しむことが出来るでしょう。

軟水には軟水の良さが、硬水には硬水の良さがありますが、体質や病気などによって適さない水もあるので、注意して選ぶことも大切です。

体への大きな影響がないことを優先するのであれば、軟水の方が安心です。
また、乳児やペットなどに使えない水もあります。

軟水と硬水の硬度の違いで体に影響も

軟水と硬水を選ぶ時には、味わいの違いも大切ですが、最も注意をしなければいけないのが体への影響です。
健康面への影響は、ミネラル分によってもたらされます。

特にミネラル分の多く含まれた硬度の高いミネラルウォーターでは、一日に飲む量は少しずつであっても、毎日継続的に摂取するうちに体に影響が蓄積する可能性もあります。

軟水と硬水の違いを知っておいしく安全な水選びを

軟水も硬水も、現在の日本では種類も豊富であり、手軽に手に入ります。

硬度の違う水を飲む影響についてはあまり知らない人であっても、売っている水を「安全でおいしい」と考えて気軽に購入していることは多いものですが、それぞれの体質によって健康に良くない影響を与えることもありますし、味わいが口に合わないこともあります。

手軽に手に入るものですが、一度その違いについて考えて、本当に良いものを選択できる目を養いましょう。

軟水と硬水の味わいの違い

軟水と硬水の違いの大きなもののひとつであり、飲料水を楽しむためには重要なものが「味」です。

水の味はそこに含まれているミネラル分の量によってかなり違います。
口当たりが自分に合うものを選ぶことで、水を飲むのが楽しくなって、体に十分な水分補給を自然に行えるようになります。

水分不足になりやすい人は特においしい水を選んで、こまめに摂取しやすい環境を作ることが大切です。

軟水の味わい

軟水は口当たりの柔らかさが特徴です。
さっぱりとした飲み口で、後味がよく、誰でも飲みやすいと感じられるようです。

超軟水、ピュアウォーターなどの味わいも同様となります。

硬水の味わい

硬水はしっかりとした味わいで、飲んだ手ごたえのようなものを感じるどっしりとした飲み口です。

ミネラル分の含有が高い超硬水では苦味などを感じる人もいます。

軟水と硬水の使い勝手の違い

軟水と硬水では、生活に使う場合にも使い心地や使いやすさに違いがあります。

日本で長く水道水を使ってきた人にとっては、軟水に慣れており、硬水の使い心地に違和感を覚えることもあります。

軟水と生活での使いやすさ

調理では日本食に相性がよく、野菜の煮炊きや出汁の旨みを引き出すのに適しています。

お茶の味わいもまろやかにして風味をよく仕上げます。
生活面では洗剤や石鹸の泡立ちが良く、洗い上がりがさっぱりとします。

肌への浸透が良いことからスキンケアに超軟水やピュアウォーターを利用する人も増えています。

硬水の使いやすさ

調理では洋食に向いており、肉の煮込み料理やパスタなどのおいしさを引き出すことができます。

石鹸の泡立ちは悪く、洗い流すとマグネシウム・イオンと結合した石鹸カスが残りやすくなります。

酒造りでは日本でも硬水を使うことで辛口の酒ができることから多く使われています。

軟水と硬水の体への影響の違い

軟水と硬水では、飲んだ時の味わいや料理での反応なども違っています。
ミネラル分の違いがもたらす違いですが、これは体の中でも影響を起こすことがあります。

合わない水を飲み続けるのは、体に良くないため、変化があるようでしたら、様子をみて水を換える必要もあります。

また、持病によっては使用できない場合もあります。

腎臓病を持っている人は軟水へ

腎臓病を持っている人にとっては硬水のミネラル分は腎臓に負担を与えたり、体に溜まって体調不良を引き起こしたりすることがあります。

そのため、ミネラル分の高い硬水は避けて、軟水や純水を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんやペットには軟水を

やはりミネラル分の代謝に影響するため、硬水は避けます。

赤ちゃんの粉ミルクやペットフードには必要な成分がバランス良く配合されているため、余計な成分を加えることでバランスが崩れる恐れもあります。

便秘には硬水を

ダイエットや便秘に良いと言われているのは、硬水のマグネシウムです。
またカリウムも腸を活発にします。

特に女性のダイエットではミネラル分が不足しがちなので、硬水で効率よく補給しましょう。

軟水と硬水の差は意外と大きいから

軟水硬水の差
普段何気なく買っているミネラルウォーターや天然水のペットボトルや家庭や会社に取り付けられたウォーターサーバーなどで私たちの生活の中に買ったお水が浸透しています。

しかし、その水の成分には私たちの生活や体に影響を与えるものも含まれている場合があり、それをうまく使い分けることで、より美味しく便利に使えるようになります。

軟水と硬水の差は見た目ではわかりませんが、意外と影響は大きいので、注意深く選ぶことが必要です。

ミネラル分の差で使い分けて

軟水と硬水の違いは味や生活の便利さにも関係しており、合わない水を使っていると楽しさも半減してしまいます。

その内容をミネラルの含有量できちんと把握して、より健康的に水分補給ができるお水を選びましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る