ウォーターサーバーの衛生面は2種類の細菌対策で万全!

ウォーターサーバーは細菌をはじめ衛生面の心配なし

ウォーターサーバーは衛生面の心配がない
ウォーターサーバーは、専用の機器に水の入ったタンクやボトルを設置し、そこからいつでもおいしい水を供給できるようにしたものです。

しかし、長期間水を保管しておかなければなりませんし、使用すればするほど空気が中に入るなどして、細菌が繁殖してしまうのではないかと心配にもなります。

そうした衛生面に関してもウォーターサーバーは安心・安全を考えられて作られています。

衛生面に配慮しています

おいしくて安全な水をいつでも利用できるのがウォーターサーバーです。
そのため、最終的に機器の蛇口から出る水が安全でなければ意味がなくなってしまいます。

特に、細菌による影響が心配な赤ちゃんや免疫力が低下している方などには、細菌が繁殖した水を利用するのは心配なものです。

さらに、単純に衛生的に問題がある水は風味が悪くなってしまいます。

そこで、各メーカーでは衛生面についてさまざまな方法で配慮を行っているのです。

ウォーターサーバーの衛生面を守る方法

各メーカーのウォーターサーバーは、水に細菌が繁殖するのを防ぐために様々な方法があります。

こうしたメーカーの努力があって、私たちは安全かつおいしい水をいつでもウォーターサーバーから利用することができるのです。

ボトルのお水に触れる空気を浄化する

水のあるところに細菌が発生してしまうのは、空気に触れることからであるといえます。
空気中に舞っている細菌やカビなどが水の中に入り込んでしまうことで、そこから繁殖してしまうのです。

ウォーターサーバーのタイプによっては、ガロンタイプのボトルを使用しているものがあります。
これは内容量が減ってもボトル自体はそのままの形で残るため、中の水が減れば減るほど空気を多く摂りこむことになってしまうのです。

そこで、水の中周囲を取り巻く空気を浄化し、無菌状態にして水を保管することを可能にしたタイプのウォーターサーバーが数多く登場しています。

そのシステムとは主に以下のようなものとなります。

ボトルの中に入る空気を浄化する

水を供給するたびにボトルの中に入る空気を、浄化フィルターによって無菌化します。

このフィルターには空気清浄機などにも使用されている高性能のものを使用していることが多く、ボトルの中に空気が入ってもその空気が清潔なので、細菌が繁殖する可能性がぐっと減るわけです。

主に「ガロンボトル」を採用しているメーカーの機種に用いられています。

無菌エアーシステム

特許取得済の技術であり、特殊な方法でタンクの中の空気を無菌化するシステムです。

これは、主に「ワンウェイタイプ」のボトルに使われ、真空状態にしたワンウェイボトルが水を供給するたびにへこみ、水自体に空気を触れさせないだけではなく、ボトルを設置しているタンクの中の空気を浄化してより細菌の繁殖を防ぐのです。

お水のボトルタイプは2種類あります

ウォーターサーバーに使用されるボトルには、大きく分けて2種類あります。

それぞれにメリットとデメリットがあり、衛生面についてもそれぞれ条件が異なりますが、それぞれに衛生対策はとられていますので安全です。

ガロンボトルは定期的に引取にくる再利用ボトル

再利用するものであり、定期的に業者が引き取りに来るタイプです。

大きなペットボトルのようなもので、これをウォーターサーバーに設置して使用します。

再利用するため、衛生面に関して心配を持たれがちですが、もちろん回収済みのボトルは業者にて十分にクリーン処理されているため、特に問題はありません。

また、使用済みのものは返却すればOKというところから、家庭でのごみが出ずに処理が楽なのも特徴の1つです。

ワンウェイボトルは使いきり真空ボトル

柔らかい素材で、水を使用して容量が減るごとに圧力によってへこんでいきます。

そのため、水の供給のたびに空気が入ることがないのです。
つまり、ボトルの中は常に真空状態を保つことができるわけです。

1回使い切りタイプであるため、家庭内のごみは増えてしまうのが難点ですが、使用後はつぶせてコンパクトになるため、処分まで場所大幅に取ることもありません。

ウォーターサーバーのメンテナンス

ウォーターサーバーのメンテナンスにおいては、各メーカーで対応が異なる場合がほとんどです。

定期的にメンテナンスを行ってくれるにしても、1年程度のスパンで部品や内部の洗浄などを請け負ってくれることもあれば、2年に1度くらいで機器の交換を行うところもあります。

また、近年では機器の中にセルフクリーン機能がついているものもあります。
このタイプについてはウォーターサーバー自ら機器の中を洗浄するため、メーカーにメンテナンスを依頼する必要がなくなります。

衛生面により気を遣いたいなら自宅でもメンテナンス

より衛生面に気を遣うなら、自宅でも定期的にメンテナンスを行うのがおすすめです。

ボトルと機器のつなぎめ蛇口、また受け皿部分など、水に触れる部分はどうしても細菌が繁殖しがちです。

そういった部分は、先に水気や汚れをふき取った後にアルコールで拭くと殺菌消毒ができます。

特に蛇口受け皿などはこまめに清掃するのがよいでしょう。

手を加えないからこそ大事な衛生面

塩素消毒をしない理由
通常の水道水は、細菌の繁殖を防ぐために塩素による殺菌が行われています。

そのおかげでいつも安全な水が供給されますが、その塩素が味に影響したり、ときに健康を害したりする恐れもあるのです。

ウォーターサーバーで供給されるナチュラルウォーターなどは、口当たりもよく無駄な添加物を用いていないため、もちろん塩素消毒も行っていないものです。

それだけに、余計に衛生面には配慮されるべきであるといえます。

そのため、ウォーターサーバーには塩素消毒なしで細菌の繁殖を抑えるさまざまな工夫がなされているのです。

細菌・衛生面を気にせずおいしくて安全な水をウォーターサーバーで

ウォーターサーバーでおいしい水をいつでも私たちが利用できるように、各メーカーによっていろいろと工夫がなされています。

老若男女問わず、安心して利用できるためには、ウォーターサーバーをいつでも衛生的に保っておくことが望まれます。

関連記事

ページ上部へ戻る