ウォーターサーバーにおけるメリット・デメリット

ウォーターサーバーにもメリット・デメリットがある

ウォーターサーバーのメリット・デメリット
いつでもおいしい水を利用できるウォーターサーバーは、私たちの生活をより快適にしてくれます。

ただし、これを利用するにあたっては必ずしもいい面ばかりではありません。

そこには必ずデメリットも存在するため、自分が利用する際にはメリットとデメリットの両面を見てから利用を決める必要があるでしょう。

メリットはもちろんのことですが、それに付随するデメリットもよく把握しておき、ウォーターサーバー選びの要素にすることが大切です。

メリットとしては手軽さや便利さ、デメリットとしては費用面やボトル交換の手間などが挙げられます。

プラスとマイナスどちらを取るか

どのようなものでもそうですが、最終的に自分が利用するものを選ぶためにはそこにあるメリットとデメリットを知り、デメリットに納得しても余りあるメリットのあるものを選ぶのが一番です。

そのためには、自分がそのものに対して何を求めているのかをはっきりさせる必要があるのです。

それについてはウォーターサーバーの選び方についても言えることで、いくつかあるデメリットを超えるメリットをそこに見出すことができれば導入の価値があるものと考えてよいでしょう。

ウォーターサーバーのメリットとデメリットとは

おいしいお水をいつでも利用できるウォーターサーバーは、もちろんその点そのものが大きなメリットになるわけですが、その他にも導入すれば嬉しい点がいろいろあります。

そして同時に存在するデメリットももちろん考えるべきなのです。

メリット

毎日の生活に欠かせないお水をいつもいい状態で供給できるウォーターサーバーは、お水に気を遣う方にとってはメリットがたくさんです。

  • 目的や自分好みのお水を選べる
    水道水はその蛇口から提供される水を選ぶことはできません。しかし、ウォーターサーバーのボトルを販売するメーカーは、それぞれに特徴あるお水を取り扱っています。
    比較的広く流通しているミネラルウォーターなどの天然水もそうですし、またRO水と呼ばれるもので水道水をろ過処理することで不純物を取り除いたものもあります。

    また、それぞれに含まれるミネラル分によって、口当たりや用途などに一番合うものを選ぶことができるようにもなっているのです。

  • 冷水・温水をいつでも適温ですぐに飲める
    通常ボトルで水を購入したときには、冷蔵庫でしばらく冷やしたりポットなどで沸騰させたりする手間をかけなければ冷水や温水を利用できません。
    そうした手間なく、冷たいお水も熱いお湯も出せるようにしたウォーターサーバーのタイプもあります。
    多くの機器では、水の温度調整を冷水か温水で行うことができ、いつでも手間なく希望の温度のお水を利用することができるのです。

    また、その温度調節機能によって、赤ちゃんのミルクなど熱すぎては困る場合にも適温のお湯を冷ますことなく使えて、作業時間の短縮にもなります。

  • ボトルの保管場所に困らない
    ボトルウォーターをまとめて購入すると、冷蔵庫などに何本ものボトルを保管しておかなければならなくなります。
    そうなるとかさばってときに邪魔になったり、ほかのものをしまう場所がなくなってしまったりします。

    ウォーターサーバーを設置すれば、複数のボトルを長期間置いておく必要がないため、スペースを有効活用することができます。

  • ボトルのお水が災害時に役立つ
    地震などの災害に見舞われたとき、水道などのライフラインが停止してしまうとたちまち困ってしまいます。
    ウォーターサーバーがあればそのストック分を当面の生活水にすることができて安心なのです。

デメリットと感じる部分もあるかもしれません

ウォーターサーバーの設置には費用や設置場所、ボトル交換が必要になります。

これをデメリットとするかはあなたの判断次第です。

  • 毎月費用がかかる
    メーカーによってどの面に費用がかさむかは異なりますが、使用する水の代金はもちろんのこと、場合によっては機器のレンタル料や年間のメンテナンス料が必要になります。
    さらに、最初の契約時に期間が決められていることが多く、その期間が過ぎる前に解約すると解約料金が別途かかってしまうこともあります。

    また毎月かかる電気代も含め、各メーカーの料金体系をよく確認しておくことが大切です。維持に大変な料金体系のメーカーは決して多くないはずですが、契約内容はよく確認、比較しましょう。

  • 機器の設置場所
    ウォーターサーバーを設置するには、やはりその分のスペースが必要となります。
    サイズが合うかどうかよく確認しておきましょう。
  • ボトルの交換
    ウォーターサーバーに使用するボトルは、量によって重さも変わってきます。

    しかし、一人用であれば苦労することなく交換もできるのではないでしょうか
    家族数人など会社で使う場合はお水の容量が多いタイプを使用するでしょう。

    大きなボトルの交換が一人で難しい場合は、みんなで協力して交換をしましょう。
    共同作業をコミュニケーションの1つとして行ってはいかがでしょうか。

それぞれの面をよく理解すること

ウォーターサーバーを導入するときによく考慮しておくことが大切です。
特にいざ使用を始めてから「こんなはずではなかった」と思ってしまわないようよく検討しましょう。

上記に挙げたようなデメリットをできるだけ解消しているウォーターサーバーもあります。
複数のメーカーのものを見比べて特徴をつかみ、自分が納得できるものを選ぶようにすることをおすすめします。

水道に代わる機械の導入にはいろいろな面が

契約前に問い合わせ
安全でおいしいお水をいつも利用できることの価値には変えられないからこそ、ウォーターサーバーが普及しているのです。

通常から便利に使えている水道に代わるシステムを導入するのですから、そこには機械ならではの便利な点や不便な点が少し生じることはあります。

その為にメーカーはサポート体制を用意しています。疑問や不安な部分があれば契約する前に、直接お問い合わせをしてみましょう。

おいしい水を気軽に利用するために

各ウォーターサーバーにはそれぞれの特徴があります。

これらの内容を参考にし、実際に展開されているメーカーのウォーターサーバーやお水、サービスなどの点を見比べてみましょう。

test

関連記事

ページ上部へ戻る