ウォーターサーバーの家族構成による消費量の目安

みんなどれくらい使っているのか

お水の使用量
自分の家庭にもウォーターサーバーを設置しようと検討している方にとっては、ボトルに入っている水の容量や、メーカーによって設定された1回の最低購入量などが気になるところです。

たくさん水があっても使い切れなければ全くの無駄になってしまいますし、また逆に少なすぎてもこまめに買い足すことになってしまって面倒です。

自分の家庭に導入するには、どれくらいの量の水があればよいのかを把握しておくことがウォーターサーバーの選び方の目安ともなるでしょう。

大まかな目安としては、家族の人数1人で28リットル前後、2人で40~50前後、3人で60リットル前後、4人で80リットル前後といわれています。

ウォーターサーバーの平均使用量を知る

私たちが普段何気なく使用している水は、実際のところ1ヵ月にどれだけの量になるのか把握しきれない面はあるでしょう。
そのため、いざウォーターサーバーを導入しようと思っても適切な量がわからず、申し込みの時点でつまずいてしまうのです。

まずは実際に利用している方の平均使用量を知り、生活スタイルや家族構成などで自分に近いパターンを探しながら適切な量を見極めることをおすすめします。

それによって、自分の家庭に導入したときにより無駄をなくすことができます。

目安を知ることで料金計算もしやすい

ウォーターサーバーからの水供給における平均使用量を知っておけば、だいたい自分の暮らしでどれくらいの水をどういったペースで購入すればよいかが見えてきます。

それによって、月々にかかるレンタル料金、電気代、またメンテナンス料金なども含めてトータルの費用も計算しやすくなるのです。

利用する状況ごとの平均使用量を知ることは、自分に最も適したウォーターサーバーを選ぶ指針になります。

生活スタイルや用途によって異なる

例えば1人暮らしをしていた場合、ウォーターサーバーの水の平均使用量はメーカーごとに取った統計が存在しています。

それは平均ですから確実に目安にはなりますが、広い目で見たときにはその生活スタイル、またはどういった用途に使うかという違いで数値に若干のずれは出てくるものでしょう。

同じ1暮らしでも、料理をたくさんする方や水・お茶などを多く飲む方、洗顔などの美容目的に使う方など、それぞれ使う頻度の高い用途も違い、それによってより多い量が必要か、また少量でも問題ないかを判断することができます。

使う人数が多ければその分違う

これは当然の話ですが、その家庭での水の平均使用量とは、使う人数によっても違ってきます。もちろん、人数が多ければ多いほど水を使う量が増えてくるでしょう。

さらに、家族を構成する中でより水が必要になることもあるはずです。
例えば、赤ちゃんがいる家庭なら毎日のミルクを作るのにウォーターサーバーの適温の温水が大活躍します。

また、年代によっても水を飲む量が変わってくることもあります。

こうした細かい違いで一般的な平均使用量よりも多めに見繕う方がよいときもありますし、また少なく見積もっても十分なこともあるでしょう。

その判断をするにも、 人数あたりの平均使用量を知ったうえでそれを基準にするとわかりやすくなります。

標準的な平均使用量

では、ごく一般的な利用の方法を採ったとして、ウォーターサーバーを利用する人数ごとの1ヵ月平均使用量とはどれくらいか目安を御覧ください。

1人の場合
自分1人だけで生活している場合、ウォーターサーバーから供給される水はだいたい1ヵ月28リットル程度を消費すると言われています。多くのメーカーでは、ボトル1本あたり12リットルで販売していることが多いですから、そう考えると1ヵ月に2本計算になるわけです。

ただし、12リットルのボトルを設置するにはそれなりの大きさがある機器が必要なるため、卓上型の小型サーバーを設置してこまめにボトルを取り換える方が無難でもあるでしょう。

2人の場合
2人で暮らしているとき、ウォーターサーバーの水の平均使用量はおよそ40~50リットルといったラインが一般的なようです。ここでも生活スタイルや利用する用途などによって使用量の幅は出ますし、人数が増えることによってどう使うかの開きも生じます。

この平均使用量を目安にして微調整をしていくのがよいでしょう。

3人の場合
3人で暮らす場合には、夫婦に加えて子供1人といった構成が多くなるでしょう。標準的には3人暮らしでだいたい60リットル前後が平均使用量と言われます。
もし子供が赤ちゃんでミルクを作ったり、お風呂に入れたりするときにもウォーターサーバーの水を使うといったことであればこの平均使用量よりも多めに設定してもよいのかもしれません。

また、活発な年代の子供でよく水を飲むといったことでも同様です。

4人の場合
4人の場合はだいたい80リットル前後が目安になるようです。この場合も子供がいるのか高齢者と暮らしているのかなどといった条件によって開きが出てくることが予想されます。

基準をそれくらいに設定しておいて、様子を見ながら次回以降に申し込む内容を変更したりといったように工夫して自分たち家族にぴったりな量を見極めましょう。

電気代

ウォーターサーバーの水を1ヵ月に消費する平均使用量を考えたときに、人数によって異なることはもちろんですが、もう1つ気になるのは電気代です。

もし大容量タイプを選んで、それよりも小型のものよりも電気代が大幅にかさんでしまうのだとしたら、ちょっと考え直そうという気にもなってしまいます。

しかし実際には機器による差はそう大きくなく、だいたい平均して1ヵ月1000円前後の場合が多いようです。

つまり、何人でどれだけの水を利用するにしても、電気代に関してはどんな機器でもあまり変わらないということです。
電気代に関しては使用量に比例するといったことはあまり考える必要はないといえます。

それぞれの状況でのウォーターサーバー平均使用量

ガロンボトル
ウォーターサーバーで提供される水の平均使用量と一口に言っても、それぞれの状況によって異なるものです。

その方によってどういった用途に使うことが多いか、また家族は何人いるか、その構成はどのようになっているかで条件は違ってくるわけです。

そのため、一概には言い難い一面はありますが、参考までに平均使用量を知っておくのは有効でしょう。
その中からより自分の生活スタイルに近いパターンを探し出せばよいわけです。

さまざまなパターンを比較する

利用する人数や状況などによって、ウォーターサーバーの使い方も変化するでしょう。

自分たちの生活にはどういった容量を選べばよいか、またどれくらいのスパンで水を購入すればよいかがだいたい見えてきたら、各メーカーが打ち出しているボトルタイプや料金などを細かく比較し、自分に合ったものを見つけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る