ミネラルウォーターの成分調査の方法

ミネラルウォーターの成分調査とその方法

成分調査の方法
ミネラルウォーターというのは、農林水産省のミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインに定められた基準に従って作られた製品のうち、ミネラルウォーターとして認められたものをいいます。

さまざまな成分調査を用いてその内容を検査して、安全性などについて表示の必要もあります。

ミネラルウォーターにはさまざまな種類があり、また、ミネラルウォーター以外のボトルウォーターもあります。

それぞれは成分の内容や味わいなどで差異化され商品価値を高めています。

ミネラルウォーターの成分

ミネラルウォーターやさまざまなボトルウォーターは、その特性に応じて成分の調整殺菌を行っています。

その効果がどれくらいあるのか、そして安全性を消費者の皆さんに知っていただくために、成分表示や殺菌処理の方法などを示しています。

ホームページなどで詳しくその方法を提示していることもあります。こうした情報を確認することで、安心のミネラルウオーターの選択ができるのです。

ミネラルウォーターの成分調査方法を紹介

ミネラルウォーターの成分は、主要ミネラルと呼ばれる中のマグネシウム、カリウム、カルシウム、ナトリウムなどで構成されています。

どれもが人間の体に必要とされる成分ですが、なかなか摂取しにくい成分であるため、この含有量は消費者として気になるところです。

また、これらの成分を一定以上摂りたくないと考える人にとっても、成分の調査結果は意味の大きなことです。

天然水を使用しているミネラルウォーターに関しては大腸菌などの体に害をなす細菌やミネラル分以外の余計な成分も心配です。

調査で成分と安全性を知ってもらう

ミネラルウォーターなどのボトルウォーターのメーカーはそれぞれが独自の製法で安全性の確保や成分の調整などを行っており、その成分を調査によって明らかにします。

海外のミネラルウォーター類も厳しい基準のもと、採水地や水質の安全を確保しています。

  1. ミネラル成分の調査方法
    ICP発光分析法は金属などの多元素を一度に測定できる調査方法です。
    プラズマからの発光の波長と強度から、ミネラルの元素がどれくらい含まれているのかということを知る方法で、これによってミネラル成分の含有量を測ります。一度の試験で多数の元素を調べることができ、制度が高い方法です。
    そのほかには、原子吸光光度法も用いられます。
  2. 安全性の調査方法
    高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)を使って、こちらもプラズマによって質量分析を行います。
    カドミウムやヒ素などのの測定を行い、基準の数値以下であることを証明します。
    イオンクロマトグラフでは硝酸性イオンの測定を、また細菌検査では大腸菌などの有無を検査します。
    ゲルマニウム半導体検出器では、放射性セシウムなどの危険性を排除していることが問われます。安全性の調査を行い、それを消費者向けに公表することは、昨今の社会事情からも大変重要なことです。
    多くのメーカーでは自社商品の調査結果についてホームページやリーフレットなどで詳らかに公表して、安心して飲める水であることを伝えています。

ミネラルウォーターのおいしさと成分

独自の製法や採水方法、殺菌方法によってミネラルウォーターやその他のボトルウォーターなどは、安全でおいしく飲めるような工夫がされています。
日本と海外のお水では、製法も殺菌方法も違いますが、同様に安全性が守られているものが輸入されています。

近年では海外の製品のように、できるだけ成分をそのまま活かすような方法で殺菌などされた商品が日本でも作られており、自然の恵みと安全性の両立した商品が増えています。

いずれの商品も安心して飲めるものですが、成分の違いで味わいも違ってきますし、体にとって必要なモノを選ぶためにもどのような成分がどれだけ入っているかを知ることが大切です。

選択肢が増えた今だからこそ、その中身を自分の目で確かめる必要性が出てきたのです。

ミネラルウォーターの成分の差

成分の差と安全性
ミネラルウォーターやボトルウォーターの種類は、日本製、海外産を含めてかなりの数になっています。

日本でも新しいタイプのお水やヨーロッパのミネラルウォーターに準じた製法のものが増えています。

良い成分をそのまま取り入れることで自然の恵みを一番自然に近い形で得られるようになりましたが、その分、成分の正しい評価や安全性を知る必要性も出てきています。

玉石混合の多くの商品が溢れている中で、調査によって出た結果を鑑みて商品を選ぶことは自分の体の健康を守ることにつながります。

おいしさと安全性を求めて

毎日飲むミネラルウォーターなどは安全性と味わいがしっかりしていることが求められます。

成分の調査によって自分に必要な成分が入っていて、不要なものが入っていないことが明らかになっている商品であれば、安心して生活に取り入れられるようになります。



関連記事

ページ上部へ戻る