ナチュラルミネラルウォーターの定義とは?

ナチュラルミネラルウォーターの定義とは?

ナチュラルウォーターの定義
ミネラルウォーターは4つの種類に分類されていますが、その一つがナチュラルミネラルウォーターです。

農林水産省はミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインにおいて、特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものをナチュラルウォーター、その中でミネラル分が溶解した地下水を原水としたものをナチュラルミネラルウォーターと記載できる、と定義しています。

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターの違い

ミネラルウォーターは、ナチュラルミネラルウォーターと同じ地下水に、沈殿、ろ過、加熱処理をしたものです。

そのうえで、オゾン殺菌、紫外線殺菌、ミネラル調整やブレンドなど、お水の品質に手を加えたものをミネラルウォーターと言います。

また、地下水を原水としないお水、もしくは地下水であっても成分に大きな変化をもたらす処理を行ったものを、ボトルドウォーターと言います。

品質基準を知る

約1000銘柄にものぼると言われているミネラルウォーター。その中からどれを選べばいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。

ミネラルウォーター類は、採水地や処理方法、ミネラル分の基準値などによって、記載できる表示が異なります。

それらを知ることも、ミネラルウォーターを選ぶ際の参考になるでしょう。

ヨーロッパと日本の品質基準の違い

日本製のミネラルウォーターは殺菌することが義務付けられています。よって、ナチュラルミネラルウォーターも殺菌されているものなのですが、ヨーロッパにおいては、殺菌されたものはナチュラルミネラルウォーターと認められません。

殺菌のために加熱してしまうと、本来お水が持つミネラルや酸素、炭酸ガス、旨みなど失われてしまうからです。

それらを守るために、ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターは、生菌数を厳しく限定しています。

その代わり、採水地周辺の環境保護についても厳しい基準が設けられています。環境汚染から守られた採水地から、直接原水を採取したものが、ナチュラルミネラルウォーターと呼べるのです。

日本においては安全性を優先していることが多いため、ナチュラルミネラルウォーターの基準も殺菌が義務付けられていますが、ヨーロッパにおいてミネラルウォーターは、健康のための飲料水として流通しているものなので、品質基準も日本とは異なるのです。

ミネラルウォーターの殺菌処理

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーターを日本で製造する場合は、殺菌処理を行わなければなりません。

日本で行われている殺菌方法として多いのは加熱処理です。瞬間加熱殺菌という方法もあり、お水に含まれるミネラル分などを減らさないと言われています。

除菌方法としてはろ過フィルターによる除菌が一般的ですが、オゾンや紫外線による殺菌方法を採っている場合もあります。

または、複数の殺菌方法を採用しているケースもあります。

殺菌しないミネラルウォーターは安全?

ナチュラルミネラルウォーターを含む日本製のミネラルウォーターは殺菌されていますが、流通しているヨーロッパのミネラルウォーターは、殺菌されていません。安全性は大丈夫なのでしょうか?

ヨーロッパのミネラルウォーターには、殺菌の義務はなくても厳しい基準があります。

水源に関する基準が厳しく、汚染から確実に保護されていること、水源に一切手を加ええていないこと、微生物的、科学的、地質学的に健康に好適であると認められること、などさまざまな基準があるのです。

水源に関する環境においても厳しい基準があるため、殺菌をしていなくても問題がないのです。

ミネラルの有無に違いがある

違いはミネラルの有無
ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの違いは、ミネラルが溶け込んでいるか、いないかの違いです。ミネラルが溶け込んでいれば、ナチュラルミネラルウォーターとなります。

ここで言うミネラルはもともと採水地の土の中にあったもので、移動中などに溶け込んだものを言います。

その量に関する明確な基準はなく、製造・販売者によって判断されているというのが現状です。

選ぶ場合は、ミネラルの量を確認した方がいいでしょう。

ミネラルウォーターの定義と品質基準を理解する

ナチュラルウォーターは、特定の水源から採取された地下水で、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の化学的処理をしていないものです。

ナチュラルウォーターの中でも、ミネラルが溶け込んだものを、ナチュラルミネラルウォーターと言います。

さらに、沈殿、ろ過、加熱殺菌に加えて、オゾン殺菌、紫外線殺菌や複数のお水の混合、ミネラル分の調整などを行ったものをミネラルウォーターと言います。

それら以外の飲料に適した地下水以外のお水、純水、水道水、蒸留水、などをボトルドウォーターと言います。

こういった基準を理解するとともに、これらの表示方法は日本のものであるということを覚えておきましょう。

日本で流通しているヨーロッパのミネラルウォーターの基準とは異なることを理解したうえで、ミネラルウォーターを選ぶことが必要です。



関連記事

ページ上部へ戻る