ミネラルウォーターでナトリウムを適切に摂取

ミネラルウォーターのナトリウムは必要?

ミネラルウォーターのナトリウム
ミネラルウォーターにはカルシウムとマグネシウムの他にも、カリウムやナトリウムといったミネラルが含まれています。ナトリウムと言えば塩分を思い浮かべる人も多いでしょう。

ミネラルウォーターを飲んでいるとナトリウムも摂取することになるので、塩分の摂りすぎになるのでは?と心配になることもあるかもしれません。

しかし、ミネラルウォーターを普通に飲んでいる分には過剰摂取になることはなく、ナトリウムは人間の体に必要なものなので、摂取することも大切です。

ナトリウムの働きとは?

ナトリウムは体がスムーズに機能するようサポートする働きを持っています。
カリウムとのバランスを保ち、細胞の働きを高めます。

神経や筋肉の働きの調整などもしているので、ナトリウムが不足すると筋肉のけいれんを引き起こしたり、低血圧になったり、ひどいと意識障害などを引き起こします。

ミネラルウォーターで適切なナトリウムの摂取を

不足しても、過剰に摂りすぎても健康によくないナトリウムですが、ミネラルウォーターを利用して上手に摂取することができます。

ナトリウムの摂り方にはどのようなポイントがあるでしょうか?

生命の維持に欠かせないナトリウム

ナトリウムには主に次のような働きがあります。

  • 水分代謝機能
    体内において、その濃度により必要に応じて水分の調節を行う働きがあります。
    ナトリウムが過剰になれば、体外に排出して濃度を下げ、少なくなれば排出を抑えるように働きます。
  • 筋肉珠収縮作用
    筋肉の収縮と弛緩を調節する働きがあります。
  • PHを調節する働き
    人間の体は酸性に傾くと免疫力が低下すると言われています。
    ナトリウムは酸性に傾くのを防ぎ、弱アルカリ性に保つ働きをします。
  • 浸透圧調節機能
    体内の細胞は浸透圧が一定に保たれていることで、機能します。
    細胞外液の浸透圧を一定に保つのをサポートするのも、ナトリウムの役割です。

このような働きを持つナトリウムが不足すると、体がナトリウムの排出を制限するとともに、体内の水分を調節しようとします。
その結果、血液量が少なくなり、めまいやふらつきなどを起こします。

また、細胞外液が減少することで、消化液も少なくなり、食欲がなくなり、倦怠感などを起こしやすくなります。

さらに、運動などで大量の汗をかいた時にはナトリウムも多く排出されてしまいます。
そのため、筋肉以上や脱水症状を起こすこともあります。

ナトリウムを過剰摂取すると?

ナトリウムを過剰に摂取すると、体は細胞外液の濃度を保つために、ナトリウムを排出しようと働きます。そのため、血液内では大量の体液交換が始まり、血圧が高い状態になり、その状態が続くと高血圧になってしまいます。

また、その働きは腎臓に負担がかかります。
さらに、神経伝達と筋肉の動きに支障が出ることがあり、特に心筋にダメージを与えてしまうと心疾患などの原因になります。

ミネラルウォーターで適度に摂取

細胞が正常に機能し、健康を保つためにナトリウムはなくてはならないものです。

しかし、塩分の多い食事などによってナトリウムを過剰に摂取してしまうことが多いもの。
健康に必要なナトリウムですが、過剰摂取はさまざまなトラブルの原因となります。

ミネラルウォーターであれば、ナトリウムを過剰に摂取することなく、他のミネラルも含めてバランスよく摂取することができます。

食事で塩分を摂り過ぎる傾向にある人は、塩分の多い食べ物を控え、ミネラルウォーターを飲む習慣をつけるといいでしょう。

しかし、ミネラルウォーターにナトリウムが入っているのが気になる場合は、ミネラルを含まないナチュラルウォーターや純水などを選ぶといいでしょう。

ナトリウムの量を気にすることなく、おいしく、安全なお水を飲むことができます。

ナトリウムを摂り過ぎないお水の選び方

ミネラルウォーターのナトリウムの含有量に注意
ミネラルウォーターのナトリウムや他のミネラルの含有量はさまざまで、中にはナトリウムの量が多いものもあります。
塩分を摂り過ぎていると思うのであれば、ナトリウムの含有量に注意しましょう。

ミネラルウォーターの中には、ナトリウムの量を少なくしているものもありますので、そういったものを選ぶのもいいでしょう。

体に必要なナトリウムを上手に摂取しよう

ナトリウムには体の機能を高め、健康を維持するという重要な働きがあります。
水分代謝や神経や筋肉の伝達、免疫力などにも影響を与える働きをするナトリウムは、不足させるとさまざまなトラブルが起こります。

しかし、過剰に摂取すると高血圧や心疾患などの病気につながることもあります。

ナトリウムを上手に摂取するには、食事からの塩分を控え、バランスよくミネラルを含むミネラルウォーターを摂取するといいでしょう。

それでもナトリウムの過剰摂取が気になる場合は、ナトリウムの含有量が少ないミネラルウォーターを選びましょう。
または、ミネラル分を含まない純水などを選ぶのもいいでしょう。



関連記事

ページ上部へ戻る