ミネラルウォーターには成分規格があるの?

ミネラルウォーターの成分規格とは

ミネラルウォーターの成分規格
私たちが日常的に飲んだり、また料理などの目的に使用したりしているミネラルウォーターは、今や幅広く流通するようになり、その種類も非常に豊富になりました。
このミネラルウォーターについて、普段何気なく飲んでいるものですが、その名前を冠するのに決まった定義は特にないといわれています。

しかし、日本ではより安全なミネラルウォーターを流通させるために定められた成分規格が存在します。

その成分規格によって、いつでもおいしいお水を購入して使用することができるのです。

もともと電気代に大きな違いはない

ウォーターサーバーと水の状態をもっともいい状態に常に保持するためには、常に通電させておく必要があります。

電気の使い方自体はどの機器もおおむね共通しているため、月々にかかる電気代については、通常利用をする分には各メーカーでそう大きな違いはありません。

しかし、各メーカーでエコ仕様になるシステムのものを打ち出しているところは多くなっています。

そのシステムの違いによって、電気代に差が出ることを覚えておきましょう。

日本のミネラルウォーターの定義と規格

日本で販売するミネラルウォーターについては、品名を表示する際の定義や成分規格があり、その表示が義務付けられています。

ミネラルウォーターとは何かご存知でしょうか?

一般的にミネラルウォーターとして流通しているお水とは、他の水に比べてどういった違いがあるのでしょうか。
その違いは、農林水産省が定めた品質表示ガイドラインに記載されています。

大きくはミネラルウォーター類とされているもので、これは水道水に規定されたミネラル分や酸性とアルカリ性の指針となるph値の限度にこだわらず、かつ他の基準においては水道水に準拠している地下水を指します。

  • ナチュラルウォーター
    決められた採水ポイントからくみ上げた地下水の中で、防腐処理などにおいて科学的な処理を行っていないものを指します。
  • ナチュラルミネラルウォーター
    上記のナチュラルウォーターの中で、特に地下にある時点で地層のミネラル分を取り込んだものを特にこう呼びます。
  • ミネラルウォーター
    ナチュラルミネラルウォーターの中でも特に、人工的にミネラル分の調整をしたり他の原水と混ぜ合わせたりして、含まれる成分を一定の品質に保つといった加工を行ったものをこう呼びます。

これらを合わせてミネラルウォーター類と呼んでいるのです。

ミネラルウォーターの成分規格

上記のミネラルウォーター類の中で、そこに含まれる成分の上限を規定したのが厚生労働省の規格基準です。

これにより、ミネラル分をはじめとした各種成分について安全性が十分に保たれる範囲の基準が成立しているのです。

安心して飲める水であるために、日本ではこの成分規格が順守されています。

  • ミネラル分について
    ミネラルウォーターの硬度を決めるカルシウムやマグネシウム量に関しては、ミネラルウォーター類として販売する際には特に上限が設けられていません。
    亜鉛や鉄、水銀にヒ素などその他の含有物質に関しては、成分規格による上限が設定されています。
    ミネラルウォーターにどのような成分が含まれる可能性があるか、それらの成分が人体にどのような影響を与えるかなどの想定の上で規定された数値なのです。
  • その他の規格
    水中に含まれる成分のほかに、ミネラルウォーター類の規格として挙げられている条件があります。それは味や臭い、見た目に関することであり、規定された物質の含有量を順守していたとしても、クリアなお水として問題なく利用できなければ意味がないのです。ph値に関しても範囲の規格があり、酸性にもアルカリ性にも極端に寄らない品質であることが求められます。これらの規格は、ミネラルウォーター類の中でも除菌・殺菌を行ったものとそうでないものについても違いがあります。また、規格が定められる成分に関しても異なっています。

赤ちゃんのミルクにミネラルウォーターを使用していませんか?

例えば、赤ちゃんが飲むミルクを作るときにはミネラルウォーターの成分には注意すべきです。

赤ちゃんの体はミネラル分をうまく代謝できる機能がまだ備わっておらず、過度のミネラルを摂りすぎると健康上の問題が生じます。

日本で販売されている粉ミルクは、日本の水道水で作ることを前提に製造されたものです。
日本の水道水は比較的ミネラル分が低い軟水ですから、ミルクを作ったときに含まれるミネラル分も低く抑えられます。

しかし、水道水よりも硬度が高い水を使ってしまうとその分ミネラル分が過多となり、赤ちゃんが危険な状態になってしまう可能性があるのです。

特に、ミネラルウォーターでもよく目にするバナジウムに関しては、過剰摂取によって重篤な症状が現れる可能性があるとして、特に粉ミルクへの使用は控える旨の通知もあります。

平成26年に成分規格が見直されました

ミネラルウォーターは嗜好品
厚生労働省が通達している食品や添加物に関する成分規格は、平成26年に見直しがなされたものです。
これは、古くから適用されていた原水基準と従来の水の成分規定において重複があるためと、水道水に関して定められた水質基準との比較もしづらくなったためです。

そこには、ミネラルウォーターが単なる嗜好品としての飲み水ではなく、生活水として浸透してきた流の現れであるともいえます。
より生活に密着した水としてのミネラルウォーターの成分規格が必要であったということです。

規格の順守で安全な水をいつでも

こうした成分規格が定められているために、私たちはいつでもおいしく安全なミネラルウォーターを利用することができます。

日本の水が安全であるのには、こうした規格が存在するためであり、地下水から製造されるミネラルウォーターに関しても品質が高いのです。

関連記事

ページ上部へ戻る