天然水の選び方は「水本来の味わい」を基準としましょう

天然水を選び方の基準は?

天然水は味重視で選ばれることが多い
天然水は、嗜好品として広まっており、その選び方の基準を「味」にしているという方も少なくはありません。

味で選ぶ際には、「水本来の味わい」を知ることが大切であり、そのためには不純物の少ないお水を選ぶと良いでしょう。

採水地や、成分で選ぶという方もいらっしゃいますが、その二つが味わいの変化に関係しているという意味では、やはり、天然水の選び方は基本的に味わいなのです。

味わいの違う天然水

天然水と銘が打たれているお水には、さまざまな種類があります。
銘柄は採水地によって分けられており、土地それぞれに対してファンがいる場合もあります。

その理由は、天然水と呼ばれるなかでも、採水地によって味が非常に変わるためです。
例えば、甘みがあるお水や、飲み口のスッキリしたお水と評されているものを見たことがあるでしょう。

それでは、続いてその味わいが変わる理由を詳細にご説明させていただきます。

天然水の味の違いとは?

天然水の味わいは、お水に含まれる成分によって変化します。その成分それぞれのバランスが、天然水の味を変化させています。

例を挙げると、天然水でも、よく耳にする富士山の天然水には、バナジウムが多分に含まれています。
他にも、ヨーロッパの硬水はミネラル分が多く、味が強いという話も有名です。

これらはつまり、採水地の地質や、鉱物によって、水質が変化して味わいが変化するということになります。

味を決めているのは不純物?

今までは、お水の味を決めているのが採水地であり、それは成分に差が出るからということを解説していきました。

それでは、ここからは、その成分について説明していきたいと思います。
まず、お水に含まれる成分は、下記のようになります。

  • ナトリウム
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム
  • 亜鉛
  • バナジウム
  • 有機ゲルマニウム

これらは、ろ過の際に、ろ過し切られなかったいわゆる「不純物」です。

天然水の味わいの差といっても、「お水以外」のものが左右しているため、これでは、お水本来の味を楽しめていない可能性があることも覚えておくようにしましょう。

お水は安全性で選ぶもの

健康的な生活を送るうえで、口にするものを考えるのは当然のことです。そのなかでも、お水は、より安全なものを選びたいものでしょう。

ミネラルが、不純物であるということは先述のとおりです。
硬度が高くなれば、お腹を下してしまったり、腎臓への悪影響を及ぼしたりする危険性も考えられるため、体の丈夫でない方、体のできていない赤ちゃんには、ミネラル分は避けた方が良いでしょう。

体への影響を考えた際に、不純物の少なさを選び方の基準にするのもひとつの方法といえます。

メリットとデメリットを知る

天然水選びの基準を味わいとする場合、メリットと、デメリットの両方が考えられます。

これらを知り、そのバランスを取ることで、お水選びの基準を決めると良いでしょう。

メリット

当然ですが、採水地それぞれの味を知ることができます。

先述の「お水に含まれる成分」のなかでも出てきた、4大ミネラルと呼ばれる「カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウム」は、少量ならば甘みを感じられる場合もありますが、多分に含まれ過ぎていると喉ごしが悪く、飲みにくいという共通の特徴があります。

他にも有機ゲルマニウムは、ほんの少しの酸味があるという特徴もあり、成分で選ぶのも楽しいものといえるでしょう。

逆に、こういった不純物が少ないお水は、お水本来の味を楽しむことができます。
お水本来の味とは、さらりとしていて、安心感の強いものです。

デメリット

不純物が、体調に悪影響を与える場合があるということです。

特に、お水は誰もが飲むものであり、体の弱い方も、赤ちゃんも口にするものです。
そういった不特定多数の人が飲むことを想定する場では、味わいよりも成分で、選んだほうが賢明といえるでしょう。

不純物の少ないものを選ぶ際には、天然水以外も選択肢を視野に入れることも必要です。

それには、天然水の処理方法に原因があります。
それでは、続いては、その原因について解説していきましょう。

天然水は必要最低限のろ過・加熱しか行わない

天然水の処理方法
天然水は、「天然」「自然」という銘を打つために、厚生労働省で決められた方法の処理方法しか行いません。

これは、衛生上のためのろ過や加熱処理のみを行うというものであり、それ以外の手を加えると、天然水とは呼べないのです。

天然水の原水である、地下水の水質は、とても澄んで良質なもののため、これに残ってしまった不純物を取り除くことで、より良いお水にすることも考えられます。

天然水の選び方の基準を「味」にするならば

お水本来の味わいとは、不純物の少ない爽やかな喉ごしで、誰が飲んでも安心できるようなものです。

不純物の少ないお水を選べば選ぶほど、お水の味を楽しむことへ近づくことができるでしょう。
[ad#cv01-natural]

関連記事

ページ上部へ戻る