天然水には様々な種類があった!?

お水には種類がある

お水の種類とそれぞれのメリット
普段なにげなく口にしているお水にも、様々な種類があるのです。

お水はそれぞれ「天然水」や「ミネラルウォーター」、「純水」などと呼ばれますが、その種類分けは、水質や加工法の違いによるものです。
ミネラルを含むお水や、化学処理を施されたお水があり、それぞれに味の違いやメリットの違い、体質や体調によって適すものと適さないものがあります。

赤ちゃんに適したお水や、妊娠中は避けたいお水など、それぞれ種類が異なるため、自分にあったお水を選ぶようにしましょう。

国が定めた種類

日本では、農林水産省が定めた品質ガイドラインにより、お水の種類を分けています。
特定された水源から採水された地下水を、ろ過、沈殿、加熱殺菌処理したお水をナチュラルウォーターといい、その中でもミネラル成分が含まれるものをナチュラルミネラルウォーターといいます。

さらに、人工的にミネラル成分を調整したお水をミネラルウォーター、特定の処理方法を持たないお水をボトルドウォーターといいます。

天然水には種類がある

一言に天然水といっても、水質や加工法により、その種類は異なります。
天然水を購入しようと考えている場合は、自分の好みや目的にあったものを選ぶためにも種類を確認しましょう。

ここでは、天然水の種類を紹介します。

天然水と呼ばれる水

天然水とは、その名の通り、雨や雪解け水など天然のお水が自然の力でろ過され、長い時間をかけて蓄えられたお水のことをいいます。
溶岩などでろ過された天然水には、天然のミネラルが多く含まれているといわれています。
そのため、甘みがあり、まろやかな味を感じることができるでしょう。

天然水の種類

ろ過などの加工法や、ミネラルや不純物などの含有量などから、天然水は種類分けされます。

それぞれに特徴があるため、自分の好みにあったものを選ぶと良いでしょう。

ナチュラルミネラルウォーター

化学処理が行われていない地下水で、天然のミネラルが溶け込んでいるお水です。
採水される場所は限られており、溶岩や花崗岩などの一定の条件を満たす地層でろ過され作られています。

ろ過と沈殿、加熱殺菌のみの処理で作られたものに限定されており、マグネシウムやカリウムをはじめとするミネラル分が含まれているものや、採水された場所により天然の亜鉛やバナジウムが含まれたものもあります。

ナチュラルウォーター

加工法はナチュラルミネラルウォーターと変わりませんが、もとの天然水にミネラルが含まれていないお水のことをいいます。
RO膜(逆浸透膜)によりろ過され、ミネラル分を含む不純物がほぼ除去されたナチュラルウォーターのことをピュアウォーター(純水)と呼ぶこともあります。

ピュアウォーターは風味や癖がないため飲みやすく、コーヒーや紅茶を淹れたり、お酒の割り物にしたり、料理にも適しています。
また、不純物が除去されているため、赤ちゃんや妊婦さんにも安心です。

お水の種類

お水の種類は大きく4つに分かれるといわれ、天然水の他にも種類があります。
天然水以外のお水の種類について、説明いたします。

ミネラルウォーター

天然水を原水としたお水の中でも、ろ過と沈殿、加熱以外の化学処理を施されたお水のことをいいます。
化学処理とは、オゾン殺菌や紫外線殺菌が該当します。

メーカーなどの場合によっては、化学処理を施した後、ミネラルを調整したり、ブレンドしたりすることもあるといわれています。

ボトルドウォーター

天然水やミネラルウォーターに該当しない飲用水を総称して、ボトルドウォーターといいます。

処理方法を特定しておらず、水道水や表流水などが該当します。

その他にも、軟水や硬水、中硬水、アルカリイオン水や海洋深層水など、お水は様々な種類があります。

それぞれに味の違いや異なるメリットがあるため、自分の好みや体質、体調にあったものを選ぶと良いでしょう。

また、料理や飲み物も使用する水で味が変わることもあるため、それぞれにあった水を選ぶと良いかもしれません。

天然水と名乗れるお水

天然水とは
天然水に該当するお水は、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターです。
この2種類以外のお水に対し、「天然」や「自然」などの用語を表示することは、農林水産省が定めた品質表示ガイドラインにより禁じられています。

沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的な化学処理を施していないお水のみを天然水と定め、それ以外のお水は天然水と呼んではいけないのです。
天然水であるナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの違いは、ミネラル含有の有無です。

自分にあったお水を選びましょう。

お水の種類を覚えよう

お水には様々な種類があり、それぞれに味やメリット、デメリットが異なります。

種類によっては、赤ちゃんや妊婦さんは避けた方が良い場合もあるため、お水の種類を覚えて、自分にあったお水を選ぶようにしましょう。
[ad#cv01-natural]

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る