天然水とピュアウォーターのろ過は同じ方法?

天然水と純水(ピュアウォーター)ではろ過方法が違う

ろ過の方法が違う天然水とピュアウォーター
安心して使えるお水をいつも使いたいとの思いから、お水を購入する方は増えていますが、天然水と純水(ピュアウォーター)に違いはあまりないと思っていらっしゃるのでは。

しかし、天然水と純水(ピュアウォーター)では成分に大きな違いがあり、その違いはろ過の仕方に理由があります。

天然水は、特徴が湧き水など本来の味が特徴のため味の元になるミネラルなどの成分が残るようにろ過を行っているのです。
一方純水(ピュアウォーター)は、不純物がほぼないことが特徴なので非常に目の細かい浸透膜を使ってろ過しています。

純水(ピュアウォーター)のろ過過程ではほぼ水分子しか通さない

天然水のろ過の過程では、ミネラル分を通す大きさの穴の浸透膜を使って不純物を取り除いています。
細菌などはその工程の中で除去されますが、お水本来の成分だけにはなりません。

その点、純水(ピュアウォーター)のろ過過程は何度も行う上に目の大きさの違う浸透膜を使って徹底的にろ過を行っています。

そのため、ミネラルすら含まないほぼお水成分だけの純水(ピュアウォーター)ができあがるのです。

不純物をほぼ含まない純水(ピュアウォーター)のろ過とは

天然水の製造に使われるろ過のシステムは、砂などを取り除くことはもちろん細菌も除去するように行われています。

しかし、味を維持するためにはミネラル分を残す必要があり、そうなればろ過に使う浸透膜の目もミネラルよりは大きくなることに。

すると、ミネラルをはじめとした非常に細かいものについてはお水の中に残った状態でボトル詰めされ、出荷されることになります。

ミネラルまで除去するろ過

純水(ピュアウォーター)とは、不純物がほぼ入っていない混じりけのないお水なので、ミネラルも取り除かれています。
一方で、ミネラルは体の健康のために欠かせないものと言われていますが積極的にとりすぎると体には負担になるものです。

赤ちゃんからお年寄りまで、どのような方でも安心して飲めるのが純水(ピュアウォーター)の魅力のため、体の負担になる恐れのあるミネラルまで除去して製造し出荷。

実際、赤ちゃん向けのお水として販売されているお水は全て純水(ピュアウォーター)になっており、天然水を与えることは避けるべきとされています。

徹底的にろ過を行う純水(ピュアウォーター)の製造方法

純水(ピュアウォーター)の製造には非常に徹底された衛生管理とろ過システムが整っています。

原水にこだわる

北アルプスに降り積もった雪の雪解け水を天然のフィルターがろ過し、長年かけてきれいな天然水になった湧き水をくみあげて純水(ピュアウォーター)の原水に。

実はこのまま天然水として飲んでもおいしいほどのお水ですが、さらに安全性を高めるため徹底したろ過を行います。

ろ過の回数を重ねる

不純物を徹底的に取り去るために、何度もろ過が行われます。
まずは活性炭でのろ過から始まり、だんだん目の細かい浸透膜になっていき最後は「RO膜」という逆浸透膜を使ってほぼ水分子だけの状態に。

RO膜を使ったろ過システムはNASAも採用したといわれる非常に優秀なもので、1/1000ミクロンまでろ過できるフィルターが使われています。

ちなみに小さいウィルスでも2/100ミクロンといわれるので、RO膜を通せば心配な細菌やウィルスまでも取り除くことが可能です。

製造環境も徹底して清浄に

ろ過やボトルづめを行う純水(ピュアウォーター)の製造工場には人が入らないようにオールロボットによって進められています。
人が工場内に出入りすることでゴミや雑菌が入ってしまう事を防ぐためで、半導体工場並みの空気の清浄さが保たれた環境です。

もし工場内に人が入ればその時製造していた分は廃棄するという徹底的な衛生管理が行われているので、安心して使うことができます。

ボトルの洗浄も徹底的に

せっかく徹底的にろ過して不純物を取り除いてもボトルが不衛生では意味がないため、しっかりと清潔に洗浄され再利用が行われています。

回収したボトルは人の目でチェック、圧力をかけて割れがないかもよく確かめてから洗浄作業に
薬品は使わずオゾン水での殺菌と純水(ピュアウォーター)を使ったすすぎで洗浄

より体に優しいお水にするために

ミネラルの摂取のしすぎはお腹を下す可能性がある
味を重視するのであれば天然水かもしれません。
しかし、どなたでも安心して飲めて体に優しいという安全性を重視するのなら純水(ピュアウォーター)です。

天然水はいくらおいしくても、お水によってはたっぷりすぎるミネラルが含まれている可能性があり、大人でもお腹をくだすことがあります。
ましてや赤ちゃんやお年寄りには天然水は体に負担のかかるお水に。

その点ほぼ水成分だけになっている純水(ピュアウォーター)であれば、水分が吸収しやすく飲みやすいお水になります。

ほぼ不純物がないのはろ過のおかげ

純水(ピュアウォーター)は天然水に比べて不純物が少ないのは非常に目の細かいろ過フィルターを使った徹底したろ過があるからです。

ミネラルまで取り除き、体に優しいお水になっているので純水(ピュアウォーター)はどのような方でも安心して飲むことができます。
[ad#cv01-natural]

関連記事

ページ上部へ戻る