赤ちゃんのミルク作りに適した天然水とは?

赤ちゃんのミルクに適した天然水とは?

赤ちゃんのミルクには天然水よりピュアウォーター
赤ちゃんのミルクに使うお水には気を遣いたいものです。衛生面ももちろん、成分なども気になるもの。

赤ちゃんのミルクを作る際に使うお水は浄水器のお水や、ペットボトルなどの天然水、ウォーターサーバーの水、スーパーで購入した水などいろいろありますが、天然水を使っているママも多いでしょう。

しかし、赤ちゃんのミルク作りには軟水か純水(ピュアウォーター)が適していると言われています。

赤ちゃんのミルク作りに適したお水

通常、赤ちゃんのミルクづくりに使う天然水は、含まれているミネラル成分が赤ちゃんの胃や腎臓などに負担になると言われています。

天然水の中にも硬水と軟水があり、軟水でミネラルが少ないものであれば赤ちゃんのミルク作りに使っても大丈夫と言われています。

ミネラル成分は体にいいものと言われていますが、赤ちゃんにとっては悪い影響を及ぼすこともあるのです。

赤ちゃんのミルク作りに適したお水とは

赤ちゃんのミルク作りに使うお水は、赤ちゃんの体に安全なものを使いたいものです。

天然水にもいろいろありますから、その中から安心して使えるものはどういったものかについて紹介しましょう。

赤ちゃんのミルク作りに適していない天然水とは?

一般的に赤ちゃんのミルク作りに適していないのは、ミネラル分が多い天然水と言われています。
ミネラル成分が多いのは硬水と呼ばれる天然水です。

天然水には主にマグネシウムとカルシウムが含まれていて、水1000ml中に含まれているマグネシウムとカルシウムの量を現したものを硬度と言います。

WHO(世界保健機関)においては、硬度が120mg/1以下を軟水、120mg/1以上を硬水としています。

マグネシウムやカルシウムが多く含まれる硬水は、赤ちゃんのミルク作りには適していないとされています。

赤ちゃんのミルクには軟水の天然水であれば安心?

軟水といってもさまざまな種類があります。
マグネシウムやカルシウムの含有量もいろいろで、硬水に近い軟水もあるわけです。

先に述べたように、ミネラル成分が多いのは、赤ちゃんの体にはあまりよいことではないとされていますので、軟水だからといって、すべてが赤ちゃんのミルク作りに適しているとは限りません。

赤ちゃんのミルク作りに適していると言われる軟水もありますが、選ぶ際には、ミネラル成分の含有量を確認してから選ぶことが必要です。

赤ちゃんのミルクには純水(ピュアウォーター)がオススメ

お水の中には純水(ピュアウォーター)というものがあります。

純水(ピュアウォーター)はマグネシウムやカルシウムなどの成分がほとんど含まれていません。
残留塩素や塩類などの不純物も取り除かれているので、赤ちゃんの体に悪影響を与えることもありません。

純水(ピュアウォーター)はミネラル成分を取り除いているので、赤ちゃんをはじめ誰でも安心して飲むことができます。風味やクセなどがないのも飲みやすい理由の一つでしょう。

また、ミルクにはもともと電解質が含まれています。電解質が少ないと細胞や内臓の働きが低下してしまいます。
赤ちゃんは電解質が不足しがちになるので、ミルクには電解質が含まれているのです。

しかし、電解質は多すぎても悪影響を及ぼします。
長期間ミルクを飲む場合には、電解質などの成分が含まれていない純水(ピュアウォーター)の方が、赤ちゃん自身のミネラルバランスを崩さずにすむのです。

純水(ピュアウォーター)は赤ちゃんのミルク作りだけではなく、妊娠中や授乳中のお母さんも安心して飲めるお水なのです。

不純物を取り除いた純水(ピュアウォーター)

赤ちゃんのミルク作りにおいてもう一つ心配なのは不純物です。

純水(ピュアウォーター)はROろ過などの方法で徹底的に不純物を除去しています。

そのため、ミネラルや微生物、ウイルスなどの有害な不純物がほとんど含まれていません。

赤ちゃんにも安心して使用することができます。

赤ちゃんが過剰にミネラルを摂取すると?

赤ちゃんに水素水を使うメリット
大人になると体内に必要なミネラルが不足することが多いです。

そのため、食べ物などからミネラルを補給することで美容や健康に役立つこともあります。

しかし、赤ちゃんは違います。
赤ちゃんは内臓器官が発達していないため、ミネラルを過剰に摂取すると内臓に負担を与えて下痢をしたりすることがあるのです。

また、不要なミネラルを排出する際には水分を必要とするため、便秘になることもあります。
さらに腎臓にも負担をかけてしまい、体の不調につながる危険性も否めません。

不純物などを長期間摂取していることで、体調不良やアレルギーを発症したりすることもあります。
不純物をしっかり取り除いたお水を使用するのが安心と言えます。

赤ちゃんのミルク作りにおいて安心できるお水

赤ちゃんのミルク作りには軟水がオススメと言われています。軟水はミネラル成分の含有量が少ないからです。

ミルクにはもともと電解質など赤ちゃんに必要な成分が含まれているため、ミネラルが配合された天然水などを飲むと、過剰にミネラルを摂取することになり、赤ちゃんの内臓に負担をかけ、便秘や下痢を起こす危険性があるのです。

そういった心配を払拭してくれるのが、純水(ピュアウォーター)です。
ミネラルだけでなく不純物もしっかり取り除いているので、安心して使うことができます。

関連記事

ページ上部へ戻る