妊婦さんにとってミネラルが多いお水は体にいいの?

妊婦さんにとってミネラルの多いお水は控えたほうが良いでしょう


妊婦さんにとってミネラル分の多いお水は控えた方が良いといえます。

ミネラル分の多いお水といえば、高度の高いお水ということになります。

高度の高いお水は実は胎児へと負担をかけてしまうことになるのです。

なぜなら、ミネラル分の高いお水は、そのほかのお水よりもマグネシウムやカルシウムを多く含んでおり体に負担をかけます。

胎児のような内臓がまだ発達していない状態の場合、ミネラル分の多いお水を摂取すると、良い影響はないといえるでしょう。

体に優しいお水を飲みましょう

硬度の高い、ミネラルを多く含んだお水は、体にとって刺激が強いために腎臓の負担になってしまいます。

体にとってなるべく負担のないように生活したい妊婦さんにとって、なるべく避けたいお水といってよいでしょう。

基本的には硬水の逆、つまり軟水と呼ばれるお水がおすすめです。

軟水はミネラル分が少なく、純粋というピュアウォーターに関しては全くミネラル分が含まれていません。

妊婦さんにとって良いお水とは何でしょうか

妊婦さんは通常の人よりも多くのお水を飲む必要があるといわれています。

理由としてはそれだけ、身体が血液を良く循環させる必要があるということや、運動不足になりがちな妊婦さんが、便秘などの解消のためにお水を飲んだ方が良いという点、さらに体の老廃物をすべて外に排出するために必要な水分を確保しなければいけないことなど、様々な理由があります。

とりわけ、妊婦さんの場合は、羊水のために普通の人よりも多くのお水を必要としますので、お水は欠かすことのできない大切なものといえるでしょう。

しかし、どのようなお水を飲むのかによって、体調にも影響を与えてしまいます。

そこで、妊婦さんとお水の関係について考えておきましょう。

妊婦さんと硬度について

お水の特徴を表す際に用いられる一つの基準となるものが硬度です。

よく名前は耳にするものの、どのような意味かまでは知らない方も多いかもしれません。

硬度とは、お水に含まれる微量のカルシウム、マグネシウムなどの質量を表現したものです。

硬度が低い水を軟水、硬度が高い水を硬水と表します。

硬度の高いお水は基本的に妊婦さんは控えた方が良いでしょう。

なぜなら腎臓へと負担をかけるため、胎児にとって良くないからです。

しかし、時々であれば、硬度の高いお水は妊婦さんの身体に取っては良い方向で働くことがあります。

なぜなら、ミネラルは腸を刺激するので、適度なミネラルを摂取すると腸の働きが活発になり便秘の解消に貢献するからです。

便秘は体に毒素が停滞した状態ですので、ぜひとも解消したい症状ですが、その時にミネラルを含んだお水が役に立つかもしれません。

その時ぐらいであれば、ほとんど胎児にも影響はないと思われますので、妊婦さんの体調に合わせてお水の種類を調整しても良いでしょう。

おいしさとの関係

お水にも味があります。

そして味がおいしいと感じることができないと、ストレスもたまることでしょう。

何せ、妊婦さんの場合、2リットル以上のお水は毎日飲むことが勧められており、それだけにおいしく飲めるお水である方が良いでしょう。

おいしさの点でいうと、適度にミネラル分の入っているお水の方がおいしいと感じる方が多いようです。

ですから飲んだ時に苦痛になりにくいのは、もしかすると硬度の高いお水といえるかもしれません。

もしも、お水を飲むのが苦痛な時には、多少硬度の高いお水も飲んでなるべくストレスをためないほうが、母子ともに有益な場合も考えられます。

体調を見ながら、そこまで神経質になることなく、適度に硬水も取り入れていくことは悪くないでしょう。

結局何をメインに飲めばいいのか

結局のところ、妊婦さんは何をメインにお水を飲んだらよいのでしょうか。

安全面を重視するのであれば、軟水、特に純粋(ピュアウォーター)が一番良いでしょう。

ミネラル分が全く入っていない純粋は、不純物がほとんど取り除かれていますので、お水による母子の健康被害を心配する必要は全くありません。

そのほかの軟水は純粋ほど、不純物のろ過が徹底して行われていない可能性もあるため、安心、安全を第一に考えるなら純粋を選ぶのがベストな選択といえるでしょう。

ですから、メインで飲むのは純粋にして、時折便秘解消やストレスの解消のために硬度の高いお水を適量接種するというのが理想的な水分の摂取の仕方といえるのかもしれません。

妊婦さんとお水の問題はどうして生じたのか


妊婦さんにとって、お水をどのようなものにするかは大きな問題です。

胎児にとっても負担となるのかどうかが分かれるからです。

ミネラル分を含むお水は基本的に刺激が強いので体に負担を与えますので、安全面だけを重視するのであれば避けた方が良いでしょう。

あまり飲みすぎてしまうと腎臓の機能が低下し、体調を崩してしまうこともあり得ます。

そのため、便秘の解消などの目的がある時のみ摂取して、そのほかはミネラル分の少ない軟水を、できれば純粋を摂取するほうが良いのです。

妊婦さんはミネラル分を控えたお水を飲みましょう

妊婦さんだけでなく、胎児にとっても、羊水を構成するお水の成分が重要でないはずがなく、近年では持病の発生原因に、母親の飲んでいたお水の影響さえも考えられています。

健康な赤ちゃんを産むためにも、母子ともに安全なお水の摂取を心がけていきましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る