妊婦さんが夏を乗り切るには水分補給が大切なの?

熱中症になりやすい夏は特に妊婦さんの水分補給は重要です


夏は汗をかきやすく、身体の水分が不足しやすくなります。

特に妊婦さんはホルモンの関係で体温が高く、汗をかきやすいため、体内の水分が不足しがち。

さらに妊娠中は新陳代謝も高いので、体内の水分が不足しやすくなります。

また、体温調節を行う脳の機能が低下し、熱中症にかかりやすくなるのです。

急に暑くなったり、熱帯夜が続いたりする夏は要注意です。

熱中症にかかりやすい夏、妊婦さんはいつもより水分補給を意識して行うことが大切です。

妊婦さんが夏に水分不足をすると熱中症になり危険

妊婦さんが熱中症になると脱水症状になります。

水分不足で脱水症状を起こすと、お腹の赤ちゃんへの血液が不足し酸素や栄養が不足します。

栄養が不足すれば、赤ちゃんは発育不良になります。

腎機能や肝機能に影響を及ぼすこともあります。

熱中症にかかりやすい夏は、水分補給をこまめにして脱水症状を起こさないようにすることが大事です。

妊婦さんが熱中症になりやすい夏を水分補給で乗り切る

夏は妊娠をしていない人でも夏は水分不足になり、熱中症にかかりやすくなります。

水分不足になりやすい妊婦さんは、さらに熱中症になりやすくなり、脱水状態になれば母体や胎児に悪影響が出ます。

そうならないためにも、熱中症になりやすい夏は水分補給をしなければなりません。

夏の間、妊婦さんはどのように水分補給をすればいいのか、正しい水分補給の方法を知っておきましょう。

夏に注意したい妊婦さんの熱中症をこまめな水分補給で防ぐ

熱帯夜が続く、湿度が高い日が続く、急に暑くなる、涼しい場所から暑い場所に移動する、などといった状況が熱中症を引き起こします。

夏になると、このような状況が起こしやすくなりますので、妊婦さんは注意しなければなりません。

吐き気や頭痛、体が熱い、足がつる、だるくなるなどといった症状が出ますが、このような症状はもともと妊婦さんに起こりやすいため、熱中症になっていることに気づかない場合もあります。

熱中症が悪化すると、意識不明になることも。

そうなる前に、水分補給をして熱中症にならないようにすることが大切です。

汗をかきやすく、体内の水分が不足しがちな夏は、特に普段からこまめに水分補給をしましょう。

喉が渇いたからといって、一気に冷たいお水を飲むと便秘や下痢の原因になったり、むくみの原因になったりします。

喉が渇いた、という状態になる前に、こまめに水分を摂取することが大切です。

妊婦さんが夏を乗り切るための水分補給の注意点

夏は喉がかわきやすく、温度も湿度も高い夏は冷たいお水を飲みたくなるでしょう。

しかし、妊婦さんが冷たいお水を大量に飲むと体を冷やしてしまいます。

妊婦さんにとって冷えは大敵ですが、妊娠中は身体が冷えやすいのです。

妊娠中は自律神経が乱れやすく、血流が悪くなります。

運動も思うようにできないことも血行不良につながり、冷えを引き起こします。

さらに夏はエアコンの効いた部屋にいることも多く、冷えやすい状態にあります。

妊婦さんが体を冷やすと、腰痛や便秘、足のむくみ、お腹が張る、つわりがひどくなるなどといった症状が出やすくなるほか、血行不良になることで、お腹の赤ちゃんへの栄養が不足してしまいます。

身体を冷やさないためにも、冷たいお水を大量に飲まずに、常温のお水や白湯など温かい飲み物を飲むようにしましょう。

水分補給のほかに妊婦さんが夏を乗り切るための対策

こまめな水分補給をするほか、熱中症対策として、しておきたいことがあります。

一つは体温を必要以上に上げないことです。

通気性がよい服装を心がけ、体を締め付けるような服装は避けるようにしましょう。

できるだけ軽装で熱を外に逃しやすい服装が理想です。

外出する際にはお水を持ち歩くのはもちろん、帽子や日傘で直射日光を避けることも必要です。

あまりにも気温が高くなる日は、外出を避けた方がいいでしょう。

特に11~15時は気温が高くなるので、この時間帯の外出は控えましょう。

また、お水だけではなく塩分や糖分も摂ることも大事です。

妊婦さんは体温調節ができない


妊婦さんは夏、いつもよりも暑さを感じやすくなります。

妊娠中は黄体ホルモンの分泌が増え、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

そのため、温度調節を行う自律神経も乱れてしますので体温調節ができなくなってしまうのです。

また、妊娠初期は高温期が続き、暑さを感じやすい状態になります。

このようなことから、喉も渇きやすく、水分不足になりがちに。

夏は特にこまめな水分補給が必要となるのです。

妊婦さんの夏は水分補給が大事です

夏は普通でも水分不足になりがちです。

体温調節ができにくくなる妊婦さんはより水分補給が大事です。

さらに暑い夏は熱中症になりやすく、それを防ぐためにもこまめな水分補給が重要です。

冷たいお水ばかり飲むのは控えて、常温の水をこまめに飲んで熱中症対策をしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。



関連記事

ページ上部へ戻る