高齢者の水分補給で気を付けることは?

高齢者の水分補給はこまめな摂取が大切です。

高齢者に必要な水分補給
お年寄りの中には、体をあまり動かさなかったから、汗をかかなかったから、などの理由で水分の補給をしない方が見られます。

しかし、常に水分は体外に排泄されているので、こまめな水分補給が必要です。
周りにいる人たちも、水分が不足していないか常に注意を心がけましょう。

お年寄りは、なかなか自分でお水を買いに行ったり、用意したりするのが難しいものです。

そのようなときは、部屋にウォーターサーバーを置くなどして、いつでも水分補給ができる環境を整えてあげましょう。

高齢者の体は乾いています。

高齢者の体内にはもともとの水分量が多くなく、成人が60%であるのに対し、高齢者は50%の割合です。

水分を体内に蓄えるための筋肉が減っているためで、少し多めに汗をかいただけでも脱水症を引き起こすことがあります。

腎臓は水分の調節に重要な役割を果たしていますが、この臓器の機能が加齢により低下しているので、老廃物を排出する尿の量が増えさらに水分量が減るのです。

高齢者が気を付けるべき水分補給とは?

高齢者の場合、成人の場合よりもさらに体が乾きやすいために水分補給がより重要になってきます。

高齢者ご本人が自分でケアしきれなければ、周囲にいる家族などが配慮をしなければなりません。

水分不足を放置すれば死に至るケースもあります。
高齢者が気を付けるべき水分補給について見てみましょう。

高齢者が必要とする水分量

高齢者の場合、一般的に、食事から摂取される水分を除けば1日に1000~1500mlの水分が必要であるとされています。
つまり、飲み物からの摂取になります。

もちろん、これは一般的な数字であり、個人の体調、置かれた環境などによりもっとたくさんの水分を摂らなければならない場合もあるでしょう。

とりわけ、高熱が出たときや嘔吐、下痢が見られたときには水分補給にも配慮が必要になります。

夏場の水分補給が大切なのはもちろんですが、秋から冬にかけては汗をかいた実感がなくなりのどが渇いている感覚がなくなるのでつい水分摂取量が減りがちです。

しかし排泄量は年間通して変化がないので、季節に関係なく十分な水分の定期的な補給が重要になります。

高齢者の水分補給のポイント

高齢者の多くは自らお水を飲もうとはしません。

自分で思うようにトイレを済ませられない方や失禁の心配がある方は特に、水分をできるだけ摂らないようにと、お水を飲むのを拒否する方もいます。

ここで無理やり飲ませないようにしてください。
忍耐が必要ですが、こまめに水分補給をする努力をして、排せつに関して精神的なケアも効果があるでしょう。

心臓病や腎臓病がある方は水分量を制限されている場合があります。
その人に合った水分量があるので、担当の医師に適切な水分摂取量を尋ねた上で水分補給をしてください。

飲むのは、お茶やジュースよりも、お水が適しています。

冷たいお水はお年寄りの体を冷やしてしまうため、5℃以上のお水を飲むようにしましょう。
そのようなお水を常備するなら、ウォーターサーバーが便利です。

適温のお水をいつでも手軽に飲めるため、お年寄りの水分補給や、薬を飲むときにも役立ちます。

高齢者の脱水のシグナル

高齢者の場合、本人や周囲の人間も気づかないうちに脱水状態に陥っていることがあります。

高齢者が気を付けるべき水分補給を周りの人がしっかりと認識していることが大切です。

咳に痰がからまった状態が続く

水分の摂取量がかなり少なくなってしまうと痰がからみやすくなっていきます。

水分の補給によって、咳をしても痰がからまなくなります。

脇の下が乾いている

脇の下は、少し湿っているのが通常の状態です。

高齢者の方の脇の下に手を当てて、湿っていなければ脱水のサインである可能性があります。

手の甲の皮膚で確認する

ハンカチーフサインをご存知でしょうか。

高齢者の方の手の甲の皮膚をゆっくりと摘み上げることで脱水状態をチェックするというやり方です。
つまんでもすぐ元に戻れば問題はありません。

しかし、摘み上げたあとしばらくの後元の状態に戻らなければ、脱水を疑ってください。

軽い脱水であれば経口補水の対応で改善されますが、心機能・腎機能が低下しているお年寄りの場合は早めに医師の診察を受けてください。

気づきにくい高齢者の脱水

高齢者の脱水症状
お年寄りは体内の水分量が少ないことから、少しいつもより多めに汗をかいただけでも影響が大きく、脱水症になりやすくなります。

水分の摂取量が少なければ食欲が減退し、食事の量が減ってしまいます。
食事の量が減ることで脱水状態がさらに進んでしまうのです。

また、お年寄りの腎機能低下は、老廃物の排出のための尿の量を増やしてしまうのでいっそう体から水分が奪われます。

また、代謝機能が低下していて薬の影響を受けやすいので、利尿剤の投与を受けている方は脱水症のリスクがより多いと考えてください。

周囲の人間の配慮が大切

お年寄りは自分の喉の渇きに気づきにくいことを周りの方は知っていてください。
無理強いは禁物ですが、できるだけこまめに水分を与えることが大切です。

高齢者が気を付けるべき水分補給について知り、水分補給量が不十分ではと感じたら、脱水症になる前に早めの対応をしてください。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る