成人と子供、効果的な水分補給方法は?

どちらもこまめな水分補給が効果的です。

子供にもこまめな水分補給を
子供は大人以上に水分を必要とします。

子供が必要とする1日当たりの水分量は、幼いほうが多くなり、体重1㎏あたり新生児で50~120ml、乳児が120~150ml、幼児で90~100ml、学童期の子供で60~80mlです。

体重が20㎏の子供であれば1日当たり1.2リットルから1.6リットルの水分を摂取しなければなりません。

成人になると40~50ml必要であり、子供の方が必要水分量が多いことがわかります。
子供の場合も成人も、こまめに水分を摂取するのが効果的です。

なぜ子供にはたくさんの水分補給が必要?

子供は大人よりも脱水を起こしやすく、子供の体からは水分が簡単に出て行きます。
大人よりも体を占める水分量の割合が多いからです。

特に汗をかく季節や体を動かした際にはこまめに水分摂取する必要があり、これは大人にも当てはまります。

水のがぶ飲みは、喉の渇きは癒やせますが、過剰な水分により胃に負担がかかり、胃液が薄まり消化不良になったり、ひどくなれば水中毒にもなったりします。

子どもと成人、それぞれに適した水分摂取方法とは

子供の場合は、自分でのどの渇きなどを保護者にうまく伝えられない場合もあるので、周囲の人間は注意していなければなりません。

効果的な水分補給法(成人と子供別)について、見ていきましょう。

子供の水分補給のポイント

子供に水分を摂取させるタイミングは、お風呂上りや運動や遊んだあと、子供が飲みたがるときを目安にしてください。

汗をたくさんかく季節にはそれ以外のシーズンよりも多めの水分が必要ではありますが、極端に多すぎても下痢になってしまうこともあります。

その子のおしっこの量や汗の量などを観察して様子を見ながら量を調節してください。

下痢や嘔吐のときには脱水を進行させないように水分を与えますが一度に大量に与えると刺激となりかえって症状が悪化するので気を付けましょう。

赤ちゃんの場合、こういったときにはスプーン1杯から与えてください。
哺乳ビンやコップに、与える分だけ入れるのが大切です。

赤ちゃんには母乳やミルクを与え4~5か月くらいになったら、それ以外の水分を与え始めます。

それ以前は母乳やミルクによる水分補給で十分です。

また、子供に充分な水分補給をさせるにはウォーターサーバーを利用するのも良いでしょう。
ウォーターサーバーの操作は子供にも難しくなく、お水とお湯が使えるため赤ちゃんのミルクを作るのにも便利です。

子供の水分補給で気を付けたいこと

汗を大量にかいたまま放置したり嘔吐、下痢、発熱の状態が続いたりしたときにはとりわけ小さなお子さんは、親にのどの渇きを上手に伝えることができません。

水分量が足りないとのどの渇き以外におしっこの量が減るなどの症状が現れます。
放置すればめまい、頭痛、吐き気、だるさなどが出てきます。

汗が出ずに体温が上がり意識を失うこともあり、脱水症となります。
この状態が続けば命を失う危険性もあります。

脱水は外だけでなく、室内でも起こります。
車内や室内でも蒸し暑くなって脱水症は起こるので保護者は注意してください。

こまめな水分補給以外にも、常に、室温や気温に注意を向けて、着させる衣服の素材に配慮して、汗をかいていれば頻繁に着替えることも大切です。

子供が脱水しているかどうか、いざというときに即座に判断できるように普段から、ミルクや母乳の飲む量、子供のおむつ交換やトイレのタイミング、オムツの重量などを知っておきましょう。

大人の効果的な水分補給方法とは

水分不足は脱水症や熱中症を引き起こすことが知られていますが、少しの水分不足でも皮膚の乾燥など引き起こし美容にもよくありません。

一度に大量に水分を摂取すると吸収されにくくお腹が張り、下痢になることもあります。
脱水へとつながる行為でもあるのでこまめに少しずつ、が鉄則です。

喉が渇いたな、と思ってから水を飲むのでは遅すぎる、とも言われます。
既に脱水が始まっているので、のどが渇いたと自覚する前に水分を補給しましょう。

1日あたり2リットルを参考にしてください。
外出先でも1リットルほどは補給できるように工夫しましょう。

夜寝る前と起きた後のコップ1杯の水は非常に重要ですが、運動する前後、出かける前、帰宅後、など節目ごとに水分摂取する習慣をつけるのがおすすめです。

いつでも水分補給ができるように、ウォーターサーバーを利用するのも良いでしょう。

水の買い置きがなく、水分補給できなかった、なんてこともなくなります。
ウォーターサーバーを上手に利用して、こまめな水分補給を心掛けましょう。

子供は相対的にたくさんの汗をかく

子供はたくさん汗をかく
子供のほうが成人よりも多くの水分補給の必要があるのは、水分を失いやすいためですが、これには子供の汗腺の数が大人と変わらないからという理由があります。

汗腺は汗が出る場所であり、日本人一人に平均約230万個あるとされています。
人間は体内の水分で汗をかくことで上がり過ぎた体温を下げるよう調節します。

お子さんが汗をかいたら放置せずにできるだけこまめに水分補給をすることが大切です。
ふだんから周りの大人が配慮するようにしましょう。

水分はこまめに、がぶ飲みは避けよう

大人であっても子供であっても、水分はこまめな摂取が必須です。
一気飲みなどの一度の大量摂取は体に負担をかけて水中毒などの悪影響を及ぼします。

こまめに水分を摂る習慣を身につけ、子供の場合は周囲にいる大人が適切なタイミングで水分を与えましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る