血圧の改善に効く水分補給ってどんなもの?

血圧改善は適度な水分補給が大切

血圧改善に水分補給
血圧と水分補給の関係は密接で、その量は多くても少なくてもいけません。

また、水分補給の仕方や摂取する水分の種類にもちょっとした注意が必要となります。
血液などの体液は全て、体に取り込む水分で出来ています。

そのため、水分補給を行わないと血液はドロドロとなり、血圧が上昇します。
しかし、だからといって過剰に摂り過ぎても血圧に良い影響はありません。

毎日必要量をこまめに摂って、常に良い水分バランスを維持することが大切です。
過剰に摂ってもそれは排出されるだけとなります。

過剰な水分補給は血圧に逆効果も

体に取り込まれた水分は、必要な量しか使われません。
そして余った分の水分は体の血管を通して腎臓に送られて排出に回されます。

水分の排出という働きも、過剰になると腎臓の負担となり、体調不良をいう結果を残します。
過剰な水分を排出させるために、活発に血液を送り出すことが必要となると、血圧はあがります。

血圧は水分が少なくても多くても、それぞれの理由で上がっていくのです。

血圧と水分補給の関係

血圧と水分補給はとても微妙なバランスを取ることで体の健康を維持しています。
体は細胞などの組織に水分を蓄えており、また毎日の生活の中で体の働きのために水分を使います。

人はその使った分を適宜水分補給で補ってそのバランスを取っています。
水分が使われるのは運動で汗をかいたときだけではありません。

何もしていない時にも汗はかきますし、呼吸によっても水分は失われます。
反面、水分補給の仕方も飲料水だけではありません。

食事や体の中での代謝によって生まれるお水もあり、その全体量を考えた上で飲料水を利用することが必要です。

高血圧に水分補給は必要

血圧と水分補給の関係を語るときに問題となるのが、高血圧の人の水分の不足についてです。
高血圧の人は血液がドロドロになっていることが多く、それが血圧上昇の原因となっています。

そのため血液の水分量を上げるために、適切な量の水分補給が必要となり、吸収しやすい状態で補給を行わなければいけません。

一日に必要な水分の量は大人でおよそ1.5リットルから2リットル程度です。
体から失われる量は2.5リットルくらいと言われますが、食事などから得られる水分を引いた分を飲料水から摂取します。

血液がサラサラになれば、血管内がスムーズに流れて、強い圧力で押し流す必要もなくなります。

過剰な水分補給による弊害

血液の中の水分量が減ると血圧が上がりますが、それだけが高血圧の原因ではありません。
水分は体内に入ると消化器官を経て血液に流れ込み、体に運ばれていきます。

体中に必要量が満たされた後は、余った水分は再び血流に乗って、今度は腎臓へと運ばれていきます。
余った水分が多いとその分血液を大量に送り出す必要があり、血圧が上昇します。

高血圧は、水分が少ないことだけが影響するわけではないのです。
排出時には腎臓に負担をかけることにもなります。

また、水分補給以外の原因でも血液をドロドロにして血圧を上昇することがあります。
運動不足によってエネルギーの消費が減ると、血液中には脂肪や糖が溜まりやすくなります。

大量の水分によって腎臓に負担をかけた上に今度はこれらの成分の負担を負うことになります。

毎日の適切な水分補給を心がける

血圧に良い影響を与えるために水分補給をするのであれば、飲み方や量などに注意しなければいけません。

一度に大量の水分を摂っても、吸収できずに排出されるだけでなく、消化液を薄めて胃腸の働きを悪くしてしまうこともあります。

一日の必要量を越えないように注意して、水分バランスを維持しましょう。

水分が不足気味の人は

水分を取り慣れていない人は、いきなり必要量を目指すのではなく、体を慣らすように少しずつ量を増やしていきましょう。

高血圧を指摘されている場合には、医師の指示にも従う必要があります。

良い水分を選ぶ

水分補給のためには、どんな飲料でも飲めばいいという訳ではありません。
コーヒーやアルコール飲料は、利尿作用が高いため、飲んでも水分補給にはなりません。

反対に排出が進み、不足してしまうこともあります。
ジュースなども糖分が血液ドロドロを引き起こす恐れがあります。

また、ミネラル分の豊富なミネラルウオーターも問題があります。
ナトリウムは体内の電解質バランスには必要ですが、過剰摂取は血管の壁を傷つけることもあるのです。

水分補給に良いのは不純物の入っていないために吸収しやすいお水です。

現代人の食生活では、塩分過多になりやすいため、硬度の高いミネラルウオーターよりも低いお水の方が合っている場合もあります。
老廃物を増やさないお水は、腎臓や血管に影響を与えずに水分補給ができるのです。

このようなお水を用意するのが難しい際は、ウォーターサーバーを利用すると便利です。
純度の高いお水を扱っているウォーターサーバー会社を探してみると良いでしょう。

水分の欠乏が血液ドロドロを引き起こす

水分不足は血液をドロドロにする
水分は体を生かし続けるためになくてはならないものです。
生きるために必要な水分を摂取し続けなければ、血液はドロドロになり、体の循環が悪くなります。

循環を高めるために血圧を上昇されることは、心臓などの臓器の負担を増やし、生活習慣病のリスクを高めたりします。

そのため、血液をサラサラにして血圧を安定させることが健康のためには必要です。
水分補給によって体内の循環を良くするためには、吸収されやすく老廃物の負担を増やさない水が必要となります。

水分補給をして血圧を管理

水分補給は体の負担にならない適量を心がけて、血圧を管理しましょう。

血圧を適切に管理することができれば、循環も良くなりますし、血管内の健康を守ることもできて、病気のリスクを下げることができます。

続けられる水分補給の方法を選び、継続的に体の水分バランスを維持することが必要です。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る