脱水症状を予防するための水分補給法のポイント

脱水症状のための水分補給法を日常に

脱水症状を予防
脱水症状は命に危険があるほどの深刻な状況にもなり得るものであり、予防や軽いうちに正しい処置をすることが必要となります。

水分補給は予防のために非常に重要なもので、正しい水分補給法を身につけておくことでリスクを軽減することができます。

脱水症状は体の中の水分が減ってしまい、体内の水分バランスが崩れることで起こります。

予防するためには、吸収しやすいように水分摂取をすることとともに激しく汗をかいた際などには汗に含まれている他の成分も必要に応じて補うことが大切です。

脱水症状予防が水毒症を引き起こす

脱水症状も恐ろしいものですが、反対にお水を飲みすぎることで起こる水毒症、水中毒も心配です。

水毒症とは、お水を多く飲むことによって体液に含まれている水分以外の成分が失われることで発症します。

低ナトリウム血症とも言われ、汗で奪われたナトリウムを補わずに水分だけが体内で増えることで体液が薄くなることが原因です。

発症すると水中毒となって水分を受け付けなくなってしまいます。

脱水症状のための水分補給法

脱水症状とならないためには、適切な量を適切な飲み方で水分補給することが必要となります。

少なすぎる水分補給では脱水症状となりますし、多過ぎる水分摂取は水毒症(低ナトリウム血症)のリスクが高くなります。

水毒症となってしまうと、それ以上の水分を体が受け入れられず、水分補給ができなくなり、最終的には脱水症状となります。

そのため、リスクを知り、正しい水分補給法を選ぶことが大切なのです。

脱水症状のリスクと水分補給のリスク

脱水症状のリスクが高くなるのは、暑い夏や激しい運動をしているときが多くなります。

体が弱く、喉の渇きを感じにくい、またはそれを自分で解消できない高齢者や赤ちゃんなどでは夏以外の季節も注意が必要です。

脱水症状になると、さまざまな症状があらわれて、悪化すると意識障害を起こすこともあります。
脱水症状のサインとして注意すべき症状には以下のようなものがあります。

  • 筋肉が疲労して、けいれんを起こす
  • 倦怠感を起こす
  • 頭痛、めまい、吐き気などが起こる
  • 大量の発汗などが起こる

これらの症状が出たら、脱水症状の危険信号です。

そのまま無理をすると脱水症状から熱中症へと症状が移行することがあり、大変危険です。

また、脱水症状を起こさないように水分補給を行っている人も注意が必要です。
多過ぎる水分が体に急激に入ることで水毒症を起こします。

水毒症も急激な体内の水分バランスの変化で重篤な症状を引き起こすことがあります。

さらに、血液濃度を上げようと、脳が腎臓に尿をたくさん出すように指令を出して、腎臓を疲れさせることもあります。

正しい水分補給法で脱水症状予防を

脱水症状も怖いことですし、飲みすぎも良くない影響を体にもたらします。

水分補給法を正しく知ることは、体をどちらのリスクからも守ることにつながります。

また、暑い日だけでなく、曇りの日でも湿度の高い日には注意が必要です。
目に見える形で大量の汗を流さなくても、人は絶えず水分を失っているものなのです。

一回の水分補給で飲むのはコップ1、2杯

人間は一度に飲んで吸収できる量がある程度決まっているため、一度に飲む量を急激に増やさないようにします。

一回あたりに飲む量は200ミリリットル程度に抑えて、こまめに飲むようにします。

消化器官を通り、小腸で吸収させるためには時間がかかるため、喉の渇きがなくても2時間おきくらいに水分補給をすると良いでしょう。

利尿作用のないもので水分を

カフェインやアルコール飲料は利尿作用があるため、脱水症状の予防にはなりません。

また、糖分の多い飲み物も水分吸収の妨げとなります。

お水や麦茶、ルイボス茶などのノンカフェイン飲料を選びましょう。

赤ちゃんの脱水症状のための水分補給法

赤ちゃんの脱水症状は、体の容量が少ない分大人よりも心配です。

また、赤ちゃんは大人よりも体の水分の占める割合が高いため、脱水症状になりやすいものです。

赤ちゃんは自分で飲み物を準備したり、飲みたいと正確に訴えたりすることができません。

そのため、大人以上に水分補給法には注意をしなければいけません。

赤ちゃんの水分補給法

赤ちゃんの水分補給法も大人と基本的には変わらず、一度に大量に飲ませないようにすることと吸収しやすいものを与えることが必要です。

こまめに水分補給をすることで、体の水分量と水分バランスを整えて、良い状態を維持できます。

赤ちゃんの水分補給で特に注意したいのは、カフェイン入りのものや大人が飲むミネラルウオーターなどを与えないようにすることです。

赤ちゃんの体はまだ未発達で弱い為、大人が飲むものは体が受け付けないことがあります。

また、冷たく冷やした飲み物は美味しく飲めますが、消化器の負担となる上に吸収率が落ちます。

赤ちゃんの水分補給には、ピュアウォーターが適しています。
ピュアウォーターのウォーターサーバーであれば、お湯も使えるためミルクを作るのにも便利です。

水分補給法で脱水症状のリスクを減らす

のどが渇く前に水分補給
脱水症状は非常に危険な症状であり、予防によって回避することが何よりも大切です。

水分補給法を正しく知ることで、効率的な水分補給を行い、体の水分をバランスよく安全に保つことができます。

のどが渇いてから、ごくごくと勢いよくお水を飲む人は多いものですが、この飲み方では脱水症状の予防にはなりません。

ウォーターサーバーなどを利用して、のどが渇く前にこまめに補給を行って水分が体から出て行く分を常に補充するようにしましょう。

脱水症状の予防に正しい水分補給を

脱水症状には正しい水分補給が必要です。
飲み物の種類や量などに十分注意して行いましょう。

特に体の弱い赤ちゃんなどに与える水分は、大人よりも慎重に選びましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る