ウォーターサーバーで解消!妊婦と水分の関係性とは?

赤ちゃんのためにも水分補給を心掛けたい

産まれてくる赤ちゃんの為に水分補給を
妊娠すると2人分の栄養が必要だといわれるように、水分も2人分必要となります。

適切に水分を補給することは、血液のドロドロを予防し赤ちゃんに栄養をしっかり届けることにも繋がるということを覚えておきましょう。

胎内の赤ちゃんはお母さんが食べたものと飲んだものから栄養をもらっていますから、たった10ヶ月の間に1つの細胞が1人の人間まで成長するために栄養面や血流を良くする水分補給は大切だといえます。

水分不足は赤ちゃんの健康さえも左右しているのです。

妊婦さんは水分不足に陥りやすい

ウォーターサーバーなどで水分補給が大切なのは、代謝により体内の水分を失うからです。

1日に出て行く水は総合して約2L~2.5Lです。
そのうち尿として出るものが一番多く、1L~1.5L程度を失います。

それ以外は汗、呼気、便などに含まれています。

そして1日に必要となる水分の量は、飲料として1.2L~2Lです。

妊婦と水分はウォーターサーバーがおすすめの理由

妊婦と水分の重要性がわかったら、次はどんな飲み物を利用したら良いか知るようにしましょう。

水分補給といっても実は何でも良いわけではないのです。

一番適している飲み物といえばウォーターサーバーなどの純粋なお水です。

市販のミネラルウォーターを利用しても良いのですが、胎内の赤ちゃんのことを考えると、できるだけ混じりけの無いピュアなお水を選びたいものです。

ミネラルウォーターは妊婦には適さない?

安全性の高いお水であるというイメージが強いミネラルウォーターは、当然妊婦さんにも適していると思う方も多いかもしれません。

しかし、ミネラルウォーターに含まれるミネラルの濃度が高いお水は、人によっては下痢を引き起こしますし、早産につながるという説もあるのです。

また、胎内の赤ちゃんはまだ内臓が未発達のため、多くのミネラル分は体に負担をかけます。
特にミネラルが濃い硬水は、妊婦さんは避ける方が無難といえるでしょう。

母子の健康を考えるなら、できればミネラルを取り除いた純水(ピュアウォーター)による水分補給をしてください。

ピュアウォーターの導入方法としては、ウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーを利用すれば、安全なピュアウォーターを手軽にいつでも飲むことができます。

カフェインが多い飲み物はダメ

コーヒーやお茶などに含まれるカフェインには利尿作用があります。
そのため水分補給としては適していません。

さらに母体が摂取したカフェインは血液を通し胎児にも伝わることがわかっています。
カフェインは興奮作用を持ち、飲みすぎれば体に負担をかけてしまいます。

赤ちゃんはまだ内臓ができていませんから、少量のカフェインでも影響を受けやすくなります。

リラックス効果を得るなら1日1杯など量を決めて利用し、水分補給としては適していないため、別に水分を摂るようにしてください。

糖分の多いジュースに注意

水分補給は100%フルーツジュース、野菜ジュースでも良いように感じてしまいます。
たしかにビタミンやミネラルも含まれており、健康的なイメージがあります。

しかし、これらの飲み物は濃縮還元されたものが多く、思っている以上に糖分が多く含まれています。

妊婦さんが太りすぎると妊娠中毒症を招き赤ちゃんへの影響が起こりやすくなります。

ビタミンやミネラルを摂取したいなら果物や野菜などで補えばよく、ジュース類はできるだけ量を減らすのが無難です。

アルコールは絶対にNG

妊婦さんの水分補給でアルコールを利用するのは絶対にNGです。
発達の遅れ、中枢神経のダメージ、独特な容姿の変化などの影響が指摘されています。

万が一妊娠に気が付かず飲んでしまったという方もいるかもしれません。
その場合はわかった時点で1日でも早く止めることです。

妊娠の可能性がある方は排卵~次の生理まで禁酒しておくと安心です。

水分量は徐々に増やすのがおすすめ

水分量の目安
妊婦さんは妊娠が進むにつれて血液の量が増えたり、羊水ができたりするとその分の水分も必要となってきます。

妊娠中にNGとなる飲み物ばかりでは適切な水分補給にはなりませんから、別途水を必要な量だけ飲む必要が出てきます。

1日の量でいえば約2Lです。

そしてお腹に脂肪が付きだす頃に徐々に水分量を多くし、お腹が急激に大きくなる頃にもこまめな水分補給を心掛けましょう。

お腹が大きいと一度にたくさん飲めなくなるため、コップ1杯を何度か分けると飲みやすくなります。

妊婦と水分ではウォーターサーバー

妊娠中は赤ちゃんに適切な栄養と水分を届けるためにも、水分補給を少し多めにする必要があります。

妊婦さん自身も普段より喉が渇くと感じられますから、ちょこちょことお水を飲みましょう。

妊婦さんは水分補給にならない飲み物よりもウォーターサーバーのような純粋なお水をおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る