水の摂取は健康と関係があるの?

水が不足すると健康でいられません。水と健康には深い関係があるのです

水分不足で血液循環が悪くなる
人間の体は約60%が水分でできていると言われています。

そのため、水分が不足すると健康に悪影響が出てきます。

水が不足すると血液濃度が高くなり血液循環が悪くなり、冷え性や便秘などを引き起こすほか、血栓ができやすくなり脳梗塞や心疾患などの病気の原因になります。

また特に夏などは脱水症状を引き起こし、めまいや吐き気、頭痛、意識の低下などを招きます。

体温調節もできなくなるため、体温が上がり、汗が尿も出なくなり、体の機能低下を起こします。

健康を保つために水には重要な役割があります

人間の体の約60%は水でできていると言われています。

生活していると尿や汗、呼気として1日に約2~2.5リットルの水が出ていくとされ、その分を食事や飲料水で補わないと、体の機能が低下するのです。

水が不足することで、血液が粘りのある状態になり、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、脳内の血流も悪くなり精神にも悪影響を及ぼすと考えられます。

水と健康の関係を具体的に知っておきましょう

私たちが健康でいるために重要な働きをしている水ですが、水が不足すると体にはさまざまなトラブルが起こります。

それは便秘や肌荒れなどの美容にも関係し、また命に関わる危険な病気を引き起こす原因ともなるのです。

頭痛や物忘れなど、脳内の健康にも関係する水分不足。

水が不足すると健康にどのようなダメージがあるのかを、具体的に知っておきましょう。

水分不足は便秘の原因になる

便秘の原因の一つは水分不足です。

体の水分が足りなくなると、体外に排出する水分を減らそうとするため、便の水分が少なくなって便が硬くなるのです。

そのため、排便しにくくなり便秘が起こります。

便秘になると腸に残っている便はさらに水分がなくなるため、便秘が悪化してしまいます。

便秘を解消するには食物繊維が必要と言われ、積極的に食物繊維を摂っている人も多いでしょう。

食物繊維は水分を吸収して膨れ、腸が刺激されることで蠕動運動が活発になり排便につながります。

しかし、水分が不足していると食物繊維が膨れることはなく、便秘の解消につながらないのです。

便秘を解消しないと、肌荒れや肥満、冷え性、肩こり、アレルギー、痔などのほか、頭痛や腰痛、大腸がんなどの病気を引き起こす可能性も高まります。

便秘の原因の一つである、水分不足をしないようにしましょう。

水分が足りないと風邪をひきやすくなる?

水分が不足していると風邪をひきやすくなると言われているのをご存知でしょうか?
乾燥は風邪の要因ですが、鼻やのど、気管などの粘膜が乾燥していると、風邪をひきやすくなります。

特に粘膜にうるおいがないと、菌の予防ができず、菌が体内に侵入しやすくなるのです。

粘膜のうるおいを保つには、体内に水分が十分にあることです。

風邪は万病のもとと言われています。

たかが風邪くらいと思っていると、熱を出したり、肺炎になったり、気管支炎を引き起こすこともあります。

また、インフルエンザなどにかかれば、仕事や家事など日常生活にも支障が出ます。

こまめに水分を摂ることは、風邪対策にもなるのです。

冷え性を改善したいなら水を飲む

女性に多い冷え性の要因の一つは水分不足と言われています。

水を飲むと体を冷やしてしまい、冷え性になるから、水分は控えているという人もいるのではないでしょうか?
それでは冷え性を悪化させてしまうのです。

なぜなら、冷え性の原因は血行不良だからです。

水分が不足すると血液濃度が上がり、血液はドロドロの状態になり、血液循環が悪くなります。

血液循環が悪くなれば、老廃物も排出できずそれが蓄積されてさらに血行が悪くなります。

水分不足は体温調節もできにくくなるため、冷え性になりやすいのです。

冬などは寒いので水をなるべく摂らないという人もいるでしょう。

しかし、必要な量の水分がないとかえって冷え性を招いてしまいます。

常温の水をこまめに摂るようにして、冷え性を改善しましょう。

水分不足になってしまうのは理由があります

ダイエットは水分不足の原因に
水分不足になるのは理由があるものです。

一つはダイエットです。

食事制限をしていると本来食事から摂取できる水分を摂ることができず、その分、水分が不足してしまいます。

食事を減らしているのであれば、その分を意識して水を摂取するようにしましょう。

水を摂るとむくむ、という誤解も水分不足を招く要因です。

適切な量の水分を摂っていれば、不要な水は体外に排出されるため、体に溜まることはなく、むくみの原因にはなりません。

心配せずに、必要な量の水分は摂るようにしましょう。

健康のためには水分摂取はしっかりと

喉が渇いてからでは、体は水分不足状態です。

水が不足すると、便秘や風邪、冷え性などになりやすくなります。

体が健康でないと、仕事や家事などもできなくなります。

喉が渇いていなくても、こまめな水分補給をして水分不足にならないようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る