新陳代謝の定義とお水との関係とは?

新陳代謝の定義とは古いものが新しいものに代わること

1b9e3d7b773227b8fd6f439cb540fc2c_s
ダイエットやお水のことについて調べていると、「お水を飲むと新陳代謝がよくなる」といった言葉を聞くことが多いのではないでしょうか。

新陳代謝とは、古いものが新しいものに入れ替わることを指し、体の中では古い細胞が新しくなり、それによって体の老廃物をきちんと外に排出することを意味します。

この動きが正常でないと、細胞の活性化が行われなくなり、老廃物が体にどんどんたまっていくことになってしまうのです。

体を作るために必要な作用

新陳代謝は、私たちの体を作るために不可欠な作用です。

これによって、食事から得た栄養素をエネルギーに変えて活動したり、体の組織を新しく作ったりできるのです。

そうすると内臓や血液などが新しく生まれ変わって、体の働きが活性化します。

新陳代謝を上げるためにはお水を飲むとよいとされる理由は、体内の水分量を十分にすることでその働きを助けることができるためです。

新陳代謝の定義とメカニズムとは

新陳代謝とは、食事によって体内に摂り込んだ栄養素を体の各組織へと合成する作用と、摂り込んだ栄養素をエネルギーにして内臓などの働きで消費する作用に大きく分けることができます。

それが定義であり、私たちの体が新しく生まれ変わるのに不可欠な動きなのです。

その2つの作用とメカニズム、そしてお水との関係性を下記に挙げていきます。

2つの代謝の種類

新陳代謝の中で大きく分けられる2つの作用によって、私たちの体は常に新しい状態に代わっていきます。

その2つの作用とは、同化と異化と呼ばれるもので、これらがいずれも正常に行われることで活発な新陳代謝となるのです。

まず同化とは、体内に摂り込んだ栄養素を使って体の各組織を合成する作用を指します。

内臓や皮膚、血液に筋肉など、体のすべての組織を作り出し、新しく生まれ変わらせているのはこの同化作用によるものなのです。

このときに、古い細胞や老廃物はどんどん体外に排出され、常に新しい状態を保っています。

一方異化とは、体の機能を保つためにエネルギーを消費する作用のことで、体内に摂り込んだ栄養素をエネルギーとして活動が行われます。

異化作用は3種類に分けることができ、体の活動時における違いで分類されます。

1つめは基礎代謝と呼ばれるもので、体を動かしていない状態でも常に行われている代謝です。

内臓の動きや呼吸、体温調節などの働きをするときにエネルギーが消費され、その活動を維持しています。

2つめは生活活動代謝と言い、体を動かすときにエネルギー消費が行われるものです。

運動をすると脂肪が燃焼されて痩せるというのは、この代謝が活発に行われることによるのです。

3つめは食事誘導性耐熱産生と言って、摂取した食事を消化し、栄養素を吸収する過程でエネルギーを消費する代謝のことです。

食事をした後にも体内ではエネルギーが必要になるということです。

お水を飲むこととの関係性

では、これらの作用とお水を飲むことにはどのような関係性があるのでしょうか。

私たちの体を作る組織は細胞によって形成されており、その細胞はほとんどが水分で占められています
この水分量を調整することで、細胞の働きは活性化するのです。

細胞が水分を取り込むのは血液からですが、体内の水分量が足りないと血液がドロドロになってしまい、細胞との水分のやりとりがうまくいかなくなってしまいます。

その結果、細胞の活動が活性化されなくなり、体の組織を作る動きも低下してしまうのです。

また、体内の水分量が低下すると排便や排尿といった体内の老廃物を排出する機能にも影響が出ます。

老廃物がうまく体外に排出されなくなることで、血中にそれらの物質が残ったままとなり、やはり体内の組織が活性化するのを妨げてしまいます。

さらに、お水を飲むと一時的に体温が下がりますが、そこからまた体温を上げるためにエネルギーを消費します。これが新陳代謝のアップにつながるというわけです。

つまり、お水を飲んで体内の水分量を十分に保つことで、体内の活発な働きを維持し、また新陳代謝を上げることにもつながるのです。

お水を飲むことでこんな効果が

お水を飲むことが体にもたらしてくれる効果はたくさんあります。

それらはだいたい新陳代謝の活性化につながることで、私たちの体を健康な状態に導いてくれます。

お水を飲むと、その分体内の水分量が上がりますから、老廃物を含んだ水分との交換が活性化されて利尿作用がアップします。

それにより、エネルギー消費をして発生した物質や食事を消化したときに発生した不要物をきちんと体外に排出することができます。

また、血液にも水分が補給されてサラサラの状態になりますから、栄養素を全身に運ぶ活動が活発になり、その結果各組織の合成も常に行われやすくなり、細胞の生まれ変わりも促進してくれるのです。

こうして体の活動は全体的に活性化し、健康な体の状態を作り出します。

代謝とは何かを知ること


お水を飲むことで新陳代謝がよくなるというのはよく耳にすることですが、新陳代謝とはどのような定義のものなのか、またお水を飲むことでその作用がどのように働くのかをあまり知らない方が多いのではないでしょうか。

自分の体に何が起こっていて、お水がどんな効果をもたらしてくれているのかをよく知ることで、体のためにお水を飲むことの必要性を感じられるようになるでしょう。

健康を保つためにお水を取り入れることは有効なのです。

体の働きにはお水が必要不可欠

このように、体の中では常に新陳代謝が行われており、その働きを助けるためにお水は重要な位置を占めます。

毎日生き生きとした体内活動が行われるのは、バランスのよい食事はもちろんのことですが、お水を飲むことでその活動が支えられているためでもあるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る