新陳代謝を促進させるのにいいスープとは?

食材選びは大切

433c86f4b9d5c6d120283b5b3f33f731_s
私たちの体は、口から摂りいれるもので作られてゆきます。

また、何を摂りいれたかによって体が温まったり、冷えたりもします。

食材の力は意外と大きいものです。

新陳代謝に関してもそうです。

何を摂りいれるかによって、新陳代謝を活発にすることもできれば、滞らせてしまうことにもあります。

新陳代謝を促進させる食材には、根菜や生姜、玉ねぎなどがあります。

体を芯から温めてくれる食材、血流を良くしてくれる食材を多めに摂りいれるようにしてみましょう。

根菜は体を温めてくれる

土の中にできる野菜を総称して「根菜」と言いますが、根菜は体を芯から温める働きがあると言われています。

根菜にはニンジン、大根、レンコン、ネギ、イモ類、玉ねぎ、カブ、ゴボウなどがあります。

新陳代謝を促進させるためには、これらの食材を煮込んでスープを作ればよいのです。

また、生姜は体を温め、代謝を促進させるのに大変効果的です。

アクセントに一緒に煮込んでみましょう。

新陳代謝を促進させるスープとは?

体を温めるスープを作って、毎食食べてみましょう。

油や肉の脂身を使わないようにすれば、カロリーを低く抑えることができ、ダイエットにも効果的です。

以下、新陳代謝を促進できるスープのレシピをご紹介します。

レパートリーが多ければ、飽きることなく食べることができますね。

さっそくチャレンジしてみましょう!

根菜たっぷりの鶏肉入りけんちん汁風スープ

これ一品で、野菜もタンパク質も摂取できます。

体が温まるので新陳代謝が促進できます。

先に野菜に塩味をつけて煮ることで、スープに野菜のダシが出て味が良くなります。

材料(4人分)

鶏モモ肉(1枚)、大根(10cm)、にんじん(半分)、ゴボウ(半分)、ネギ(1本)、こんにゃく(100g)、厚揚げ(1枚)、シイタケ(大5つ)、里芋(3個)、ゴマ油(大さじ2)、しょうゆ(大さじ4)、塩(小さじ1)、お水(6カップ)、しょうがスライス(適量)。

下ごしらえ
  1. 鶏モモ肉は小さく切って酒、しょうゆ(分量外)を振りかけておきます。
  2. 大根はいちょう切りにします。
  3. ニンジン、里芋は半月切りにします。
  4. ゴボウはササガキにします。
  5. ネギは斜めにスライスします。
  6. こんにゃくはスプーンを使ってちぎります。
  7. 厚揚げ、シイタケは食べやすいサイズにスライスします。
作り方
  1. 大き目の厚手鍋にごま油を熱し、鶏肉を炒めます。
  2. 鶏肉の色が変わって来たら、野菜をすべて入れて3分ほど炒めます。
  3. しょう油、塩を入れて軽く混ぜ、フタをしてさらに5分ほど煮ます。
  4. ときどきフタをあけてかき混ぜ、焦げそうであれば水分を加えます。

  5. 野菜におおかた火が通ったら、お水を加えて5分煮て、味を調えます。

新陳代謝をアップさせるミネストローネ

大豆が入っているので、新陳代謝をアップさせる大豆イソフラボンが摂取できます。

トマトのリコピンで抗酸化作用も期待できます。

その他、玉ねぎやニンジンで体が温まります。

材料(4人分)

キャベツ(100g)、にんじん(50g)、大豆の水煮(80g)、パプリカ(1個)、トマト(大1個)、シメジ(1パック)、オリーブオイル(大さじ1)、にんにく(1かけ)、お水(2カップ)、コンソメ(1個)、塩・コショウ。

作り方
  1. 材料は、シメジ以外すべて大豆のサイズに合わせてカットします。
  2. シメジは土のついた部分をカットしてバラバラにしておきます。
  3. 厚手鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクを香らせ、野菜をすべて入れて炒めます。
  4. お水を加えて15分間煮込み、コンソメと塩コショウで味を調えていただきます。

体が芯から温まる!豆腐鍋

風邪を引きそうなときに食べてみてください!
体が芯からポカポカしてきます。

これなら新陳代謝もアップしそうです。

豆腐をたっぷり食べられるので、新陳代謝をアップさせるイソフラボンをたくさん摂取できます。

豚肉は脂身の少ないものを選んで!

材料(2人分)

木綿豆腐(2丁)、昆布だし(適量)、大根(半分)、ネギ(大1本)、生姜(1パック)、豚赤身肉(食べたいだけ)、白菜(1株)、ポン酢。

作り方
  1. 土鍋にお水を沸かし、昆布だしと生姜のスライス、ネギのブツ切りを入れます。
  2. 大根は輪切りにし、豆腐を食べやすいサイズにカットし、グツグツ煮ておきます。
  3. 白菜や豚肉は、食べながら土鍋で調理しましょう。
  4. ポン酢でいただきます。

スープが新陳代謝を高める理由

6acd3b76a003ecf5a92d86f0489d4e27_s
温かいスープは、新陳代謝を高めるのにうってつけです。

温かいものを体に入れるだけでも温まりますし、材料が根菜などであれば体を芯から温めることができます。

冷え症改善にも効果が期待できるでしょう。

スープは冷蔵庫に入れておけば3日ほど食べることができます。

1人暮らしなら、大量に作っておいて毎日少しずつ食べるのもいいでしょう。

スープは、おいしいお水で作ると仕上がりが違います。

何も混ぜられていないピュアなお水を使うと、野菜のうまみを引き出すことができ、おいしく仕上がります。

新陳代謝を促進させるスープを毎日食べましょう!

ここでご紹介したスープは、動物性脂肪が含まれていないためダイエットに大変効果的です。

スープがメインの食事は、水分でお腹がいっぱいになるため、摂取するカロリーを自然に抑えることが可能です。

新陳代謝を高めつつ健康的にダイエットできます。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る