水分補給するためのお水の適量

一日に失う水分を補える分量が理想的です

283249e3c3511f438858e3686321c380_s
人間の体は、大部分を水分が占めています。

そしてそれは全身ほとんどの機能を維持する上で、欠かせません。

そのため、常に理想量を安定させておく必要性があります。

とはいえ、人は毎日多くの水分を排出することも行っています。

その面から、一日に摂るべきお水の適量は、出ていった分を補える分量であるといえます。

一日にどれくらい出ていっているのかを把握して、日々の適切な水分補給に役立ててみてください。

ずばり一日で水分補給するべき適量はどれくらい?

体から排出される水分ですが、これにはいくつかの種類が挙げられます。

代表的な代謝機能は尿によるものですが、その他汗や便も含まれます。

そしてこれらを通した人の一日における平均的な水分排出量は、だいたい2~2.5リットルだそうです。

とはいえ、この分量をまるまる水分により補給しなければならない訳でもなく、実際は約1.5リットルほどです。

水分補給における適量摂取を続けるにはどうすればいい?

ウォーターサーバーの水素水
水分は、かならずしもお水などの飲み物から摂る訳でもありません。

食事からも取り込むことができるので、飲み物のみにそこまでこだわる必要もありません。

前述に挙げた約1.5リットルという数字は、その分量も換算してのものです。

以下では、その点も踏まえ日々における水分補給のコツを取り上げました。

健康的かつ快適な日々が送れるよう、工夫する価値は大いにありです。

無理のない量を複数回に分けてこまめに摂る

一日に1.5リットルともなれば、決して楽に摂れる分量ではないかと思われます。

一般的に、一番大きなペットボトルが2リットルで、1.5リットルはその一つ下の大きさです。

水分補給作業自体も大変ですし、体としてもちょっとしんどいことでしょう。

ですが、もちろんこれは毎日一度に飲まなければいけない訳ではなく、一日を通してです。

毎日こまめに口を潤す意識を持てば、意外と楽な実現も可能です。

おすすめの方法としては、シンプルでありますが、ボトルやタンブラーで持ち歩くということです。

飲みたいときスムーズに取り出せれば、生活の一部分として自然な摂取が可能となります。

容器のお洒落さ、可愛さなどにもこだわると、続ける楽しさが増すのでより効果的です。

水分量の多い食品を意識する

次に、食事から摂れる水分を利用して水分補給に役立てる方法です。

お水だけでは、すぐにお腹がたぷたぷになってしまいがちです。

そういった感覚が苦手な人は、ぜひ日々の食事から工夫してみてください。

特に水分を多く含む食材としては、野菜が挙げられます。

中でも、レタス・きゅうり・はくさい・セロリ・大根に関しては100グラム中約95グラムもの水分を含むため、効率的です。

その他、果物にも水分豊富なものは多く見られます。

逆に水分の少ない食材としては、パンやお米、肉などが代表的です。

また少し意外かもしれませんが、スイカも水分補給に適さない食べ物となります。

みずみずしく、爽やかな印象が強いですが、特有の利尿作用を持つため、摂った分以上に出ていってしまいやすいです。

そのため、食事で水分補給を考える際でも、スイカは避けた方が良いでしょう。

お水の質にこだわる

補給するお水は、お水でさえあれば何でも良いという訳でもありません。

より吸収に適したお水というものがあるので、選んで用意するよう心がけましょう。

近年は産地や成分など、さまざまにこだわった水商品が出ていますが、中でもこだわる点は、硬度です。

硬度とは、カルシウム、マグネシウムを中心としたミネラルの分量で決まるのですが、水分補給にはこのミネラル分が少ない、低硬度のお水を選ぶべきです。

硬度が低ければ、そのお水はより純粋なお水に近い状態といえます。

お水は、基本は水分子に近い状態であればあるほど細胞へ吸収されやすいです。

そのため、硬度の低い軟水もしくは極力ミネラルを抑えた純水・ピュアウォーターと呼ばれるお水が理想的です。

効率の良い水分補給を考えるなら、こういった質の面にも着目してみてください。

人が水分補給で一日に摂るべき適量の考え方

一日における平均的な水分排出量は、約2~2.5リットルです。

にもかかわらず実際の補給量が約1.5リットルで問題ないのは、食事から摂る水分を考慮しているためです。

食事を経て摂れる水分は、代謝水と呼びます。

前述に挙げた野菜や果物を意識して摂れば、代謝水でも大きく補うことができます。

充分な水分は健康のみならず、代謝向上に伴いお肌の美容を保つ意味でも役立ってくれます。

自分に合った方法でうまく補給してみてください。

水分補給の適量は、一日約1.5リットル

一日で体から出ていく水分は、2~2.5リットルです。

ですが代謝水の関係から、実際お水を通して摂る必要があるのは約1.5リットルほどです。

さらに硬度の低い軟水や純水にこだわって飲めば、より効率的です。

健康や美容向上に向け、ぜひ意識してみてはいかがでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る